10年試してたどり着いた!このコンシーラーを40代のシミ肌や色ムラに

コンシーラー暦10年。試しに試してたどり着いた感激の1本!

はじめまして、こんにちは。美容ライター&エディターの中尾慧里です。これから皆さまに、自分でくまなく試して、これはすばらしいと確信した美容の情報をお伝えしていきます。

さて、私はバブルを楽しく生きてきました。が。40代になって、それまでの無謀な日焼けがたたり(なぜ夢中になってコパトーンを塗り重ねてこんがり焼いていたのかナゾです)、一気にシミが浮き出てきました。

【取材で巡りあった今ときめいているコスメby中尾慧里#1

浮き出てくるシミ、迫りくる色ムラ

文字通り浮き出てくる! 昨日までなかったのに。一昨日まで薄かったのに。しかも、43歳で高齢出産。妊娠中に出るという肝斑までもが出産後もうっすら残ることに(涙)。こうなってくると、顔全体のくすみより、ピンポイントのシミ・色ムラをなんとかしたい!

そうなると、コンシーラーの出番ですよね。さんざん試しました。固形タイプ、リキッドタイプ、クリームタイプ…。目の下のクマはリキッドのような軽いタッチのものでもいいんですが、シミ・色ムラとなるとピタリ!と密着してくれる硬めのタイプがいい。ズルズルとのびると、せっかくカバーしたはずのヤツらが浮いてくるんです。

その時々で「これはすごい!」と感動したコンシーラーはありました。が、ディスコンになってしまうものが続出。で、現在ハマっているのが三省製薬の「デルメッド コンシーラー ナチュラル」です!

写真は著者私物。デルメッドコンシーラー 15g 全2色 2,700円+税/三省製薬

プロのヘアメイクさんもおすすめ。自然でかつカバー力が秀逸!

出会いは、撮影現場。肌色トラブルに悩んで相談していたら、ヘア&メイクアップアーティストの方が大絶賛でオススメしてくれました。三省製薬といえば美白アイテムが高評価を受けています。コンシーラーに関して言えば、製薬会社が作っているという信頼感、安心感もありますが、にごりのない肌に導くスキンケアに定評があるということで、肌のベース作りに関して力を注いでいる姿勢を見ていると、コンシーラーもきっと秀逸に違いないと思わせてくれます。

で、実際に使ってみてどうか?ということですが。

「デルメッド コンシーラー ナチュラル」はチューブタイプなので、柔らかめのクリームかと思って最初は期待していなかったんですが、するするとなめらかにのびる感触と同時に、ぴたりと止まって定着する仕上がりにビックリ。濃い目のテクスチャーなので、言うなら固形寄りのリキッドという感じでしょうか。ファンデーションで隠れなかった濃いシミ・色ムラを、あっという間になかったことにしてくれます。

しかも、隠しました!という感じはなく(よーく近くで見ればわかると思いますが)、出会った方々に「シミがひどくて」と話すと「え? そんなにないでしょ」と言われます。なので、わりと自然な感じに仕上がっているんだと思います。

スポット的にはもちろん、肝斑のような広くてぼやけているような色ムラも、薄く重ねていくとカバー完了。気になる濃い部分は、さらにタッピングしてシミとファンデの境目もぼかしこんでいくとよりナチュラルに仕上がります。筆は使わず、薬指と小指を駆使。薬指で広めの範囲をトントンとぼかしこんだら、より小さな境目などは小指の先でやさしくトントンしていくとキレイになじんでいきます。

コンパクトなチューブタイプだから、持ち歩いてメイク直しにも重宝!

2色あるんですが、私にはナチュラルというカラーがだんぜん肌に合ってます。ライトと混ぜて使ってもいい肌色の方もいるかもしれませんが、普通の肌色の方ならナチュラルでカバーできると思います。

ふだんの個人的な使い方ですが、BBや色つきのベースを塗った後に「デルメッド コンシーラー ナチュラル」をのせてカバーします。コンシーラーだけだと落ちやすいので、その上からパウダーファンデで固定します。とはいえ、パウダーファンデはカバーしたところだけ。顔全体にはつけません。

きちんとメイクしたい日はリキッドかクリームファンデーションを塗って、それでも隠れないヤツの上に「デルメッド コンシーラー ナチュラル」をのせてパウダー(ファンデーションで隠れてしまうならコンシーラー不要)。パウダーは、また別の機会にご紹介しますが、50代の肌ぐすみを払ってつややかに見せてくれるタイプを愛用中です。

※写真は、上からすっぴん→BBクリームを塗った状態→コンシーラーでカバー完成→仕上げ。

コンシーラーは時間が経つにつれて薄くなったりヨレたりする。という意見も聞きますが、ファンデかパウダーで固定していればまず大丈夫。それでも大量に汗をかいたり、こすったりしては取れてしまいます。が、「デルメッド コンシーラー ナチュラル」はコンパクトなのでポーチに入れて持ち運んで、取れたりヨレたりしたら塗りなおせばOK。少量でものびがいので、コスパもいいと思ってます。

40代以上のシミ・色ムラで悩んでいる方。根本的な美白ケアも大切ですが、同時に「今あるやっかいなヤツ」をケアしたいなら、試す価値はあると思います~。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

プチプラ? デパートで買う? 40代からの「コスメ選び」の正解とは【メイク編】

今はコスメもお財布に優しいプチプラからヴィジュアルから凝っているデパコスと幅広くあります。全部プチプラという方もいますし、デパコスでなければ満足できない方もいる…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

「安いUV」でも効果は同じなの?日焼け止め剤と価格の話

紫外線のシーズンが本格化する前にUVカット剤をどう選ぶかも、アラフォーには重要な課題だといえます。日焼けやシミ・そばかすを防ぐだけではなく、将来の美肌をキープさせ…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

50代の気になる吹き出物。美容のプロが長年使っている2品とは…?

ごぶさたしております。ライター中尾慧里です。気になっていた、老け感を増幅させるシミがなくなって、日々快適に過ごしております(前回記事でもご報告しましたが、クリニックでレーザーを…)。シミがない素肌って…

流行りの「太眉」、40代・50代はついゴン太眉になりがちだけど…

ごぶさたしております。ライター中尾慧里です。3月はクリニックでの「シミとり大作戦」を決行しておりまして、ついついこちらのブログから離れておりました。その大作戦のことは、シミのビフォー&アフター写真と共…

以前より「シワが深い、シミが濃い!」と思うこと、ありませんか?

ある日ふと、鏡を見ていて「シワが深くなってる!」「シミが濃くなってる!」とか、写真を撮ったとき「横顔がたるんでる!」といったことに気づくことはありませんか?深くなる肌悩み、あなただけではありません!40…

[PR]

50歳ぺたんこ髪のハリ・コシが復活!はちみつの秘密とは…

50歳のラインを超えると、途端に「毛」そのものが弱く細くなってくる、ということを実体験している今日この頃です。前回ご紹介した時のまつ毛もそうですし、体毛すらも弱弱しくなるし。でも、やっぱり他人の目にも明…

「20年ぶりのマツエク」で申し訳なさそうに言われたこととは…

もう20年ほど前にまつエクが流行り出した頃、お仕事のおつきあいもあってさっそく最先端のまつエクをやっていました。その前はまつ毛パーマにハマっていたので、やはり20~30代はぱっちりとした印象的な目を演出した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事