岩井志麻子 整形美人はほんとうに「美人」なのか?

あいつは予備校や塾に通って有名大学に入った卑怯者だとか、罵る人達はあんまりいない。

自然治癒するのに病院や薬で病気を治そうとした軟弱者とか、悪くいう人もあんまり見聞きしない。

なのに、美容整形で美人になると必ず悪くいわれる。

 

美容整形は「ズル」なのか?

それは車やロープウェイ使って登山したとか、興奮剤によって新記録を出した、みたいな「楽した」「ズルした」「金で解決した」というニュアンスが漂うからかしら。

だけど美容整形手術だって痛いし耐える根性も要るし、泥棒した金ではなく真っ当に稼いだ自分の金でやるんだから、責められるいわれはない。違法の施術でもないしね。

 

韓国で美容外科医は「第二のお父さん」

私の今の夫は韓国人で、ご存じのように韓国は美容整形が大変に盛んかつカジュアルだ。

日本とちょっと、いや、かなり意識が違い、美容整形を受ける人は「お金があって」「美意識が高い」とうらやましがられ、本人も美容外科医を「第二のお父さん」と呼ぶ。

日本ではありえない病院の看板、広告もある。「今年も当医院からミス・コリア出ました」「当医院の実績。ミスソウル十人。ミス釜山五人」って宝くじ売り場か予備校か。

これ、日本だと「人気女優××子さんと同じ美容院に通ってる」「食べログで大人気の店の常連客よ」みたいな自慢になるもので、だからこそこそ隠れて行ったり、行ってるのに知らない振りをしたりはしない。

 

日本のプチ整形は韓国の整形に非ず

私は韓国でよく、真顔で聞かれる。「一応、タレントでしょ。なぜ整形しないの」……韓国だとあごの骨を削ったり鼻にプロテーゼ入れるくらいしなきゃ、整形とはいわない。

日本でいうプチ整形、注射やレーザー、さらにいえば元に戻せる埋没法の二重まぶた手術くらいじゃ、整形とはいわないのだ。つまり日本だと私は整形していることになり、韓国ではしてないことになる。

 

自己評価が低い美人は

そんな私は大掛かりな整形もしないけど、頭から否定もしない。美人とは全然、自惚れも勘違いもしてないけど、今の顔は私に相応しいと気に入ってるからだ。

銀座のママや芸能関係者が、「美人なのにおどおどしたり自己評価が低い子は、かなり整形してる。美人である状態に慣れてない。まだ顔と心が一致しない」みたいなことをいう。

私の顔と内面は、これでバランスが取れているのよ。その均衡を、今は保ちたい。

 

【岩井志麻子 おんな欲】

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

40代のダイエットは体重より「7つの見た目」を重視すべし

体重や数字ばかりを追いかけてストレス溜まっていませんか? 数字ばかりに捕らわれすぎていると気持ちがどんより、健康にも影響を与えてしまいます。そんな方は「見た目」…

最近なんだかニオイが違う?40代女性の加齢臭、意外な原因は

他人のニオイが気になる季節になりました。でも、40代の場合は女性だろうと「自分がニオイの源」な可能性もある! 「この電車、なんかモッタリした臭いがするな〜」と思っ…

【独女】おひとりさまを楽しむ! 40代・独身・未婚の女性有名人【元アイドル・芸人まとめ】

40代で独身、結婚歴のない元アイドルの女性、女芸人をピックアップ! みなさん40代とは思えない美貌をキープしていたり、独女ライフを楽しく送っていそうな女性たちばかり…

金スマでも話題。40代の睡眠の質を下げる「7つの悪習慣」

みなさん、最近よく眠れていますか? 質のよい睡眠は成長ホルモンを分泌すると言われていますよね。よく、何時に寝るといい(ゴールデンタイム)という話がありますが、質…

おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率…

「酢キャベツ」は効く?40代の「ヤセ菌増やし」ダイエット10日チャレンジ#2

幼い頃のぽっちゃり経験から、体重コントロールに対する意識は非常に高かったのに、40代半ば頃からかなり苦戦中!少食なのに太る、運動の時間が取れない。そんな私が出会っ…

石田ゆり子、「愛されるアラフォー独身」で生き残り続けられるワケ

たくさんの人がデビューして、そして消えて行く芸能界。若い時に名前を売り、数字を稼ぎ、年をとってからペースダウンするのが標準です。しかし、不思議なことに、若い時そ…

梅宮アンナ「離婚はいいことだらけ」発言から考えるオトナになれないオンナ

タレントの梅宮アンナが自身のインスタグラムに「離婚はいいことだらけ」と書いて、ネット上でバッシングを受けています。アラフォーにはおなじみ、梅宮アンナですが、ご存…

岩井志麻子 20代それとも40代!? 女性の性欲のピークはいつなのか

五十二歳になった今、己を振り返ってみれば。やっぱり性欲が盛んだったのは二十歳~四十歳あたりだったわ。それはずばり、妊娠と出産の適齢期だったからでしょう。適齢期と…

岩井志麻子 「今年こそ結婚したい」と願う婚活女子たちへ。必読のバイブル書とは

あちこちで話題の我らが浅見悦子編集長の婚活体験をまとめた『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』は、すべての婚活女子のバイブルとなるべき書である。なんたって浅見編集長は一回りくらい若く見られる可愛らしい…

岩井志麻子 私の「重大ニュース2018」とは? 1年を振り返る

十二月に入り、今年を振り返ってみたのだが。良くも悪くも、ぱっとしない一年だったなぁ~、と苦笑いするしかない。今年、何か自分にとっての大きな出来事や事件があったっけ? と考えても、すぐには何も浮かばない…

岩井志麻子 42歳の中谷美紀さんも。40代からの「国際結婚」を考える

昭和の半ば過ぎまで、特に田舎であれば女の人生の選択肢は乏しいというより限定されていた。何はともあれ結婚しなければ生活できない、生きていけない女が大半だった。大昔の結婚から今の結婚までの流れ明治、大正生…

岩井志麻子 モテたいなら、モテる女より見たほうがいい「アレ」

昔からあちこちで書いたり発言したりしているが、何度でも繰り返させてもらう。モテたかったらモテる人を真似るのではなく、モテない人を真似ないようにしなさい、と。モテる人は何をしてもモテる人は、その人だから…

岩井志麻子 40代からの「女の年齢と市場価値」を考える

そりゃ、女にとって年齢ほど価値のあるものはないよ。そして、女にとって年齢ほど厳しい査定を突きつけられるものもない。結婚市場、婚活の現場、ナンパの路上、そして水商売や風俗といった色気と美を売る職種におい…

岩井志麻子 潔く引くか、死ぬまで現役か。人生の幕引きを考える

人気絶頂期にすっぱりと芸能界を引退。昭和なら百恵ちゃん。平成なら安室ちゃん。それぞれ、愛する人と結婚するから。違う人生を歩みたいから。という、これまた時代に合った美学を見せつけられ、「もったいないけど…

岩井志麻子 40代の「痛いファッション」について考える

アラフォー以上に対していわれる「イタいファッション」とはたぶん、本来なら十代や二十代が着るような「過ぎた若作り」、もしくは派手すぎ露出度の高すぎな「セクシーすぎる」感じを指すのだと思う。いずれにしても…

岩井志麻子 女50代「私の更年期」について考えてみる

四十になる前にガツンと重いのが来た人もいれば、軽めのが閉経したときの五十くらいで来たかな、とか。閉経間際の四十代後半でかなり長引いて苦しかった、などなど。更年期とは、年齢も症状も本当に人それぞれのよう…

岩井志麻子 「セックスでキレイになる」は、本当なのか?

あるオシャレなファッション誌が、定期的に「セックスでキレイになる」なんて特集を始めるようになってから、セックスがもはや美容法や健康法を超え、何やら民間信仰にまでなってしまったようだ。裸になる、性的サー…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、事件の話。お金だけある下品な家だから育ち…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事