極太NG!ぼんやりまぶたをはっきり見せる極細アイラインの極意

年齢と共にたれてくるフェイスライン。たるみ回避のためにエイジングスキンケアを使っている人の中でも、見逃しがちなのが“上まぶた”。若い時は気にならなかったのに最近上まぶたのたるみが気になる……なんて人はいないでしょうか?

目もとがくぼんだり、上まぶたがたるんでくると実年齢よりも老けて見えることもしばしば。目が小さい、目ヂカラが欲しいとがっつりアイラインを描いている人は、要注意です。

今回は40代向け、上手なアイラインの入れ方についてご紹介します。

 

1:アイラインは引くのではなく「埋める」

 

アイライナーを使う時、綺麗なラインに仕上げようと必死に線を描こうとしますが、アイラインの役割はまつ毛を濃く見せて目ヂカラをアップさせること。ラインがガタガタになってうまく描けない!なんて人は、思い切って線を引くのは止めましょう。

まつ毛の根元部分の肌色(まつ毛とまつ毛の間の皮膚)が目立たなくなればOKなので、線を引くのではなくまつ毛の間を埋めるイメージでライナーを使えば、たるんだまぶたでもがたつきが目立たなくなります。

 

2:アイラインは2本の線と捉える

 

アイラインを描く時、1本の線で描き切ろうとすると部分的に太くなってしまったりガタついたりします。ですので、一気に仕上げようとはせず、黒目の上から左右に分けて考えて「最初に目尻側から中央に向かって描く」、「次に目頭側から中央に向かって描く」の順番で書くと、うまくラインを引く(合間を埋める)ことができます。

 

3: 品の良さは“太さ”に現れる

 

若い時、目ヂカラをアップするためにアイラインを駆使して、目全体を囲っていた人は、今後は止めてください!確かにラインで囲うと目もとが目立つのですが、囲ってしまうと実は錯覚効果で白目の部分が小さく見えてしまい、目は小さく見えてしまうんです。

大人になったら太いラインで囲むのではなく、上まぶただけにアイラインを描きましょう。しかもそのラインは細ければ細いほど上品に見えます。40代になったら極太ライナーはNG。ラインを引くのではなく埋める感覚でまつ毛を濃く見せることに集中しましょう。

 

年齢を重ねると目もとの皮膚がたるんでラインを描くのが難しくなります。40代になったらただ単にアイラインで目ヂカラをアップさせようとせず、まつ毛が濃く見えているかどうかを確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

GUで高見えアイテム発見!この冬ヘビロテな「小物系」4選

GUやユニクロなどのファストファッションブランドは、今やコーディネートには欠かせない定番ブランドですね。クローゼットを眺めてみると半数以上がファストファッションアイテム、なんて人も多いのではないでしょう…

40代「オバ髪」ケアに救世主?発売即完売、店に行列ができたシャンプーとは

40代になるといろいろと美容の悩みが増えますが、一番気をつけたいのが髪。フェイシャルは毎日気を配っているけど髪はつい後回し……その間にも髪のエイジングは進んでいます。仕事に家事に忙しい人ほど毎日のシャンプ…

[PR]

ひそかに「オバサンくさい」とささやかれかねない赤リップの悲劇

毎シーズンメイクトレンドが発表され、ここ2~3年は「赤リップ」が流行っていますね。商品を手に取った瞬間「可愛い~」とテンションが上がるものの、40代になると赤リップの使い方を間違えると、一気にババくさい顔…

これも使える!ZARAのニットスカートの着回し力が高いワケ

3か月目を迎えた「ザラコ」企画。ザラは価格が手ごろなのにトレンド感満載のアイテムが豊富なので、旬なアイテムを身につけてオシャレに見られたい人にとって必須ブランドですね。でも、デザインが凝っていると何と…

ZARAならトレンドアイテムでもここまで着回せる!神3アイテム

「40代美容家がガチでZARAだけ着回して毎日コーデを紹介する」通称ザラコ企画。9月からスタートし、11月にはボトムスを中心とした6着を投入しつつ着回しました。最近特に活躍しているアイテムをご紹介したいと思いま…

11月はZARAで何買った?「使えすぎる6アイテム」まとめて紹介!

秋、9月にスタートした「ザラコ」企画。いよいよ3か月目に突入しました!つい無地のアイテムを買ってしまい、つい同じようなコーディネートをしてしまう「ムジコ」だった私が、ZARAでコーディネートを考慮して買い物…

これぞ進化系!ますます簡単に描けちゃうアイブロウパウダー3選

メイクのお悩みでダントツに多いのが「眉がうまく描けない」というご相談。確かに色選びや形など気をつけるべきポイントがたくさんあって困ってしまうと思いますが、眉が上手く描けない人はアイテムにこだわってみて…

40代は脱・厚塗り!ファンデーションのやりがち3大NGと正解は

ひと昔前は「色白=美人」のように言われていましたが、最近は色白よりも健康的に見せるメイクの方が主流です。年齢を重ねるとくすみやシミを隠したくてつい厚塗りになりがちですが、それじゃおばさんメイク一直線!…

顔色がぱっと華やぐ!40代なら押さえておきたいリップメイク3つのコツ

年を重ねる毎に難しく感じる口紅選び。顔を華やかに見せたいと派手な色を選んでみたものなんとなくしっくり来ない……そんな経験はありませんか?顔色が悪く見えたくないけど、一体何色を選べば良いの?という方のため…

40代こそマスカラを雑につけちゃダメ!まつ毛メイク見落としがちな3ポイント

マスカラは付いていればいいでしょ……とパパッと仕上げている人はいませんか?顔全体のバランスで言えば確かに小さなパーツですが、実はマスカラはぼやっとした目もとの印象をパッと華やかに見せる重要ポイントです。…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事