「ひとつ結びのゴム」どれを使えばいいの?ゆるまない切れない、プロの選び方は

ゴム1本でできる簡単アレンジのド定番・ひとつ結び。

40代にとって「オバサン度が上がる」ので、できれば避けたいまとめ髪でもありますが、難しいことはできないし、パパッとできるお手軽アレンジとしてはやっぱりハズせません。

ゴムで結ぶだけなのですが、街でみかけるひとつ結びにはそれぞれ個性があって、観察していると「へぇ~」と思うことがいっぱい。

おくれ毛や無造作な結び方については何度も取り上げているので、今回は「ゴム」に注目してみたいと思います。

 

結論からいえば、毛量や長さに合わせて選ぶのが一番

アレンジ企画の撮影をしていると、美容師さんによって使用するゴムが異なります。最近、多いのはポリウレタン製の小さなゴム(シリコンゴム)。ゴムが目立ちにくいので、撮影には適しているようです。毛束を細かく分けて三つ編みやロープ編みにしたときなどに使う人が多い印象です。

ゴムの選び方について数人の美容師さんやヘア&メイクさんに聞いてみたところ、多かったのが「崩れにくいのは輪っかになっていない1本のゴムを巻きつけて結ぶこと」という答え。

アレンジをしてあげる側からすると巻きつけやすいようですが、自分でアレンジをするとなると1本のゴムを巻きつけて結ぶというのは至難のワザ。

これはムリ…なので、輪っかタイプなら?と聞いてみると「毛量や髪質、長さによって違うのでコレとは決められない」とのこと。うーむ、難しいですね。。。。

シャンプーやスタイリング剤選びのように一概にはいえないといったところでしょうか。

ただ、大きく分けると

毛量が多い→太めのゴム

毛量が少ない→細めのゴム

がいいそうです。

細くてやわらかい、毛量が少ない、髪が短い人はシリコンゴムで大丈夫

 

ひとつ結びに使うゴムなんてどれも同じと思わずに、美容師さんに聞いてみるとアレンジ上手に見えるかも。美容室での話のきっかけにもなりますしね。

 

早々に使うゴムの結論が出てしまいましたが、バラエティショップで見かけたゴムをいくつか使ってみたので、その感想をまとめたいと思います。

 

使ってみた1 濡れてもOKのゴム2種

お風呂やプールで使えるゴムとうたっているものが増えてきました。そのひとつがスプリングヘアゴム。

らせん状になったゴムがからまるので、ゆるく結んでもしっかりと留まるのが特徴。髪に跡もつきにくいので、一時的に結びたいときにも便利です。

わかりにくいのですが、結んでみたのがこちら。

らせん状の凸凹で後頭部に束感が出しやすいかもと思いました。

普段、お風呂の時に使っていますが毛量の多い私でもしっかりと留まるので重宝しています。

使ううちにゴムが多少ゆるんできますが、ゴム同士がからまるからか強度としては問題ないように感じました。1カ月使ってもゆるみが気になりませんでした。

黒、茶だけでなくカラーバリエも豊富なので、時々、街でも使っている人を見かけます。ただ、40代にはちょっとカジュアルすぎるかな…という気がします。痛いオバサンにならないよう色選びには注意が必要かも。

※個人的評価です

しっかり結べる度 ★★★★★

見栄え ★★★

 

 

もうひとつがストレッチ素材のゴム。これも濡れてもOKで、プールやスポーツをするときにもおすすめというゴムです。

太さもあり、伸びるけど硬さがあって「毛量の多い私にはぴったり」と使った瞬間に思ったほどフィット。

ねじれてしまい見た目はイマイチですが、すべる感じもなくしっかりと留まります。

私調べですが、ゴムにつなぎ目らしきものが見当たらないので、そこから伸びて切れるということがなさそうです。まだ1カ月使いきれていないので、どれだけ長持ちするかの判断は控えておきます。

おしゃれに見えるかといわれれば、うーんと考えてしまいますが崩れにくいという面ではピカイチです。

しっかり結べる度 ★★★★★

見栄え ★★★

 

使ってみた2 定番のリングゴム

みなさんも使っているであろうベーシックなリングゴム。

細いタイプもありますが、私はやっぱり太いゴムをチョイス。

1カ月も使い続ければ、のびてきて替えどきになります。

左が新品、右が1カ月半くらい使った状態。つなぎ目から細くなっていきます。

またまたゴムがねじれてしまいましたが、結ぶとこんな感じですね。ゆるみは感じられません。

しっかりと結ぶことができ、崩れてくる心配もほぼなし。使っていくうちにゴムがゆるんでくるので、だんだんズレやすくなるのは仕方ないところです。消耗品ですからね。

髪色に近い茶を選ぶと悪目立ちせず、見栄えもいいのではないでしょうか。

しっかり結べる度 ★★★★

見栄え ★★★

 

使ってみた3 多毛には強敵なシリコンゴム

冒頭で登場したポリウレタン製の小さなゴム(シリコンゴム)。美容師さんたちもこぞって使っているので、便利だろうと私も購入しましたが、ほぼ使っていません。

もっと細く小さいタイプもあります。

ひとつ結びにしてみると…

結べてはいますが、ゆるい。そしていつはじけ飛ぶか怖い…。

毛量が多い私には、適していないなという気がします。結べるけれど、時間がたつとゆるんできて心配になります。

毛量が少なくてすむハーフアップにはなんとか大丈夫そう。くるりんぱにしてもゴムが目立たないのはいいですよね。髪がからまりにくいというのも利点です。

これならいけそうです。凝ったアレンジで、毛束を分けて結ぶときは使えそう。

1回使うとかなりのびてしまうのが欠点でしょうか。私の場合はほぼ使い捨て状態です。

 

しっかり結べる度 ★★★

見栄え ★★★

 

ヘアゴムは100均でも種類豊富に揃うので、どのタイプが自分に合っているのか、色々なゴムを使い比べてみるのもいいでしょう。

見栄えに関しては、どれもほぼ同じ印象。おしゃれに見せたいときはヘアアクセをプラスしたほうがまとめ髪のグレードはアップします。

シュシュや飾り付きゴムを使う場合、毛量が多い人はゴムで結んでおいたほうがゆるまず安定感がアップ。その場合は細いゴムを使う方が見た目がキレイです。

シュシュ人気も復活しているようなので、改めて取り上げたいと思っています。

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

【脱・オバサンまとめ髪】「ひとつ結びアレンジ」シンプルおしゃれな40代の2大ルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできな…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

40代は「毛先だけパーマ」で若見え!ボブ・セミロング・ショート、2019夏ヘアスタイル4選

髪に元気がない、ボリュームが減ってきた、髪がうねってまとまらない。30代後半から徐々に感じはじめる髪の変化。老け見えする要因でもあるぺたんこ髪問題は、40代女性にとって大きなテーマです。問題解決には日々の…

白髪のセルフカバーは、染めるのではなくアレを使って!5つの白髪ケア法

いくつかの白髪に関する意識調査をチェックしたところ、白髪染めをやめるタイミングは65才前後という結果が。60代半ばになればあきらめがつくのか、面倒になるのかは44才の私には未知の世界ですが、たしかに60代まで…

「白髪を抜くと増える」?髪と頭皮5つのウソとホント

テレビや雑誌に加え、インターネットの普及により情報があふれる時代。子どものころから考えると情報量が全く違いますよね。どの情報を信じていいのか、受け取る側のスキルが試される時代です。口コミや知人からの情…

前髪悩みに「シースルー前髪」!40代でも痛くないおススメ8選

美容室に行くと悩むのが前髪です。顔の印象を決めるパーツなので、いつもと変えるだけでも勇気がいるのにトレンドを取り入れるとなるとハードルは高め。特におでこが透けて見える「シースルーバング」は若づくりに見…

ベタベタおばさん髪脱出!ヘアオイル、バームの使い方の正解は?オススメ商品は?

つくり込みすぎない、抜けのあるヘアがトレンド。そんな今っぽいナチュラルな束感づくりに欠かせないのがヘアオイルとバームです。ボディの保湿にも使えるものが多く、髪が肌についても安心という点も人気の理由。ウ…

その紫外線、白髪や薄毛の原因かも!? 4月からは「守りケア」が大切

桜の便りははやかったのに、4月に入り寒さが戻ってきましたね。天候がくるくると変わり不安定な4月は、肌も荒れやすい時期。ということは、頭皮もトラブルが起きやすい季節です。気温の上昇で頭皮も汗をかきやすくな…

使うのはマジックカーラーのみ!前髪や生え際の「ぺたんこゾーン」をふんわり仕上げる3つのコツ

髪に元気がなくなってくるとペタンとしたトップがついつい気になり、前髪や生え際ゾーンは忘れがち。まだまだはっきり薄い!と感じる年齢ではありませんが、ペタンとしやすくなりさみしい印象に。顔まわりはパッと目…

この春40代にショート&ボブが人気!若見えヘアトップ3

重いコートを脱ぎ、薄着になると身も心も軽やかに。年を重ねても春はなぜだかウキウキしてしまいます。そんなウキウキ感にあわせて髪型も春仕様にチェンジしませんか? 40代のぺたんこ髪でもふんわり見えるショート…

暗髪でもおしゃれに見える!簡単「ひとつ結び」で3変化

白髪をしっかりと染めるとどうしても髪色は暗くなります。また、若づくりになりそうと髪色を落ち着かせる人も増えてくる40代。地味に見えがちな暗髪でひとつ結びにしたらオバさん指数が上がってしまいそうですが、ち…

もう失敗しない!「白髪染め」色選びは肌タイプより〇〇が重要だった

白髪染めはカラーバリエーションが少ない、暗い色に仕上がってしまうというのは昔の話。今は薬剤の進化でトレンドカラーも取り入れられるようになりました。また、カラーの手法もさまざまなので、白髪まじりでも色遊…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事