英語で「やあ!」と気軽に言える?ちょっと上級っぽいあいさつ

英語での挨拶。はじめて会う人にも、毎日会っている相手にも
“Hello!”
そしてそのあとには必ず

“How are you?”
「元気ですか?」
“I am fine,thank you.”
「元気です。ありがとう。」

と学校で習いました。
実はNative はこのおきまりなパターンばかりを繰り返しているわけではありません。
今回は親しい相手に、また、久しぶりにあう相手に使う挨拶についてです。

 

“What’s up?”  ときかれて、答えも”What’s up?”

“Hello.” のあとに 「どうしてる?うまくいってる?」「今日どんな感じ?」
という意味でつかうのが、

“What’s up?”
「なんかあった?」
かなり親しい間柄では、一番よく聞く言葉かもしれません。

“I accidentally met an old friend.”
「たまたま古い友人にあったよ。」

“I went to Tokyo last week.”
「先週東京にいってきたよ。」

と何かトピックを提供してもよいし、いつも通りの日々なら、

“Nothing much.”
「特に何もないよ」

と答えます。
こちらは気軽な挨拶なので、実は何か問題があっても、たいてい、

“Good!”
「いい感じだよ」

と答えます。
また、”What’s up?”ときかれ、”質問同様に

“What’s up?”

とかえすことも多く、会話をかわすというより「やあ!」といった感じの挨拶です。

 

どうしてた?うまくいってる?

“How are you doing?”
「どうしてるの?」
という言葉もとてもよくいわれます。なんとなく、今何してるの?ときかれているような気になりますが、
あくまで挨拶です。

“How is it going? ”  “How’s everything?”
「うまくいってますか?」
という言葉は、親しい相手にも、あまり近しくないあらたまった関係の人にも使えます。

久しぶり!どうしてた?というときは

“It’s  been a while.”
「久しぶり!」
“How have you been up to?”
「いままでどうしてたの?」

と現在完了形をつかいます。

【会話例】

A: Hi! What’s up?  How are you doing?
B :  Not bad.  I’m good.    What’s up?  How is everything?
A    :     I’m OK.

A :   やあ! どう? どうしてた?
B:      悪くないよ。 いい感じ。 どう? うまくいってる?
A : うん、いい感じよ。

スポンサーリンク