40代は脱・厚塗り!ファンデーションのやりがち3大NGと正解は

ひと昔前は「色白=美人」のように言われていましたが、最近は色白よりも健康的に見せるメイクの方が主流です。年齢を重ねるとくすみやシミを隠したくてつい厚塗りになりがちですが、それじゃおばさんメイク一直線!

そこで今回は、首から浮いて見えないベースメイクテクニックをご紹介します。

 

1:ファンデーションの色は肌に溶け込む色を選ぶ

 

ファンデーションを買う時、店頭で肌の上に2〜3色を乗せて、肌に合う色を選ぶと思いますが、肌に乗せた時に肌に溶け込むように消える色、そして首の色との差が目立たない色を選ぶことが大ポイントです。

顔と首は日焼けの度合いが異なる場合があり、顔だけを基準にしてしまうと首の色と差がはっきりしてしまい、首から浮いて見えてしまいます。また、首はあごの影になり実際よりも暗く見える場所ですので、ファンデーション選びの時は首から浮いていないかどうかも、しっかりチェックしましょう。

 

2:カバーしたいからと言って、厚塗りしない

 

年々気になるくすみやシミ。カバーしたい一心でファンデーションを顔全体に重ね塗りしたくなる気持ちは分かりますが、何度も重ね塗りしてしまうと、シミは隠せてもシワにファンデーションが入り込み、シワっぽさが目立ってしまいます。

カバーしたい部分がある人は、ファンデーションを少しだけ取り、カバーしたい部分だけ重ね塗りをするようにしましょう。

 

3:ファンデーションを顔全体に塗らない

 

「ファンデーションを均一に塗りましょう」とお伝えするとフェイスラインの端まできっちりファンデーションを塗る人がいますが、顔の輪郭はもともと影になっている場所。暗くなっている場所にファンデーションで明るくしてしまうと輪郭が強調され、顔が大きく見えてしまいます。

ファンデーションを塗る時は、頬の部分(顔の中心部分)にファンデーションを乗せ、それをフェイスラインに向かって伸ばしてきます。大きなトラブルがある人以外はフェイスラインにはファンデーションが付いているかどうか分からないくらいの薄さで塗ってOK。フェイスラインのファンデーションの量をえらすことで自然な立体感が出ます。

 

4:フェイスパウダーをつけ過ぎない

 

 

メイクの仕上げに欠かせないフェイスパウダーですが、必要以上に乗せてしまうと粉っぽく、ツヤ感のない肌になってしまいます。お肌が乾燥すると粉っぽくなると思いますが、フェイスパウダーを多くつけすぎるとパサついているように見えて、お肌にうるおい感がなく老けた印象に。

フェイスパウダーを乗せた後は、フィニッシュブラシと呼ばれる大きめのブラシで不要なパウダーを落とすことをお忘れなく。そしてメイクが完成した最後に、両手で顔全体を包み込みメイクを落ち着かせると、粉っぽさが解消されます。

 

明るすぎるファンデーションは実は肌の欠点を目立たせてしまいます。次回ファンデーションを購入する際、今回のアドバイスを参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

CAに学ぶ!「好感度」がグンと上がる3大モテ色メイク&モテ笑顔のコツ

こんにちは。今年もオトナサローネ読者の「モテ力」アップのお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。さて、バランスが悪いほうに傾きつつある…

GUで高見えアイテム発見!この冬ヘビロテな「小物系」4選

GUやユニクロなどのファストファッションブランドは、今やコーディネートには欠かせない定番ブランドですね。クローゼットを眺めてみると半数以上がファストファッションアイテム、なんて人も多いのではないでしょう…

40代「オバ髪」ケアに救世主?発売即完売、店に行列ができたシャンプーとは

40代になるといろいろと美容の悩みが増えますが、一番気をつけたいのが髪。フェイシャルは毎日気を配っているけど髪はつい後回し……その間にも髪のエイジングは進んでいます。仕事に家事に忙しい人ほど毎日のシャンプ…

[PR]

ひそかに「オバサンくさい」とささやかれかねない赤リップの悲劇

毎シーズンメイクトレンドが発表され、ここ2~3年は「赤リップ」が流行っていますね。商品を手に取った瞬間「可愛い~」とテンションが上がるものの、40代になると赤リップの使い方を間違えると、一気にババくさい顔…

これも使える!ZARAのニットスカートの着回し力が高いワケ

3か月目を迎えた「ザラコ」企画。ザラは価格が手ごろなのにトレンド感満載のアイテムが豊富なので、旬なアイテムを身につけてオシャレに見られたい人にとって必須ブランドですね。でも、デザインが凝っていると何と…

ZARAならトレンドアイテムでもここまで着回せる!神3アイテム

「40代美容家がガチでZARAだけ着回して毎日コーデを紹介する」通称ザラコ企画。9月からスタートし、11月にはボトムスを中心とした6着を投入しつつ着回しました。最近特に活躍しているアイテムをご紹介したいと思いま…

11月はZARAで何買った?「使えすぎる6アイテム」まとめて紹介!

秋、9月にスタートした「ザラコ」企画。いよいよ3か月目に突入しました!つい無地のアイテムを買ってしまい、つい同じようなコーディネートをしてしまう「ムジコ」だった私が、ZARAでコーディネートを考慮して買い物…

これぞ進化系!ますます簡単に描けちゃうアイブロウパウダー3選

メイクのお悩みでダントツに多いのが「眉がうまく描けない」というご相談。確かに色選びや形など気をつけるべきポイントがたくさんあって困ってしまうと思いますが、眉が上手く描けない人はアイテムにこだわってみて…

顔色がぱっと華やぐ!40代なら押さえておきたいリップメイク3つのコツ

年を重ねる毎に難しく感じる口紅選び。顔を華やかに見せたいと派手な色を選んでみたものなんとなくしっくり来ない……そんな経験はありませんか?顔色が悪く見えたくないけど、一体何色を選べば良いの?という方のため…

40代こそマスカラを雑につけちゃダメ!まつ毛メイク見落としがちな3ポイント

マスカラは付いていればいいでしょ……とパパッと仕上げている人はいませんか?顔全体のバランスで言えば確かに小さなパーツですが、実はマスカラはぼやっとした目もとの印象をパッと華やかに見せる重要ポイントです。…

ZARAで買うべきは「ちょいトレンド」!買って良かったザラアイテムまとめ

9月から続けている「ザラコ」企画。いよいよ10月の最終週になりました。読者の方から「毎回参考にしてます」「記事を見てザラに買い物に行きました」と嬉しいお声をいただき、嬉しい限りです。今回は10月第4週、後半…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事