40代のメイクはチークで変わる!年齢に合わせたチークの入れ方

チークを肌にのせた瞬間、「スッピンよりも、おばさん見えしてる……!?」。

せっかく意気揚々とメイクしたのに、こんな風にかえっておばさんっぽさが加速してしまったら、40代女性にとっては悲劇の仕上がりです。

「チークは、みずみずしい肌づくりに使ってこそのアイテム」と考えてやまない40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

実は、チークは「40代のイメージを大きく左右する」と言っても過言ではないほど、重要なパーツメイクでもあります。

そこで今回は、「スッピンより老け見え!」しかねない40代のダメダメ3大チークについてお話していきます。

 

■知らなかったテクがある!「時短メイクのコツ」まとめは こちら

 

ダメダメ1:縦長チーク

 

頬の形に沿って“縦長”なイメージでチークを入れてしまうと、顔全体が“縦”の印象になってしまうため、40代女性の老け見えを加速させることがあります。

40代ともなると、やや頬に“たるみ”や“こけた雰囲気”が生まれている女性も少なくないので、“縦長”に入れたチークの陰影によって“やつれ感”を醸し出してしまう引き金に。

せっかくチークを入れているのに、「なんかゲッソリしてない?」と思われやすいメイクになりやすいのです。

頬が“こけた”ような印象にならないよう、40代のチークは若い頃より少し丸めに入れるのがベターです。

 

ダメダメ2:濃いめのカラー

 

くすみが目立ってきたり顔色が悪かったりといったお悩みがあると、思わず“濃いめカラー”のチークに手が伸びてしまう女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、濃いめのカラーは陰影によって“こけた頬”をより際立たせやすい色みなので、血色を加えるつもりが「実はおばさん顔を加速……!」という事態も起こりやすいのです。

年齢とともに、おばさんっぽくならないチークの仕上がりは「ふんわり感」がキーワードに。

エイジングによって“こけた頬”が気になり始めている女性は、自然な血色がプラスされるよう、ツヤ感がある薄づきカラーを選んでみてください。

 

ダメダメ3:マットなオレンジチーク

 

ピンク系やローズ系のチークだと「ちょっと派手すぎるかも?」と思う女性のなかには、オレンジチークに頼る人も少なくないはずです。

しかし、40代の肌に乗せるオレンジチークは、肌のくすみが加速して見えることがあるデンジャラスカラーでもあるので気をつけて……!

特に“黄ぐすみ”が目立っている肌にオレンジのチークを加えてしまうと、馴染みすぎることからくすんだ印象をさらにくすませ、血色まで悪く見えることがあります。

くすみをフォローしながらオレンジチークを使うなら、細かいラメ感があるチークを選んで光でカバーするなど、ちょっとした工夫を取り入れてみてください。

 

チークは若々しい肌をつくるためのアイテムなのに、ちょっとしたミスのせいでおばさんっぽさが加速してしまったら、とてもショック!

馴染みすぎずに適度な血色を加えてくれるチークを味方につけることが、エイジングをフォローしながらみずみずしい肌を演出するコツにもなります。

40代になったらぜひ、チーク選びも顔の形に合わせたアップデートを心がけていきましょう。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも…

20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケ…

そのアピールいりません! 男が「聞き捨てならない」と嫌悪感を抱く話題3パターン

出会いの場において「私って、こんな人です」をさりげなくアピールするのは、自己PRの観点からはとても重要な心がけ。しかしこの手のアピールは、“やりすぎ”、“あからさますぎ”になった時点で、男性からは嫌悪感を抱…

悪評がここから立つ…!? 後輩女性に不評な40代女性の「金遣い」3選

「彼女になる女性は、後輩女性からも慕われているような性格の人がいい」「結婚を考えたときには、世代を問わずに好かれる女性が好ましいよな」こんなふうに考える男性も少なくなく、“身近な年下女性”からどう思われ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事