台湾「ひとり飯」ならココ!台北っ子に人気のグルメスポット3選

台北、人気ですよね~。食べ物がおいしい、近いし、LCCがばんばん飛んでいてリーズナブルに行けるなど、人気の要因はさまざまですが、筆者が足しげく台湾に通ういちばんの理由は「ひとりご飯」が充実していること!

前回は航空券手配のアイデアについてご紹介しましたが、今回はひとり「ご飯スポット」をご紹介しましょう。まだまだ台北初心者の筆者ですが、次回行ったときもぜひリピートしたいと思っている3軒です。

 

1000円でお腹いっぱいになれる、ひとり鍋サイコー!

百花繚乱の鍋料理が楽しめる台湾ではひとり鍋も充実しています。「天喜迷你火鍋」もそのひとつ。ひとり鍋に特化した店で、後で調べたところ、ひとり鍋が楽しめる店の老舗ともいえる存在らしいです。写真がしょぼくてすみません。ふらふらカメラを持たずに、両替&足マッサージに行った帰りに飛び込みで入った店ですが、なかなかのヒットでした。

こちらのお店はカウンター席オンリー。複数で来ようと一人一鍋のスタイル。心強いっす! 筆者が行ったのは、平日の20時頃でしたが、カップルや友人同士で来店している人が8割ほど。残り2割は一人客でした。30~40代の女性もいましたよ。

ランチョンマット的な役割を果たしている紙がメニューになっているので指さし注文可能です。まずは好きな鍋1セット(220元~)をオーダー。この「基本セット」に、好きな具材をお好みで追加オーダーしていくシステム