岩井志麻子 整形美人はほんとうに「美人」なのか?

あいつは予備校や塾に通って有名大学に入った卑怯者だとか、罵る人達はあんまりいない。

自然治癒するのに病院や薬で病気を治そうとした軟弱者とか、悪くいう人もあんまり見聞きしない。

なのに、美容整形で美人になると必ず悪くいわれる。

 

美容整形は「ズル」なのか?

それは車やロープウェイ使って登山したとか、興奮剤によって新記録を出した、みたいな「楽した」「ズルした」「金で解決した」というニュアンスが漂うからかしら。

だけど美容整形手術だって痛いし耐える根性も要るし、泥棒した金ではなく真っ当に稼いだ自分の金でやるんだから、責められるいわれはない。違法の施術でもないしね。

 

韓国で美容外科医は「第二のお父さん」

私の今の夫は韓国人で、ご存じのように韓国は美容整形が大変に盛んかつカジュアルだ。

日本とちょっと、いや、かなり意識が違い、美容整形を受ける人は「お金があって」「美意識が高い」とうらやましがられ、本人も美容外科医を「第二のお父さん」と呼ぶ。

日本ではありえない病院の看板、広告もある。「今年も当医院からミス・コリア出ました」「当医院の実績。ミスソウル十人。ミス釜山五人」って宝くじ売り場か予備校か。

これ、日本だと「人気女優××子さんと同じ美容院に通ってる」「食べログで大人気の店の常連客よ」みたいな自慢になるもので、だからこそこそ隠れて行ったり、行ってるのに知らない振りをしたりはしない。

 

日本のプチ整形は韓国の整形に非ず

私は韓国でよく、真顔で聞かれる。「一応、タレントでしょ。なぜ整形しないの」……韓国だとあごの骨を削ったり鼻にプロテーゼ入れるくらいしなきゃ、整形とはいわない。

日本でいうプチ整形、注射やレーザー、さらにいえば元に戻せる埋没法の二重まぶた手術くらいじゃ、整形とはいわないのだ。つまり日本だと私は整形していることになり、韓国ではしてないことになる。

 

自己評価が低い美人は

そんな私は大掛かりな整形もしないけど、頭から否定もしない。美人とは全然、自惚れも勘違いもしてないけど、今の顔は私に相応しいと気に入ってるからだ。

銀座のママや芸能関係者が、「美人なのにおどおどしたり自己評価が低い子は、かなり整形してる。美人である状態に慣れてない。まだ顔と心が一致しない」みたいなことをいう。

私の顔と内面は、これでバランスが取れているのよ。その均衡を、今は保ちたい。

 

【岩井志麻子 おんな欲】

スポンサーリンク

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

40代のダイエットは体重より「7つの見た目」を重視すべし

体重や数字ばかりを追いかけてストレス溜まっていませんか? 数字ばかりに捕らわれすぎていると気持ちがどんより、健康にも影響を与えてしまいます。そんな方は「見た目」…

最近なんだかニオイが違う?40代女性の加齢臭、意外な原因は

他人のニオイが気になる季節になりました。でも、40代の場合は女性だろうと「自分がニオイの源」な可能性もある! 「この電車、なんかモッタリした臭いがするな〜」と思っ…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

金スマでも話題。40代の睡眠の質を下げる「7つの悪習慣」

みなさん、最近よく眠れていますか? 質のよい睡眠は成長ホルモンを分泌すると言われていますよね。よく、何時に寝るといい(ゴールデンタイム)という話がありますが、質…

菅野美穂、元カレの番組打ち切りで思い出されるヤバかったあの頃

男性は好きぐらいじゃ結婚しないよ?婚活中の女性に言うと、決まって引かれるのですが、私は本気でそう思っています。だって、もし好きな人と結婚するのであれば、恋愛経験…

おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率…

「酢キャベツ」は効く?40代の「ヤセ菌増やし」ダイエット10日チャレンジ#2

幼い頃のぽっちゃり経験から、体重コントロールに対する意識は非常に高かったのに、40代半ば頃からかなり苦戦中!少食なのに太る、運動の時間が取れない。そんな私が出会っ…

ベッキー、結婚再始動しても抜けない「例のクセ」にガッカリだ

久しぶりに見たけど、やっぱりベッキーって腕があるなぁ。2月10日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)を見ていて、こう思ったのでした。なぜベッキーを見る…

石田ゆり子、「愛されるアラフォー独身」で生き残り続けられるワケ

たくさんの人がデビューして、そして消えて行く芸能界。若い時に名前を売り、数字を稼ぎ、年をとってからペースダウンするのが標準です。しかし、不思議なことに、若い時そ…

岩井志麻子 「セクシーな女」と「エロい女」との違いとは?

有名無名、金持ち貧乏、イケメンブサメン、モテるモテない、いろんなものを問わず、「薄幸そうな女、可哀想な雰囲気、貧乏臭い女はエロい」という男達は多い。日本を含む、稲作アジア圏ではかなりの勢力だ。セクシー…

岩井志麻子 なんだか「老後が不安」と感じている40代へ

通院や薬が必要なほどではなかったが、十年くらい前に妙な不安感に常に覆われ、夜眠るのが怖かった時期がある。このまま目が覚めずに死ぬんじゃないか、と。別に持病もなく、心配事も細かいことをいちいち挙げればき…

岩井志麻子 なぜ「不倫した女の末路」は話題になるのか?

既婚の人と恋愛関係になり、相手を離婚させてしまった、という話はよく聞く。その相手と結婚する場合もあれば、自分もその相手と別れて別の人とくっつく結果もある。芸能人の不倫を叩く、いまの風潮いわゆる略奪婚に…

岩井志麻子 他人を「ブス」と言う人は。~女とコンプレックスの話~

コンプレックスって、わかりやすいものとわかりにくいものとがある。でもそのわかりやすさって、本人ではなく第三者から見ての憶測だったりもする。第三者には分からないもの太めをコンプレックスにしているかと思っ…

岩井志麻子 男女の別れは醜い?美しい? 私が離婚したときのこと

私がやってる唯一のスポーツは射撃で、つまり猟銃を所持している。最初に所持許可をもらうのもなかなか大変なんだけど、三年に一度の更新ってのもかなり手続きが煩雑。モノがモノだけに、所轄の警察署から関係者に聞…

岩井志麻子 実は顔の造作じゃなかった。「美人とブス」を決めるもの。

「超のつく美人よ」「腰が抜けるほど可愛い」なんてあらかじめ聞かされてから本人に会うと、確かに美女には違いないけど、おのれを棚に上げまくって「そこまでいうほどか」「このくらいなら、ちょっとした会社の受付…

岩井志麻子 「今年こそ結婚したい」と願う婚活女子たちへ。必読のバイブル書とは

あちこちで話題の我らが浅見悦子編集長の婚活体験をまとめた『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』は、すべての婚活女子のバイブルとなるべき書である。なんたって浅見編集長は一回りくらい若く見られる可愛らしい…

岩井志麻子 私の「重大ニュース2018」とは? 1年を振り返る

十二月に入り、今年を振り返ってみたのだが。良くも悪くも、ぱっとしない一年だったなぁ~、と苦笑いするしかない。今年、何か自分にとっての大きな出来事や事件があったっけ? と考えても、すぐには何も浮かばない…

岩井志麻子 42歳の中谷美紀さんも。40代からの「国際結婚」を考える

昭和の半ば過ぎまで、特に田舎であれば女の人生の選択肢は乏しいというより限定されていた。何はともあれ結婚しなければ生活できない、生きていけない女が大半だった。大昔の結婚から今の結婚までの流れ明治、大正生…

岩井志麻子 モテたいなら、モテる女より見たほうがいい「アレ」

昔からあちこちで書いたり発言したりしているが、何度でも繰り返させてもらう。モテたかったらモテる人を真似るのではなく、モテない人を真似ないようにしなさい、と。モテる人は何をしてもモテる人は、その人だから…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事