男性がデートで「オバサンだ!」と幻滅する40代女性の3大NGな振る舞い

いい雰囲気になった男性から「この人は、おばさんだなぁ」と思われる展開は、避けたいもの。

まだ深い絆を築けていない段階のデートでは、お互いが相手を探っているのも恋愛ではよくあること。

ですので、ちょっとした言動のせいで、男性からの幻滅を招くこともあります。

「40代にはなっているけれど、さすがに“おばさん”とは思われたくない!」がポリシーのみなさま、最近の恋愛模様はいかがでしょうか。並木まきです。

今回は、男性が「おばさんだ!」と感じるデートでの3大NGな振る舞いをお伝えしていきます。

 

1:姪っ子や甥っ子を溺愛している話題が多い

すでに文字通り“叔母さん”や“伯母さん”になっている女性の中には、姪っ子や甥っ子を目の中に入れても痛くないほど溺愛している人もいらっしゃいます。

甥っ子や姪っ子が愛おしい存在であるのは、間違いないですしね。

そんな「可愛くて仕方ない!」というホンネが、デート中にもついポロリ。

姪っ子や甥っ子が「いかに可愛いか」に熱弁をふるったり、スマホからいそいそと最新の写真や動画を披露したりと、溺愛っぷりを惜しげなく披露する姿を「おばさんくさいな……」と感じる男性は結構多いのです。

さらに、深読みしたがる男性だと「子ども欲しいアピールか!?」の誤解も招きやすいので、まだお互いの絆が生まれていない段階でのデートでは、この手の話題は避けたほうが賢明なことも。

 

2:声が大きい

デート中、自分の声がどのくらいの音量になっているか、気にしたことはありますでしょうか。

一般的に言われる「おばさん」には、やたら大声で騒がしくペチャクチャと喋り倒すイメージも強いことから、必要以上に声が大きい40代女性には、無条件に「おばさんだ……」と思う男性も少なくありません。

しかも、会話が周りに丸聞こえになることから「恥ずかしいんだよなぁ……」と、嫌悪感を抱く男性もいます。

「おばさん」という言葉には、恥ずかしい振る舞いをする女性というネガティブな印象も強いですものね。

デート中の声は、ふたりの間で聞こえる程度の大きさで十分。大きな声で話す習慣がある女性は、ぜひ少し音量を落としてみてください。

 

3:デートプランを面倒くさがる

「あそこに寄ってみようよ」「今からちょっと足を伸ばしてみようか」など、男性が提案してくれたデートプランに対して面倒くさがっているようなそぶりをしてしまうと、途端に「おばさん……」と思われることが。

動くのが面倒くさい、すでに疲れてしまった、提案してくれたプランに興味が湧かないなど、女性からすればちゃんとした理由があっての態度でも、男性のテンションは下がります。

いい雰囲気になっている男性から「デートでも楽したいのかぁ。おばさん年代だもんなぁ」なんて思われても、いいことはちっともありません。

もしも興味がわかないプランを提案されたとしても、面倒くさそうに断るのだけはやめて!

 

すでにお互いのことを深く知り合っている関係であれば問題が生じなくとも、まだ相手を探り合っている間柄のときには、些細な言動が幻滅を呼びやすくなります。

親しくなりつつある男性から「おばさんだよなぁ」と思われてしまう女性は、デート中のちょっとした振る舞いも影響しています。

心当たりがあった方は、ぜひ今すぐこんな言動は封印して!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

ズバリ!お金が貯まらない人の「ポーチの中身」ありがちな3大NG

「お金が貯まらない……」が口グセのようになっている人には、生活習慣にも共通点があると言われています。40代ともなれば、それなりに収入も安定し、趣味や遊びにかけるに十分な稼ぎがある女性も少なくありませんが「…

男に「抜け感」は伝わらない! 「不健康そう」と思われる40代女性のメイク3選

メイクの仕上げかたによって、健康そうな印象にもなれば、残念ながらも不健康なイメージが強まってしまうこともあります。私たち40代は、その日の体調や天候、気温によっても肌の調子や顔色がすぐれない日も多い年代…

それはナシ眉…!男が「苦手」と感じる40代女性の眉3パターン

眉は顔の印象、ひいてはその人の印象までも左右すると言っても過言ではないほど、メイクにおける重要なパーツ。しかも、手をかけているからと言って「好感度が上がる」とは言い切れず、むしろ手をかけるポイントが少…

失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは…

これはダメ…男が一瞬で「遠慮します」と我に返る40代独女のニオイ

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事