40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体型の変化はむごたらしいレベル。ましてや、お正月明けのちょい太り時期などは……。

ここで1つ疑問が沸きます。そもそも、現在保っている(または目指している)その体重は、「健康」で「美しく」いられる体重なのでしょうか?

 

 

 

40代女性が目指す体重は間違ってる?

 

厚生労働省の平成27年調査によれば40代女性の平均値は、身長158.0cm/体重55.5kgです。いっぽう、よく言われる「美容体重」「シンデレラ体重」はおおむねBMI18~20を差しています(これらはかねてから「と言われる」のみで、固定的な数値を出す機関も、算出根拠もありません)。厚労省によればBMI22は平均身長の場合「いちばん病気になりにくい数字」で、158.0cmなら1.58*1.58*22=54.9kg。毎日1㎏くらいは体重が変動することを考えると、おおむね標準体重です。

 

これがBMI18となると、なんと44kg。

 

20代、30代にこの数値を目指していた人も結構いるのではと思います。しかし40代を迎えると、肌質や身体の筋肉・脂肪に変化が起き、44㎏が「美」ではなくなるのです。肌のハリ感が乏しくなると、むしろその薄さが「枯れ木ぽさ」「萎れた質感」に変わります。

 

体重計で44キロという数字は目と心を確かに満足させてくれるでしょう。ただし肉眼で客観的に見れば、数字は美を約束してくれません。個人差はありますが、「衰え」が数字を裏切るのが40代の現実なのです。

 

BMI値では実は肝心の体脂肪率がわからない

そもそもBMIの算出方法にも大きな問題があります。単純に身長と体重を計算したものであり、ダイエットでうまく絞りたい体脂肪は計算されていないからです。多くのアスリートは決して太っていないのに、BMI値では太っていることになるのはそのためです。

 

体脂肪でも内臓脂肪と皮下脂肪の配分がわかりませんし、また皮下脂肪がどこに多くなっているかも、BMI値では計算されていません。単に目安にするのはかまいませんが、美容と健康のために信頼できるものではないのです。

 

体脂肪は多すぎても少なすぎても美と健康の邪魔をする

 

多くの女性たちは年齢にかかわらず、太る弊害を感じています。健康上も、美容上も、好ましくないのは事実でしょう。またファッション面ではサイズの問題も大きくなります。しかしやせすぎていても同じ問題が起きます。

 

健康面に目を向けて考えると、太り過ぎていれば生活習慣病へのリスクが増大します。糖尿病や循環器系の疾病のリスクは深刻です。またやせすぎになれば骨粗しょう症も早期発症するリスクが高く、骨折に至るケースが増えます。

 

美容面に目を向けると、太り過ぎはすでにおわかりでしょう。しかしやせすぎにもきつい現実があります。それは骨格のバランスです。やせすぎてもバランスの良い人はごく少数。スーパーモデルであっても、最近ではやせすぎを避けるのはこのためです。

 

美容と健康を正確に判断できる方法

40代女性でも理想のボディはくびれのあるコカ・コーラのボトルです。若々しい体型の決め手、くびれを重視すれば、40代女性も健康的に若々しい美しさをキープできます。

 

体重より、ウェストに注目。身長・体重問わず、ウェスト90㎝以下であればメタボリックシンドロームリスクはより低いとされるのです。美しさを考えるなら、体重計の数字よりも「90㎝以下、できるだけ低い数値のウェストサイズ」を目指すべき。きれいなくびれは健康と美しさを約束します。

(参考・厚生労働省  e-ヘルスネット 「なぜ男性85cm、女性90cmなの?」)

 

最近はヒップコンシャスなボディが注目です。美しいヒップもウェストのくびれなしでは成立しません。体重は目安であり、健康と美しさを数値で簡単に教えてくれるのはウェストサイズです。引き締まったウェストを目安にするダイエットに切り替えましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク