40代のメイクはチークで変わる!年齢に合わせたチークの入れ方

チークを肌にのせた瞬間、「スッピンよりも、おばさん見えしてる……!?」。

せっかく意気揚々とメイクしたのに、こんな風にかえっておばさんっぽさが加速してしまったら、40代女性にとっては悲劇の仕上がりです。

「チークは、みずみずしい肌づくりに使ってこそのアイテム」と考えてやまない40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

実は、チークは「40代のイメージを大きく左右する」と言っても過言ではないほど、重要なパーツメイクでもあります。

そこで今回は、「スッピンより老け見え!」しかねない40代のダメダメ3大チークについてお話していきます。

 

■知らなかったテクがある!「時短メイクのコツ」まとめは こちら

 

ダメダメ1:縦長チーク

 

頬の形に沿って“縦長”なイメージでチークを入れてしまうと、顔全体が“縦”の印象になってしまうため、40代女性の老け見えを加速させることがあります。

40代ともなると、やや頬に“たるみ”や“こけた雰囲気”が生まれている女性も少なくないので、“縦長”に入れたチークの陰影によって“やつれ感”を醸し出してしまう引き金に。

せっかくチークを入れているのに、「なんかゲッソリしてない?」と思われやすいメイクになりやすいのです。

頬が“こけた”ような印象にならないよう、40代のチークは若い頃より少し丸めに入れるのがベターです。

 

ダメダメ2:濃いめのカラー

 

くすみが目立ってきたり顔色が悪かったりといったお悩みがあると、思わず“濃いめカラー”のチークに手が伸びてしまう女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、濃いめのカラーは陰影によって“こけた頬”をより際立たせやすい色みなので、血色を加えるつもりが「実はおばさん顔を加速……!」という事態も起こりやすいのです。

年齢とともに、おばさんっぽくならないチークの仕上がりは「ふんわり感」がキーワードに。

エイジングによって“こけた頬”が気になり始めている女性は、自然な血色がプラスされるよう、ツヤ感がある薄づきカラーを選んでみてください。

 

ダメダメ3:マットなオレンジチーク

 

ピンク系やローズ系のチークだと「ちょっと派手すぎるかも?」と思う女性のなかには、オレンジチークに頼る人も少なくないはずです。

しかし、40代の肌に乗せるオレンジチークは、肌のくすみが加速して見えることがあるデンジャラスカラーでもあるので気をつけて……!

特に“黄ぐすみ”が目立っている肌にオレンジのチークを加えてしまうと、馴染みすぎることからくすんだ印象をさらにくすませ、血色まで悪く見えることがあります。

くすみをフォローしながらオレンジチークを使うなら、細かいラメ感があるチークを選んで光でカバーするなど、ちょっとした工夫を取り入れてみてください。

 

チークは若々しい肌をつくるためのアイテムなのに、ちょっとしたミスのせいでおばさんっぽさが加速してしまったら、とてもショック!

馴染みすぎずに適度な血色を加えてくれるチークを味方につけることが、エイジングをフォローしながらみずみずしい肌を演出するコツにもなります。

40代になったらぜひ、チーク選びも顔の形に合わせたアップデートを心がけていきましょう。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

男が首をかしげる…40代女性がやりがち? 「彼の家のトイレ」での不可解な行動3選

親密な間柄になれば、相手や自分の自宅を行き来するのも自然です。そんなシチュエーションでも、“家のトイレ”は、ひとりでホッとできる「自分だけの空間」。しかしだからこそ、ちょっとした所作に本性が現れてしまう…

不意の体調不良に備える! 40代になったら揃えておきたい「美容救急箱」のスタメン3選

疲れが溜まりやすかったり、ちょっと体調が優れなかったりする日が若い頃と比べて増えるのは、40代ならお心当たりがあるかたも多いはず。派手に体調を崩さないまでも「今日は、美容に手間をかけずに一刻も早く休みた…

非常識なオバサン…? 「電車の中」で男がゲンメツする40代女性のNG振る舞い

先日は、タクシーで移動中に男にドン引きされがちな40代女性の傾向を「イチャつくよりもヤバいオバサン…!? タクシーで男が幻滅する40代独女の振る舞い」こちらの記事でご紹介しましたが、もうひとつ、デート中に意外…

イチャつくよりもヤバいオバサン…!? タクシーで男が幻滅する40代独女の振る舞い

デート中の移動などで、カップルでタクシーに乗る機会も少なくないのが40代。都会で働いている女性ほど「夜の移動は、もっぱらタクシー!」という人も、珍しくないかもしれません。ところが、そんなシチュエーション…

アノ笑い方も不評!「いい歳してぶりっ子?」とバカにされる40代オバサンの残念習慣

“ぶりっ子”なんてしているつもりはないのに、男性から「いい歳して、ぶりっ子しちゃって……」と思われるのは、40代女性にとって不名誉な評価。媚を売っている自覚がなくとも「俺に媚びてる?」などと要らぬ誤解まで与…

気を抜いて大失敗…! 男が嫌悪感を示す40代女性にありがちな「表情」3大NG

「いい子なんだけど、ふとした瞬間に見せる表情が苦手でさ……」などと、女性を評する男性も珍しくありません。40代ともなると、顔に“生き様”が出ると言われる機会も多いだけに、男性が嫌悪感を示す表情をするのは、で…

サンダルシーズンが終わっても男ウケ最悪な40代女性の「足の爪」3例

先日、こちらの記事では『フレンチネイルでも不評に…!? 男ウケ最悪な40代女性の「爪」3大NG』で、男ウケ目線で不評なネイルの特徴をご紹介しましたが、“爪”と言えばもうひとつ、忘れてはならないのが“足の爪”。深い…

乾燥に負けない肌は時短で育む! 私の40代的「うるおい肌」養成術

このところ急激に湿度が下がってきていて、いよいよ本格的に乾燥対策を意識したいタイミングとなりました。40代ともなると、ただでさえ若い頃と比較して「肌がカサつく」「うるおいが足りていない感じ」などと感じる…

うっかり婚活に失敗…! やりがちだけど「男ウケ最悪」な40代のアイメイク3選

婚活を心がけているときには「モテメイク」にも、敏感になりがち。普段よりも、“男ウケ”を意識したメイクに注力する40代女性も少なくありません。しかし、せっかくモテを狙って仕上げたメイクが「実は、逆効果になっ…

フレンチネイルでも不評に…!? 男ウケ最悪な40代女性の「爪」3大NG

婚活を意識しているタイミングではなくとも、職場や取引先の異性から「ダメなオバサンっぽいなぁ」なんて思われるのは、できるだけ避けたいところ。男性から「これはなしだろ」と思われやすい代表格としては、真っ先…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事