いつものひとつ結びなのに脱オバサン!意外なワザって?

2017.09.22 BEAUTY

先週に引き続き、オバ髪向けのヘアアレンジのご提案です。今回は、最も需要のある1本結び。おろし髪がジャマなとき、時間がなくてスタイリングに時間がかけられないとき、ササっとまとめられる1本結びは本当に便利ですよね。

でも、髪にボリュームがなくなってきたアラフォー女性の場合、全体をタイトに結ぶとなんだか貧相な仕上がりになっちゃうし、トップの髪を引き出してみるとボサ髪になっちゃう。

そこで、オバ髪でもふんわり感ときちんと感が出せる、究極のテクニックをご紹介。その名も「なんちゃって1本結び」!

【美容師のプチテク#3】

1 コームを使って耳上の髪をタイトにまとめる

耳から上の髪を手グシでまとめたら、サイドの髪はコームを使ってタイトにして。サイドとえり足がピシっとまとまってるときちんと感が出せます。

コームの側面にハードスプレーをかけておくと、コームを外してもほつれずにキレイにとかせます。

 

2 1でまとめた髪を結んでハーフアップに

両サイドの髪をきちんとまとめたら、耳上の髪をゴムで結んでハーフアップに。ゴムはシリコンゴムを使い、結び目が大きくならないようにします。

ゴムが下にたるんでこないようにキツく結ぶ。結んだあとに毛束を左右にさいて、ゴムの結び目を上にスライドさせて。

 

3 ゴムを片手でおさえながらトップの毛束を引き出す

トップ中心と左右2本ずつの毛束を引き出します。引き出す束はひとつまみ。毛束を真上に引っ張るのはダメ。根元に向かって毛束をずらす感覚で。

引き出すときはゆっくりと。ゴムから少しずつ抜くような感覚を心がけて。

 

4 残りの髪をハープアップした髪と一緒に結ぶ

下に残した髪とハーフアップした髪を一緒にまとめて1本結び。えり足はコームを使ってキレイに整えて。ここは少し太めのゴムを使いましょう。

まずは手グシで髪を数回かきあげて1本にまとめる。さらにタイト感を与えるため、えり足のみコームを通して。

 

FINISH

毛束を上下に分けてから1本結びすることで、髪が崩れにくく、長時間キレイ状態がキープできます。また、1本結びでトップの髪を崩すと、全体の髪も崩れがち。この方法ならハーフアップのときに崩れても、最後にまとめるときに崩れを補正できるので問題ありません。RUALAのお客様の間でも、このテクニックは大好評!

 

ゴムは2種類あるとアレンジ幅が広がります!

太めのゴムは一気に髪をまとめることができますが、すき間から毛束が抜け落ちたり、少しずつ結び目がずれ落ちてくるのが難点。シリコンゴムはタイトに結ぶことができますが、1回使うとゴムが広がってしまい、結び直しには不向き。それぞれの特性を理解した上で、上手に使いましょう。

 

教えてくれたのは・角 薫さん(RUALA)

原宿・表参道の著名サロンを経て、20年共に一緒に働いてきた同期のちはるさんと一緒に2016年サロンオープン。髪のコンプレックスを解消させるヘアデザインが得意で、同世代の女性顧客を大勢抱えている人気女性美容師。http://ruala.jp/

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
美容ライター 三輪順子

スポンサーリンク

スポンサーリンク