クラブママが斬る!40代女性の痛~いお酒の呑み方ワースト4

たった一度のあやまちで、社会的信用も人間関係も失ってしまう。それが酒席でのトラブルです。ほんの一杯のつもりが、杯を重ねるうちに泥酔。やがて、取り返しのつかない事態に。今回は、オトナ女性の酔っ払い事情&失敗しないための回避策を、クラブママ歴10年の筆者がお伝えします。

 

ワースト4位は「絡み酒・愚痴り酒」

いますよね、酔うほどに理性が崩れ、感情をダダ漏れさせる人。会社への不満、上司や同僚の愚痴、ネガティブワードのオンパレード。お付き合いで話を聞き、なだめても、かえって火に油を注ぐようなもの。愚痴と不満と暴言の嵐で周囲を巻きこみ、時間とエネルギーを消耗させてしまうのです。翌日、出勤すると「昨夜、ご迷惑かけましたっけ?」とあっけらかん。すっかり忘れているとは、なんて始末が悪いのでしょう。ただ、このタイプは、普段から「優しく、いい人」と評判なのも事実。日々の不満に蓋をして溜めこみ、常識人を装っているため、酒でタガが外れたところで感情を爆発させてしまうのです。

自分がこのタイプだと思う人の回避策は、「不満は溜めこまず、小出しに!いい人を装うなら酒席まで!」。

 

ワースト3位!こじらせ女王「電話魔、メール魔、ツイート魔」

酔って人恋しくなり、ついスマホに手が伸びてしまう女性は多いもの。会社の同僚、女友達、はたまた元カレなどなど、相手の都合など考えず、手あたり次第電話をかけ、メールを送り、迷惑ツイートを繰り返してしまうのです。相手がスルーしようものなら逆上し、さらにこじらせてしまうという悪循環。

根底にあるのは「自分の存在を知ってほしい、認めてほしい」という自己承認欲求です。見方を変えれば、「無視されるのが一番許せない。こじらせて、私の存在を知らしめてやる」といった歪んだ自己愛もあるのです。触らぬ神に祟りなし。自分がこのタイプだと思う人の回避策は「呑んだら、スマホの電源はオフ」。

 

ワースト2位!意外に多い「色ボケ、色情女」

アルコールが入ると妙に色気づき、ここぞとばかりに男性にしなだれかかる、執拗なボディータッチを求め、果ては「帰りたくない」とごねる女性。意外に多いと男性陣は口をそろえます。

「据え膳くわぬは男の恥」かと思えば、「やたらと積極的な女は、あとが怖い」「恋人になっても、結局、他の男にも同じことするはず」「こういうタイプに限って『○○クンに口説かれちゃった』と事実を捻じ曲げる」と手厳しい返答。酔った勢いで肉体関係を持ち、結婚へと発展する可能性はゼロとは言えませんが、「貞操観念」「性的奔放さ」を男性はしっかり見ていることをお忘れなく。自分がこのタイプだと思う人の合言葉は、「モテる女は口が堅く、尻が重い」

 

ワースト1位!「聞いてビックリ、公共の場で脱ぐ女」

タクシー運転手さんに聞いた話ですが、近年は女性の泥酔客が増加。しかも乗車中、酔って自分の部屋と感違いしているのか、「暑~い」「苦しい~」と後部座席で服を脱ぎ、素っ裸になってしまうパターンがあるそう。そうなると、タクシーは即、もよりの交番か警察署へ。婦警さんが登場し、事情聴取へと突入。もちろん本名や勤務先もしっかり記録されます。

「びっくりだよ、ごく普通のOLが素っ裸になるんだもん、見てらんないね。娘には『酒には決して呑まれるな』って釘刺したよ」との言葉が印象的でした。自分がこのタイプだと思う人の合言葉は、「家に着くまでが呑み会です」。

 

元来、「酒は百薬の長」と言われますが、その薬がビジネスチャンスや人生をも壊す「毒」なる可能性もあります。何事もほどほどが肝心。楽しい酒席を心がけましょう。

 

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

香典やお見舞いの金額。祖父祖母や嫁の親、叔父叔母の相場はいくら?

ある日突然訪れる不祝儀事や病気のお見舞い。これら冠婚葬祭にまつわるお金の相場は、おつき合いの程度、贈る側の社会的な立場、年齢、地域など、さまざまな条件によって違…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

間違いやすい日本語「いやがおうにも」。正解は?

夏真っ盛り。甲子園もいよいよ大詰め。最近の高校野球は、スター選手も揃っているので「いやがおうにも」盛り上がります!「え?『いやがうえにも』が正しいの?何それ?使…

お願いや交渉がスムーズに!CAが教える「言葉の魔法」って?

同じことを伝えるにも、「伝え方」によって受けての印象は様々です。威圧的な言い回しには反感を買うどころか、こちらの要求そのものも通らない場合も考えられます。今回は…

「すみませーん」と語尾を伸ばす話し方が絶対NGな理由

「すみませーん」「先日お話しした件なんですけどー」「おねがいしまーす」どこの職場にも、語尾を伸ばす人って、いますよね。また、接客業にも語尾を伸ばす人がいて、こち…

「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中…

モテる女性はやっている!【LINE】で男心をつかむテク3選

今やコミュニケーションに欠かせなったLINEは、ビジネスやプライベートと様々な場面で活用されています。だからこそ、相手に好印象を持ってもらえるLINEを送りたいもの。実際、モテる女性はどのような部分に…

【男の本音】結婚の決め手は何だった?「男が逃したくない女性」4つの特徴

男女ともに既婚率が低下している昨今。しかし、幸福の一つの選択肢として「結婚」が揺るぎないのも事実です。では、男性たちの結婚の決め手となったものは何でしょう?CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者が男性陣…

クラブママ伝授!ホステスに学ぶ「元カレと復縁」する4つの方法

出会いと別れは紙一重。どれほど甘い恋愛期間を過ごしていても、ある日突然、別れがやって来るかもしれないのです。「どうしても元カレと復縁したい」と熱望するあなた、高級クラブのホステスたちの思考や接し方がと…

「彼女、美人だよね」と言われる人のごく当たり前の10の習慣

50歳を過ぎても、ナチュラルな色香を放ち、男性が放っておかない女性っていますよね。彼女たちに共通しているのは、ひとえに「女を忘れない」心がけ。若い女性と張り合うのではなく、成熟した自分を受け入れたうえで…

50代でも「モテまくる女」のごく当たり前な10の習慣って…?

内面が充実してくる一方で、容姿の衰えは否めない50代。当然ながら、男性からのお誘いや扱い、モテにも大きく影響しており――。モテを左右するのは、ひとえに「女を捨てない」心がけ。そんな50代のモテ女性の習慣…

美人じゃなくてもここまでモテる!40代女性の「アリな色気」4つの極意

美女なのにいまいち男性と縁がない女性がいる一方で、容姿はそこそこでも、周りに男性が絶えない女性が存在します。私自身、10年間にわたり六本木のクラブママを勤めましたが、必ずしも「ナンバーワンホステス=ス…

実はここならモテモテ?40代独女が「理想の独身男性」と出会える場所って

40代独女の婚活が、厳しさの一途をたどるのは周知の事実。「平成駆けこみ婚」を焦るあまり、流されるまま、お見合いパーティや街コンに参加し、お手軽に知りあった男性に遊ばれてしまったり、「こんなはずじゃなか…

「婚活開始から1年以内にゴール」できた40代女性の3大共通点って?

「婚活疲れ」は、社会現象のひとつとなっています。「ちょっとだけ休もうかな」「でも、ここまで頑張ったんだし」と行ったり来たりを繰り返す女性が多い一方で、短期決戦で見事勝利を収めた女性も大勢いるのが実情で…

ウソ…もしかして私「セカンド女」?疑わしいカレの挙動7つ

彼との「愛情の温度差」を感じることってありますよね?常にスマホをチェックして落ち着かなかったり、別れ際が以前より素っ気なかったり、次のデートの約束を「忙しいから、こっちから連絡するよ」と大よその予定さ…

一発アウト!40代女性が即恋愛圏外にされる「ゲンメツ臭」4つ

30歳を過ぎると、気になる人が多いと言われる加齢臭やミドル脂臭。汗をかきやすい夏が終わっても、ニオイとの戦いは一生続きます。今回は冬場の「女性のゲンメツ臭」に注目。男性に「女性のニオイに関するガッカリ…

注目の記事

WORKに関する最新記事