それもう時代遅れです!オバ眉になりがちなNG眉の描き方

「眉は顔の額縁」と言われるほど、メイクにおいて印象を左右する重要なポイント。美容雑誌でも毎月眉毛特集が組まれるほど注目が集まるパーツであるだけに、「眉毛の描き方が分からない……」と悩んでいる人が多いのも現実。

また、話を聞いてみると「ここ数年眉毛の描き方を変えていない」という人もいますが、年々お肌の状態が変化していますので、その年代に合った眉毛の描き方をしなければ老けた印象に見えがち。そこで今回は、オバ眉になりがちなNG眉の描き方について紹介します。

 

1:眉尻が長すぎる

 

一昔前、バブル全盛の頃は眉毛を長めにキリっと描くのが大流行しましたが、まだこんな眉毛を描いている人は「アウト」です。笑

だからと言って眉尻が無くていいわけでもありません。バランスのいい眉毛を描くために押さえておきたいポイントは「口角」と「目尻」。この2点を結んだ線の延長上に眉尻が来るように描くのが長すぎない眉を描くポイントです。

 

2:眉毛が直線すぎ

 

街中で人間観察をしていると、眉毛が「一文字」になっている人を見かけますが、これはNG。眉の周りにも筋肉があるためその筋肉の位置とそう形で書かなければ古臭い顔になってしまいます。

眉山の位置は外側の白目の上のどこかであれば自然なカーブになります。カーブの角度に悩んだら、こめかみあたりの髪の生え際をチェックして、その生え際と平行になるように描くと筋肉の流れに沿ってうまく描くことができます。

 

3:髪の色と合っていない

 

年齢とともに出現してくる白髪。白髪があると老けた印象になりますので、ファッションのためだけでなく白髪が気になる方はカラーリングをしている人が多いと思います。白髪などなくカラーリングしていない時は髪と地眉の色が合っているのでアイブロウペンシルの色選びには困りませんが、カラーリングを始めると色が合わなくなってきます。それを無視して以前から使っていたアイテムで眉毛を仕上げてしまうと、チグハグな印象に。

このチグハグな印象を緩和するためのアイテムとして、パウダータイプ、アイブロウマスカラなど髪色と合わせるためのアイテムが増えています。最初にメイク崩れしにくいペンシルで眉の輪郭を描き、その後にパウダーやマスカラの眉に使います。これらのアイテムは色調整の役割だけでなく、ペンシルだけで仕上げると“のっぺり”した印象になりがちな眉に立体感をプラスしてくれる一石二鳥アイテムです。

「最近眉毛がしっくりこないな……」と感じている人は、ぜひパウダーかマスカラを投入してみてください。

 

4:色が薄すぎる&細すぎる

 

眉毛を描くのが苦手な人に多いのが眉の色が薄すぎる&細すぎるパターン。メイクに対する自信のなさが眉の色にまで出てしまっています。前髪があり眉毛がさほど目立たない人はいいのですが、髪が風になびいたりして眉毛が出現する可能性がある人は、眉毛がないとオバ眉どころか幸が薄そうな“薄幸顔”に。

「ゲジゲジ眉になりたくない!」という人のために、一時はグレーのペンシルが流行りましたが、これはもう時代遅れ。眉毛を自然に見せたいなら、ペンシルは髪の色に合わせつつ、パウダーやマスカラは髪の色よりもやや明るい色(肌色に近い色)を選ぶのがお勧めです。ぱっと見「これって色薄くない?」と思うような明るさのものでも、付けてみると不思議と自然になじみます。

 

5:左右のバランスが悪い

 

 

人間の顔は左右対称ではなく、噛みグセなどの影響で筋肉のつき方も左右で異なります。眉毛の高さがどうしても同じにならない……という人は、全体を整えようとすると難しいので、眉頭の位置だけ揃えるようにしてください。眉頭さえ合っていれば後は多少ずれていても相手はあまり気になりません。

これは上級者テクニックですが、鏡を見る時自分の顔の左右差を気にするようになると、メイクが上達しますので、ぜひ気にして見てみてください。

 

今回はNG眉の描き方とそれを脱却する方法をご紹介しました。一気にクリアすることが難しい人は1つずつでも構わないのでトライしてみてくださいね。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

これをサボると即オバ見え! 40代こそ「手抜き厳禁」な真夏のケア3選

つい先日の記事では「暑い日には、時短美容ならぬ手抜き美容でも十分! ぜひ、ストレスフリーなスキンケアを実践してみて!」と提唱した私ですが、40代の肌には、どんなに…

ひそかに「オバサンくさい」とささやかれかねない赤リップの悲劇

毎シーズンメイクトレンドが発表され、ここ2~3年は「赤リップ」が流行っていますね。商品を手に取った瞬間「可愛い~」とテンションが上がるものの、40代になると赤リップの使い方を間違えると、一気にババくさい顔…

これも使える!ZARAのニットスカートの着回し力が高いワケ

3か月目を迎えた「ザラコ」企画。ザラは価格が手ごろなのにトレンド感満載のアイテムが豊富なので、旬なアイテムを身につけてオシャレに見られたい人にとって必須ブランドですね。でも、デザインが凝っていると何と…

ZARAならトレンドアイテムでもここまで着回せる!神3アイテム

「40代美容家がガチでZARAだけ着回して毎日コーデを紹介する」通称ザラコ企画。9月からスタートし、11月にはボトムスを中心とした6着を投入しつつ着回しました。最近特に活躍しているアイテムをご紹介したいと思いま…

11月はZARAで何買った?「使えすぎる6アイテム」まとめて紹介!

秋、9月にスタートした「ザラコ」企画。いよいよ3か月目に突入しました!つい無地のアイテムを買ってしまい、つい同じようなコーディネートをしてしまう「ムジコ」だった私が、ZARAでコーディネートを考慮して買い物…

これぞ進化系!ますます簡単に描けちゃうアイブロウパウダー3選

メイクのお悩みでダントツに多いのが「眉がうまく描けない」というご相談。確かに色選びや形など気をつけるべきポイントがたくさんあって困ってしまうと思いますが、眉が上手く描けない人はアイテムにこだわってみて…

40代は脱・厚塗り!ファンデーションのやりがち3大NGと正解は

ひと昔前は「色白=美人」のように言われていましたが、最近は色白よりも健康的に見せるメイクの方が主流です。年齢を重ねるとくすみやシミを隠したくてつい厚塗りになりがちですが、それじゃおばさんメイク一直線!…

顔色がぱっと華やぐ!40代なら押さえておきたいリップメイク3つのコツ

年を重ねる毎に難しく感じる口紅選び。顔を華やかに見せたいと派手な色を選んでみたものなんとなくしっくり来ない……そんな経験はありませんか?顔色が悪く見えたくないけど、一体何色を選べば良いの?という方のため…

40代こそマスカラを雑につけちゃダメ!まつ毛メイク見落としがちな3ポイント

マスカラは付いていればいいでしょ……とパパッと仕上げている人はいませんか?顔全体のバランスで言えば確かに小さなパーツですが、実はマスカラはぼやっとした目もとの印象をパッと華やかに見せる重要ポイントです。…

ZARAで買うべきは「ちょいトレンド」!買って良かったザラアイテムまとめ

9月から続けている「ザラコ」企画。いよいよ10月の最終週になりました。読者の方から「毎回参考にしてます」「記事を見てザラに買い物に行きました」と嬉しいお声をいただき、嬉しい限りです。今回は10月第4週、後半…

疲れにくいヒールの高さは5.5cm!美脚効果を狙うなら7cmヒールもおすすめ

「40代が品よく見える」をテーマに、9月からのキープアイテム4着と10月から新たに投入した7着、合計11着の着回しをご紹介してきた10月の「ザラコ」もいよいよ終盤に差しかかってきました。今回は10月第4週、前半の3…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事