イメージダウン!合コンで出会った男に40代女性が送信しちゃいけない3つのLINE

合コンで出会った男性と、その場では意気投合したものの、その後はさっぱりアプローチしてこない……。

そんな風に思っていることが多いのでしたら、もしかすると「合コン後に送信したLINEが良くなかった?」ということも。

「合コンのあとには、男性にお礼のLINEを欠かしません」な40代女性のみなさま、こんにちは。並木まきです。

今回は、40代女性が合コン後に送信すると、男性から「おばさんくさい!」と思われやすいデンジャラスなLINEに迫っていきます。

 

1:ものすごい数の絵文字が入っている(とくにハート)

「昨夜の会話が楽しかったから」「とてもいい人だったから、なんとかしてデートにこぎつけたい」。

そんな風に思って、LINEでも気合いを示そうと、たくさんの絵文字を使っていらっしゃる女性もいらっしゃいます。

ところが。

読んでいる男性が息苦しさを感じるほどの大量の絵文字は「がっついてる」「肉食すぎる」など、ネガティブな感想を持たれることが。

特に、大量のハートに強烈な“肉食感”を抱く男性は少なくなく、「いいな」と思っていた女性でも「ガツガツしすぎててコワイ」などの悪いイメージに結びつきやすい傾向があります。

“40代独身”という前提があるから、やけに積極的すぎる文面に見えやすい側面も!

 

2:年齢を感じさせる表現の多用

「みんな若いね!」「いまどきの感じがした」など、“年齢”を感じさせる表現を多用したメッセージも、読んだ男性が「おばさんだなぁ」と思いやすいデンジャラスなLINEです。

若い参加者が多く、年齢を考えて謙遜したくなるような合コンだったとしても、あえて相手に伝える必要はありません。

男性の「いいな」と思っていた淡い恋心すらも消えるほどに、強い破壊力を持つことをもつ言葉でもありますので、気をつけて。

本当にそう感じたとしても、無用な「おばさんだな!」を防ぎたい女性は、合コン後のLINEでは控えたほうが賢明です。

こちらも“40代”という前提があるので、年齢を感じさせる表現はイコールでおばさん臭を醸し出しやすいのです。

 

3:愚痴や文句をあえて加えてしまう

お店の文句や合コンの場でもちょっとしたトラブルなど、翌日になっても記憶に残るほどの出来事があった合コンでは、お礼のLINEでもその話題に触れてしまっていませんか?

「昨日の●●ちゃんにはビックリしましたね!」「お店の対応がひどかったけれど、楽しかったです」etc……。

こんな風に、愚痴や文句が添えられたお礼のLINEは、百害あって一利なし。

余計なひと言を添えているLINEには、言いようのない“おばさん感”を醸し出すこともあるのです。

「おばさんって、やっぱうるさいよなぁ」などと男性に思わせてしまえば、その後の進展は期待できなくなりますから、お礼のLINEにはポジティブなメッセージだけをしたためたほうが無難です。

 

 

ただのお礼なのにやけに長文のLINEも、おばさん臭やがっつき感が出やすい典型と言われますが、ちょっとしたメッセージにも“おばさん臭”が現れてしまうことだってあるのです。

合コンでの出会いの行方は、お礼のLINEも勝負の分かれ目に。

好感度を上げていきたい女性のみなさん、「おばさんっぽい!」と思われるメッセージは送信しないように気をつけていきましょう!

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

オバ見えが加速!40代が買ってはいけない「アイシャドウ」秋の3大NGカラー

昨今のメイクトレンドは、40代女性が若い頃と比較すると、よりカジュアルかつナチュラルな仕上げが主流です。アイメイクも、ここ数年でグッとシンプルになり、オーソドックスな塗り方であるグラデーションや締め色使…

彼の家に行ったらこっそりチェック!「育ちの悪い40代男」の家に潜む悪習慣3選

男女ともに、新たな恋人の前では「自分を良く見せたい」の心理から、“きちんとした人”に見える振る舞いをあえて心がける傾向も。そして関係が安定してきた頃合いに、気を抜いた言動が増え、パートナーから「実は、こ…

このセリフが出たら要注意!浮気性な40代男ほど口にする危険なフレーズ3例

浮気や女グセの悪さは、ある種のビョーキで「浮気性な男は一生治らない」とも聞きますよね。確かにまわりの男性を見渡してみると、浮気をする男性、あるいは複数の女性と同時進行で交際する男性は、年齢を重ねても悪…

モテを逃す!男性が嫌う40代女性のダメなすっぴん顔3例

いつの時代も、男性は「すっぴんが好き」と言われます。40代の恋愛話においても「ケバいメイクの女性はイヤ」「派手なメイクの女性には警戒する」などの声がたびたび聞かれますので、あえて“すっぴん風”のメイクでモ…

【40代のプチプラコスメ】大人も大満足!肌にも髪にも使える便利ワザって ?

気になっていたプチプラアイテムを使ってみたものの「保湿力がイマイチかも?」「やっぱり高いもののほうが、満足度は高いわ」などと感じた経験のある40代女性は少なくないはず。実際、使い勝手が価格と比例するコス…

「いつものほうが素敵だったのに」男がガッカリした40代彼女のヘアチェンジ3例

イベントデートなど、普段よりも気合いを入れたい日には、いつもとは異なるスタイリング剤を使って髪を整える40代女性も少なくありません。しかしせっかく気合いを入れたのに、男性目線だとむしろ「いつものほうが素…

結婚はあえて選択しません! 40代の「長続きカップル」意外な共通点って?

昨今は、カップルの関係にも、多様性が顕著。出会いから交際、結婚、出産……と、いわゆる“お決まり”のパターンにハマらずに、自分たちなりのスタイルを貫く男女も増えてきました。40代カップルでも、長く交際を続けな…

ギョッ、デートでその食べ方は…男がドン引きした40代女性の「お育ちが悪すぎる」食事マナー3例

男女の仲は、食事をともにすると、相手の“人となり”がよくわかるのも事実。だからこそ、興味のある異性とはまずは食事デートから……の流れは、40代の恋愛においても一般的ですよね。そして、そのデート中に「ん? な…

このまつ毛はサイアクだ…! 男が引いた40代女性の2019秋メイク3例

秋になると、夏と比較して、ちょっとイメチェンしたくなる女性も増えてきます。しかし他方で40代ともなると、メイクでも自分なりの“定番”が確立され、あえてアップデートを避けているパーツがある女性も少なくないの…

あなたはいくつ当てはまる? モテる40代女性が「絶対にやらない」5つのこと

40代で、モテを極めている女性ほど、“絶対にやらないこと”があるようです。若い頃から継続的にモテ続けている人もいれば、40代になってからモテ始めた! というパターンもあり、昨今は「40代でモテモテ」もよくある…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事