やせても老けたら負け!40代の「老けないダイエット」5つの要点

20代と比較すると、40代はダイエットの結果が出にくいですよね。だからといって体重だけ必死に減らすと、結果的にがくっと老け込みがち。「あの人やせてきれいになったよね」と言われるはずが、「あの人やせて老けちゃったよね」と言われてショックを受けるのがこの世代です。

では、老けずにダイエットを成功させるにはどうしたらいいのでしょうか? 若々しさをキープし、健康に美しくやせるために知っておきたいことをご紹介します。40代がやせるなら「きれいになったね」と言ってもらわなければ負けです。

 

老けないダイエットの5箇条

残念ながら、40代の身体はどんどん「老けて」いきます。だからダイエットは現在の筋力を維持しつつ、全体のたるみを引き締めていくのが老けずにやせる基本です。ポイントはこの5つ。

 

1.基礎代謝と骨密度を落とさないための「努力」をプラス

2.食事制限だけのダイエットは老けることを自覚する

3.肌とボディラインのたるみを許してはいけない

4・生理周期を無視せずに行う

5.結果で重視すべきは体重よりもサイズ

 

若々しくハリのあるボディを目指して、引き締めていきましょう。

 

基礎代謝と骨密度をキープさせるために

 

ずっとスリムな体型をキープしていた人でも40代に差し掛かると、急に余計な贅肉が付くように変わります。さらにダイエットでもうまく体重が落ちない悩みも抱え始めるものです。これは基礎代謝量が低下し、エネルギー代謝が減っていくことが原因。

 

基礎代謝量とは、生命維持だけで使われるエネルギー量のことです。活発なら太りにくく、低下すれば太りやすくなります。40代はこの基礎代謝量が一気に低下するので太りやすいのです。また同時期に骨の強さの目安になる骨密度も低下します。

 

40代は「体の内側も老けないダイエット」がマスト。つまり基礎代謝量と骨密度をキープすることが重要です。基礎代謝量増には筋肉量の増加が必要。また、骨密度は食事だけではなく、骨に刺激を与えることで増えます。

 

体内の若さをキープするダイエットのためには運動をすべきです。筋肉をつけながら骨に刺激を与えるには、有酸素運動と無酸素運動の組み合わせが必須です。とはいえ、本格的トレーニングが必要というわけでもありません。気軽なウォーキングと簡単なストレッチでも実現するので、毎日加えてきましょう。

 

参考URL

e-ヘルスネット

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/metabolic/ym-019.html

加齢とエネルギー代謝

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-02-004.html

骨粗鬆症予防のための運動 -骨に刺激が加わる運動を

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-05-001.html

 

食事制限だけのダイエットはもう危険

10代の成長期と40代から衰えていく時期とには共通項があります。それは数多くの栄養素を必要とすることです。10代は成長のためで、40代は現状維持のために欠かせなくなります。ですから40代の老けないダイエットのためには食事の見直しも欠かせません。

 

BMI30近いなど、食べ過ぎていた人ならともかく、大抵の食事制限のダイエットでは体重と同時に若さもすり減らします。見た目の美しさを支える髪や肌、爪は生命維持に使った栄養素の残りで再生されるので、食事制限が厳しくなりすぎると再生が難しくなるのです。

 

ダイエットの成功には食事が85%を占めるのは事実です。しかしそれはカロリーの問題ではなく、バランスよく必要な栄養素を充分に摂れるかです。太らないレベルでカロリーを摂り、必要な栄養素を完璧に摂ることが基本です。

 

糖質制限ダイエットは40代の老けないダイエットに役立ってくれます。若さを守り、ダイエットを成功させるルールは糖質をメニューの中心にしないことと他の栄養素の充実を図ることです。たんぱく質やビタミン類、ミネラル類を組み合わせ、メニューを組みましょう。

 

ボディケアも味方にすべし!

 

毎日のスキンケアは肌のコンディションを良く整え、トラブルを起こしにくく整えてくれます。これはボディも同じことです。40代の老けないダイエットにはこの基本も積極的に取り入れるべき。理由は肌をマッサージすることで、たるみを防ぐためにあります。

 

お風呂上がりにボディローションでケアし、同時にマッサージを加えましょう。フェイスラインのたるみを防ぐことと同じです。肌の乾燥を防ぎつつ、ハリをもたらし、引き締めることで、若々しい肌とボディラインに整えていけます。

 

足がむくみやすい悩みがあればボディケアをダイエットの味方にすべきです。心地いいマッサージはむくみにも効果があります。また運動を行った後ならさらに筋肉のコンディションも整えられるので、効果が倍増するのでおすすめです。

 

ボディケアの目的を肌の維持と引き締めに絞って行ってみましょう。使用する化粧品も好みの香りと使い心地でOKです。リラックス効果も得られますし、就寝前なら安眠効果も期待できます。たるみを寄せつけない目的以外も果たせるのがボディケアなのです。

 

生理周期は女性を守るためのカレンダー

女性の身体は女性ホルモンの変動で左右されます。これらの変動は生理周期として出てきて、月経期・卵胞期・排卵期・黄体期と分かれます。女性の場合はこの4つの時期にうまく合わせてダイエットを行う方法が健康のためにもおすすめです。

 

不調に陥りやすい排卵期や月経期はダイエットを軽くするか休止し、ダイエットの結果が出にくい黄体期はダイエットも現状維持で抑えます。卵胞期は最もダイエットに適していますし、結果も出やすい時期です。この卵胞期をうまく使いましょう。

 

40代で更年期を視野に入れるようになると、生理周期も乱れます。しかし身体のスケジュールを把握することは老けないダイエットにはプラスです。更年期を迎えるからこそ、女性ホルモンを自分から枯らさないダイエットのコントロールも学んでいきましょう。

 

不安があれば婦人科で相談し、適切なアドバイスを受けるべきです。意外と40代で太った原因が女性ホルモンということもあります。美しさと若さの基本は健康です。

 

 

 

サイズの数値は見た目を満足させてくれる

ボディラインを美しく見せるのはメリハリです。若々しさはくびれという形で現れていきます。むしろ体重は考えなくてもいいほどなのです。40代になればメリハリやくびれが経ていく時期になるので、特に注意しなければなりません。

 

メリハリやくびれは骨格に支えられる面もありますが、基本は筋肉です。特にウェストは付近と背筋のバランスでできあがっていますから、筋肉は不可欠だといえます。筋肉のコルセットを作り上げる感覚で鍛えておくことも40代の老けないダイエットの課題です。

 

ダイエットで結果を出すべきは体重の数値ではなく、サイズの数値と考えることが40代には必要になります。鏡で見てわかることを追求する方法なら、成功して結果も出せたのに老けたという悲しいことになりません。

 

なお女性はハードに鍛えてもムキムキになることが難しい身体です。これは女性ホルモンのエストロゲンが脂肪を蓄えるからです。筋肉は男性ホルモンが蓄えます。女性はエストロゲンが優位なのですから、ハードなマッチョになれないので安心して鍛えましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク