コテ不要!「巻き髪なし」でも品ある美人に。かんたんヘアアレンジ

40代女性のヘアアレンジで最も要望が多いのが、「髪を整えなくてもすぐに作れる」スタイル。プロの提案するヘアアレンジは巻き髪を必須としがちですが、正直そこまで手間をかけたくないんですよね。それに巻き髪がキマったら、そのままダウンスタイルにすればイイんですから。

そんな世の女性の意見を踏まえ、今回は巻き髪を一切しないヘアアレンジをご紹介。もちろん、テクニックも超カンタンですよ!

 

三つ編みフルアップ

 

2本の三つ編みをグルグルっと巻いてピンどめするだけ。寝グセで髪がうねっていても、この髪型にすれば全然目立ちません。えり足がスッキリするので、首元がモコモコしがちなこれからの季節にぴったり。

 

1 耳から上の髪をハーフアップに

全体の髪をブラシでとかしたら、耳から上の髪をハーフアップに。ボサついた印象を与えないため、できればブラシを使ってきちんとまとめてからゴム結びを。

 

2 全体の髪を左右に分けて三つ編み

左右均等に分けた髪を三つ編みするとき、あまりキツく編まない。ササっとラフに、毛先ギリギリまで編む。

 

3 毛先を輪っかの状態にしてゴム結び

編み終えた三つ編みの毛先をゴム結びするとき、写真のように毛先が輪っか状になるようにする。おだんごにするとき毛先がはみ出すことがなく、キレイに作ることができる。

 

4 三つ編みを真上に持ち上げクロスさせる

左右それぞれ三つ編みを作ったら、毛束を真上に持ち上げてクロスさせ、毛束を1本の状態にする。

 

5 毛先から毛束を内巻きさせ、ピンで固定

1本にした毛束の毛先から内側にグルグルっと巻きつける。根元まで巻いたら、おだんごになった髪をピンで固定する。

 

サイドねじりハーフアップ

40代でロングヘアにしている人の場合、巻き髪よりもツヤのあるストレートを自慢したいって人も多いのでは? うねりのない直毛は若さの象徴でもあります。トップをフワっとさせて華やかさを与えるのもイイ感じ。

 

1 ハチから上の髪をハーフアップに

フルアップと同じく、髪をブラシで整えてからハチ上の髪をハーフアップに。ゴム部分を片手でしっかり押さえた状態で、トップの毛束を数本引き出し、フワっと感を与える。

 

2 耳上の毛束を根元からしっかりねじる

ゴム結びした毛束のすぐ下にある髪を取り出し、根元から毛先までしっかり捻る。毛束を後ろに引っ張りながらねじるのがコツ。毛先までねじったらゴムで仮結びをして、反対側も同じようにねじる。

 

3 ねじった毛束を1のすぐ上でゴム結び

ねじった毛束を1のゴム上で1本にまとめ、ゴム結びをする。なるべくたるみが出ないよう、きつめに結ぶ。

 

4 結び終えた毛束をくるりんぱ

結び終えた毛束をゴム上の空間に上から通してくるりんぱに。きつめに結んでも、下の毛束との重なりで空間ができるため、意外と通しやすい状態に。

 

5 毛先をゴムの上にグルグルっと巻きつける

最後にあまった毛束をゴムに巻きつけ、毛先をスモールピンで固定。大きいピンは取れやすく、さらに見た目にも良くないため、必ず小さいピンを使う。小さなワニクリップを使うのもアリ。

 

どちらのスタイルも手軽に作ったとは思えないクオリティ。ちょっとしたお出かけや、華やかな印象を与えたいときのヘアアレンジとして活用するのもアリですよ。

 

教えてくれたのは・角 薫さん(RUALA)

原宿・表参道の著名サロンを経て、20年共に一緒に働いてきた同期のちはるさんと一緒に2016年サロンオープン。髪のコンプレックスを解消させるヘアデザインが得意で、同世代の女性顧客を大勢抱えている人気女性美容師。http://ruala.jp/

撮影/土屋哲朗(主婦の友社写真室)

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
美容ライター 三輪順子

スポンサーリンク

スポンサーリンク