クラブママが斬る!40代女性の痛~いお酒の呑み方ワースト4

たった一度のあやまちで、社会的信用も人間関係も失ってしまう。それが酒席でのトラブルです。ほんの一杯のつもりが、杯を重ねるうちに泥酔。やがて、取り返しのつかない事態に。今回は、オトナ女性の酔っ払い事情&失敗しないための回避策を、クラブママ歴10年の筆者がお伝えします。

 

ワースト4位は「絡み酒・愚痴り酒」

いますよね、酔うほどに理性が崩れ、感情をダダ漏れさせる人。会社への不満、上司や同僚の愚痴、ネガティブワードのオンパレード。お付き合いで話を聞き、なだめても、かえって火に油を注ぐようなもの。愚痴と不満と暴言の嵐で周囲を巻きこみ、時間とエネルギーを消耗させてしまうのです。翌日、出勤すると「昨夜、ご迷惑かけましたっけ?」とあっけらかん。すっかり忘れているとは、なんて始末が悪いのでしょう。ただ、このタイプは、普段から「優しく、いい人」と評判なのも事実。日々の不満に蓋をして溜めこみ、常識人を装っているため、酒でタガが外れたところで感情を爆発させてしまうのです。

自分がこのタイプだと思う人の回避策は、「不満は溜めこまず、小出しに!いい人を装うなら酒席まで!」。

 

ワースト3位!こじらせ女王「電話魔、メール魔、ツイート魔」

酔って人恋しくなり、ついスマホに手が伸びてしまう女性は多いもの。会社の同僚、女友達、はたまた元カレなどなど、相手の都合など考えず、手あたり次第電話をかけ、メールを送り、迷惑ツイートを繰り返してしまうのです。相手がスルーしようものなら逆上し、さらにこじらせてしまうという悪循環。

根底にあるのは「自分の存在を知ってほしい、認めてほしい」という自己承認欲求です。見方を変えれば、「無視されるのが一番許せない。こじらせて、私の存在を知らしめてやる」といった歪んだ自己愛もあるのです。触らぬ神に祟りなし。自分がこのタイプだと思う人の回避策は「呑んだら、スマホの電源はオフ」。

 

ワースト2位!意外に多い「色ボケ、色情女」

アルコールが入ると妙に色気づき、ここぞとばかりに男性にしなだれかかる、執拗なボディータッチを求め、果ては「帰りたくない」とごねる女性。意外に多いと男性陣は口をそろえます。

「据え膳くわぬは男の恥」かと思えば、「やたらと積極的な女は、あとが怖い」「恋人になっても、結局、他の男にも同じことするはず」「こういうタイプに限って『○○クンに口説かれちゃった』と事実を捻じ曲げる」と手厳しい返答。酔った勢いで肉体関係を持ち、結婚へと発展する可能性はゼロとは言えませんが、「貞操観念」「性的奔放さ」を男性はしっかり見ていることをお忘れなく。自分がこのタイプだと思う人の合言葉は、「モテる女は口が堅く、尻が重い」

 

ワースト1位!「聞いてビックリ、公共の場で脱ぐ女」

タクシー運転手さんに聞いた話ですが、近年は女性の泥酔客が増加。しかも乗車中、酔って自分の部屋と感違いしているのか、「暑~い」「苦しい~」と後部座席で服を脱ぎ、素っ裸になってしまうパターンがあるそう。そうなると、タクシーは即、もよりの交番か警察署へ。婦警さんが登場し、事情聴取へと突入。もちろん本名や勤務先もしっかり記録されます。

「びっくりだよ、ごく普通のOLが素っ裸になるんだもん、見てらんないね。娘には『酒には決して呑まれるな』って釘刺したよ」との言葉が印象的でした。自分がこのタイプだと思う人の合言葉は、「家に着くまでが呑み会です」。

 

元来、「酒は百薬の長」と言われますが、その薬がビジネスチャンスや人生をも壊す「毒」なる可能性もあります。何事もほどほどが肝心。楽しい酒席を心がけましょう。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?ビジネス敬語メールの文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

敬語の3大間違い「させていただく」「よろしかったでしょうか」あと1つは?

敬語に自信がある人はそういません。でも、スマートに使えたら、どんなにいいか!今日は、不安から来る「させていただく症候群」「よろしかったでしょうか症候群」「二重敬…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

お願いや交渉がスムーズに!CAが教える「言葉の魔法」って?

同じことを伝えるにも、「伝え方」によって受けての印象は様々です。威圧的な言い回しには反感を買うどころか、こちらの要求そのものも通らない場合も考えられます。今回は…

「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

四月。真新しいスーツに身を包んだ新入社員らしき若い人達をよく見かけます。スーツだけでなく、バッグやかばんも新品で、初々しさが全身にあふれ「がんばって!」と心の中…

男のホンネ!「好きだよ」と言わなくなった男の裏に隠れた5つの理由

初めは良い雰囲気でいた二人なのに、気づけば、彼からの連絡が減っている。デート中も以前ほど盛り上がらない。――恋愛の悩み・すれ違いは、永遠のテーマですね。でも少し考えて下さい。あなたは気づかぬうちに「男を…

ついついやってない? 40代独女が「無残なくらいモテない」10のNG

今年も残すところあと4カ月。「年内には結婚相手を見つけたい!」と願う40代女性も多いことでしょう。さて、多くのモテコラムを書かせて頂いたところで、再度「モテない40代独女のNG言動」を確認してみましょ…

これはダメだわ!「モテない40代独女」がとる5つのダメ行動

40代の恋愛は、多くが「結婚」を意識したものになります。しかし現実は厳しく、とある婚活アドバイザーは「女性35歳限界説」を唱えています。よりよい子孫を残すため、男性は「若い女性との結婚を望む」という生物…

「目で見るだけでシミが増える」?意外に知らない紫外線の話

夏本番となり、気温も日差しも強まるばかり。美肌ケアにいそしむアラフォー女性には、もっとも酷な季節の到来です。美肌の秘訣は「保湿・紫外線カット」が基本ですが、今回は「美白」に対してアプローチしてみましょ…

「オトコに追わせる女」はこうして作る。元CAのあざといモテテクって?

年齢を重ねるほど重要になる「清潔感」。特にお客さまの目に留まりやすいのが手先、足先、髪の毛先などの「先端ケア」。流行のファッションに身を包み、ヘアメイクも万全なのに、これらへの気配りがおろそかだと、残…

モテてモテて困ったCAが「モテの3大疑問」にお答えします!

時代は変わっても、世の男性にとってCAは「高嶺の花」であるようです。彼女たちのモテの秘訣はなんでしょう?今回はサイトに寄せられた疑問点を、CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお答えしたいと思います。…

港区男子1万人をこれで手中に!「永遠にモテる格言4」by六本木高級クラブママ

男性に夢を与え、非日常を楽しんでもらう夜の高級クラブ。美と若さ、トーク術、心くばりなど、女性が自分の価値を最大限に売る熾烈な競争の場でもあります。男性客に選ばれ、リピートされる女性になるためには何を心…

隙とギャップで男を落とす!なぜかモテる女がさりげなく張るワナ3つ

「モテる女には隙がある」「女はギャップが大事」とは言うものの、その具体案がイマイチわからないという女性が多いのが現実。確かに、「上手な隙」「ギャップ萌え」の箇所は人それぞれですね。今回はホステスも使う…

一瞬で男がゲンメツ!クラブママが指摘する「女性の言動」4つのNG

なにげなく放った言葉、とった行動が、男性を幻滅に導くことがあります。無神経・無頓着な言動は、恋愛や仕事において、取りかえしのつかない事態を招きかねません。前回の「ルックス編」に続き、今回は「言動編」を…

こんなところを見られてる!クラブママが指摘する「男の視線の先」4つのNGポイント

女のモテには「適度な隙」が必要と言われますが、隙をこえて「ズボラ」「だらしない」領域まで達してしまうと、元も子もありません。今回は「えっ、男性ってそんなところも見ているの?」という意外な声を、CA歴4…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事