メイクの手抜きがモロバレ!40代の「年齢が出やすい」おばさん3大パーツ

平日の朝は、特別なことをせずとも、慌ただしさを感じやすい時間帯。

ですので、日々のメイクは「なるべく時短で!」が、ご自身なりの合言葉になっている女性も決して少なくないのではないでしょうか。

しかし、時短メイクの盲点のひとつに、手を抜きすぎて年齢がくっきり出てしまう点が挙げられます。

「時短でできるメイクが好きだけど、年齢は感じさせたくないわ」がポリシーな40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、どんなに時短メイクでも「ここだけは死守を!」と声を大にして言いたい、“盲点ながらも40代の年齢が出やすい”3大パーツに迫ります。

■知らなかったテクがある!「時短メイクのコツ」まとめは こちら

 

1:下まぶた(涙袋)

下まぶた、いわゆる“涙袋”付近は、年齢が出やすいスポットです。

ウィークディの時短メイクだと、上まぶたにはアイシャドウやアイライナーを使っても、下まぶたはおろそかになり「何もしないで終わり」というお声もチラホラ。

ところが、下まぶた付近のシワやたるみって、他人から見て意外と目立つポイントでもあります。

上まぶたのメイクを完璧にしたところで、下まぶたに“くすみ”や“くぼみ”を感じさせてしまえば、周りから「おばさんだなぁ」と思われていても、悲しいかな……文句は言えません。

細かいラメが入っているピンクやベージュのアイシャドウを涙袋にさっと塗っておくと、光が反射してふっくらハリのある下まぶたに見えやすく、“おば見え”回避の時短テクに!

 

2:頬

頬そのものがこけていたり頬の毛穴が目立ったりしてしまうと、一気に「おばさん!」な印象になってしまうので、実はここも、時短メイクであっても“みずみずしさ”を死守すべきパーツです。

年齢を重ねるごとに「頬がこけてきた」という女性は、明るめカラーのチークをで丸めに頬にオン。これだけでも、ふっくらと豊かな印象に見えやすいので、おば見えを手軽に回避できます。

ただし、過去の記事「スッピンより老け見え!? “おばさんっぽさ”を加速する40代の3大ダメダメチーク」でお話させていただいたように、縦長のチークや濃すぎる色みは老け見えを招くことがあるので、塗り方や色選びの“ちょっとしたコツ”は死守して。

また、頬の毛穴がぱっくり開いていると、こちらもおば見えを招く要素に。

疲れが溜まっていたり保湿が不十分だったりすると、40代女性の頬は毛穴が開きやすいだけに、そんな朝には毛穴専用下地を塗ってからベースを整えるなどの“ひと手間”を惜しまないで。このひと手間が、おば見えを回避できるコツでもあるのです。

 

3:口元

以前の私の記事「唇には年齢が出る!時短で“ぷるぷるリップ”を作る40代の潤いケア」でもお話しましたが、一般的に唇は、年齢が出やすいパーツと言われています。

ですので、どんなに時短メイクでも、手抜きすべきではないパーツの代表格。

ベースやアイメイク、眉毛を丁寧に仕上げたとしても、ここがおろそかになっていると「おばさん?」な印象になりやすいのです。

若い頃には多少口紅が落ちたくらいなら“みずみずしさ”が残っていた唇も、加齢とともにくすみや縦じわなど、“おばさんぽい”印象を醸し出す原因パーツに。

口紅は会話や食事のあと、自分で思っている以上に滲んだり落ちたりしやすいので、常にパーフェクトな口元を心がけるのも、“おば見え回避”には大切です。

鏡を見て口紅を塗り直せないタイミングでは、ティント系の色付きリップでふんわり色を加えておくと、手軽に“おば見え回避”を狙えます。

 

「時短メイクだと、ベースをBBで仕上げてアイシャドウをサッと塗って、眉を整えて完了!」という方もいらっしゃいますが、40代になったら“おば見え”しやすいパーツのフォローも死守が正解。

他のパーツには気を回していても、「ここにも年齢が出る」という盲点パーツに要注意です。

どんなに慌ただしい朝でも、年齢が現れやすいパーツは上手にカバーしつつ、時短メイクを楽しんでいきましょう。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

ナチュラルメイクの落とし穴! 塗るだけで「うっかり5歳オバ見え化」を招く口紅選びの3大ワナ

「うっかりオバサン見え!」は、どんなメイクにおいても、絶対に避けたいのが私たちの本音。しかし、ナチュラルメイクを心がけるにあたって「塗るだけでオバサン」になりやすい口紅もあるために、ここがちょっとした…

なんでもいいわけじゃない! 「3歳老け見え」を招く残念なチークの選び方3大ワナ

薄づきを意識してメイクをしていても、周囲から「あの人、厚化粧のオバサンって感じ!」などと思われてしまったら、すごく残念。他方、ナチュラルメイクブームが継続中だけに、デイリーメイクは「できる限り薄め」を…

男は辛辣! 20代なら可愛くとも40代だと「即座にオバ見え」な女性のNG3しぐさ

ちょっとした“しぐさ”のせいで、男性に「この女性は、かなりオバサンっぽいなぁ……」と思わせてしまうのは、婚活を意識している40代女性ほど避けたいもの。しかし時として、世間が40代女性に対して抱く感想は辛辣で、…

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワ…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事