台湾「ひとり飯」ならココ!台北っ子に人気のグルメスポット3選

台北、人気ですよね~。食べ物がおいしい、近いし、LCCがばんばん飛んでいてリーズナブルに行けるなど、人気の要因はさまざまですが、筆者が足しげく台湾に通ういちばんの理由は「ひとりご飯」が充実していること!

前回は航空券手配のアイデアについてご紹介しましたが、今回はひとり「ご飯スポット」をご紹介しましょう。まだまだ台北初心者の筆者ですが、次回行ったときもぜひリピートしたいと思っている3軒です。

 

1000円でお腹いっぱいになれる、ひとり鍋サイコー!

百花繚乱の鍋料理が楽しめる台湾ではひとり鍋も充実しています。「天喜迷你火鍋」もそのひとつ。ひとり鍋に特化した店で、後で調べたところ、ひとり鍋が楽しめる店の老舗ともいえる存在らしいです。写真がしょぼくてすみません。ふらふらカメラを持たずに、両替&足マッサージに行った帰りに飛び込みで入った店ですが、なかなかのヒットでした。

こちらのお店はカウンター席オンリー。複数で来ようと一人一鍋のスタイル。心強いっす! 筆者が行ったのは、平日の20時頃でしたが、カップルや友人同士で来店している人が8割ほど。残り2割は一人客でした。30~40代の女性もいましたよ。

ランチョンマット的な役割を果たしている紙がメニューになっているので指さし注文可能です。まずは好きな鍋1セット(220元~)をオーダー。この「基本セット」に、好きな具材をお好みで追加オーダーしていくシステムです。メニューが多く非常に迷ったのですが、オーソドックスに、メニューのいちばん上に書かれている「石頭火鍋」を牛肉で注文しました。

写真ではわかりにくいと思いますが、これがボリュームたっぷり。追加オーダーで、あれも食べよう、これも注文しようと気合いを入れていましたが、最初の1セットで充分お腹いっぱいに。無念(笑)。

それにしても、誰にも気兼ねせず、自由に鍋を楽しめるってサイコー! ひとり万歳!

調味料は自分で調合するのが台北スタイル

ちなみに土曜日18時頃、店の前を通ったときは行列ができていました。ま、わかります。おいしいし、安いし。迪化街(徒歩10分くらい)や中山駅(徒歩15分くらい)からも歩ける場所にあり、立地も最高です!

天喜迷你火鍋(ティエンシーミーニーホウゴウ)
住所:台北市南京西路306号
営業時間:11:00~23:00

地元の人が愛してやまない「黄記魯肉飯」はやっぱりうまし!

地元の人でにぎわう「魯肉飯(ルーローファン)」の人気店。泊まっていたホテルが近かったこともあり、足を運んでみました。筆者が行ったのは日曜の13時すぎ。ひっきりなしに人が行き来していましたが、回転が早いのですぐに席に着くことができました。店の外では持ち帰り用の販売を行っていますが、そちらも大人気。常に誰か待っている状態です。

じつはこちらのお店、魯肉飯(大40元、小30元)だけでなく、鶏肉ごはんの「鶏肉絲飯(ジロースーファン)」(大45元、小35元)も人気のようです。周囲をきょろきょろ見回していたら、6:4で、「鶏肉絲飯」を頼んでいる人のほうが多かった印象。この前の日も別の店で「魯肉飯」食べたしな~と、今回は「鶏肉絲飯」(小)をオーダー。さらに、地元のみなさんの真似をして煮玉子「滷蛋(ルーダン)」(10元)をつけ、「魯白菜(ルーバイツァイ)」(40元)を食べたのですが、この「魯白菜」がかなりのヒット。白菜の煮物ですが、とろとろに煮込まれた白菜がおいしいの、なんの。やさしい味わいに気持ちも温まります。

もちろん、「鶏肉絲飯」もおいしかったですよ。鶏の出汁がごはんにしみ込んでいるんです。結論。ま、何を食べてもおいしいと思います、ここは(筆者感覚調べ)。まずは「魯肉飯」にトライしないとですが、いつかメニュー全制覇、してみたいです。ひとりだとかなり時間がかかりそうだけど(笑)。

黄記魯肉飯
住所:台北市中山區中山北路二段183巷28号
営業時間:11:30~22:00頃
定休日:月曜日

「戴記福建涼麵」で台湾人のソウルフード、涼麺を食す

台湾風冷やし中華の「涼麺(リャンメン)」。朝食に食べる人もいれば、飲んだ後の締めで食べる人もいる、台湾人のソウルフードのひとつといっていいでしょう。具材もいたってシンプル(きゅうりだけ、というケースがほとんど)ですが、シンプルだけに各店の個性が出やすいのも特徴です。

今回は、朝ごはんをいただきに、老舗&人気店「戴記福建涼麵」に出かけてみました。

麺類だけでもメニューは複数ありましたが、この日オーダーしたのはもっともオーソドックスな、麻醬涼麺(小45元)。中太麺にゴマだれ(麻醬)をかけていただくというもので、辛さも選べます(お店のひとが「辛くする?」と聞いてくれます)。

一口食べて、まずはタレの濃厚さにびっくり。でもこの濃厚さが、いい意味で粉っぽさを感じる麺によく合うのです。小サイズでもけっこうなボリュームですが、するするいただいてしまいました。食欲がないときにもおすすめです。涼麺と一口にいっても、店によって個性が異なりますが、こちらの涼麺はなんだか素朴な感じ。

ちなみに、地元の人は涼麺と一緒にスープをオーダーするのが一般的。こちらのお店にも複数のスープ類がありました。クリアなスープが、麺のタレの濃厚さと中和していい感じです。

なお載記福建涼麺があるエリアは、カフェやブティックなどが立ち並ぶおしゃれスポット。散策の合間のランチにいかがでしょう。また、松山空港から近い(チェックイン後にタクシーを飛ばせる距離)ので、日本に帰る前に最後に一杯、という使い方もできます。

載記福建涼麺
住所:台北市富錦街427号
営業時間:7:30~20:00
定休日:日曜日

※データは取材時(2017年9月)のもの

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

めんつゆにモッツァレラを漬けると驚きの味に!

「モッツアレラチーズをめんつゆに漬けると美味しいらしいよ」と聞きました。何それおいしそう! とりあえず漬けてみたところ、1・モッツァレラを買ってくる 2・めんつ…

なにげヘルシー! 「サッポロ一番塩」包丁いらないズボラレシピ4つ

みなさん、袋めんは何がいちばんお好きですか?最近、カップ焼きそばは地域ごとに売れ筋がまったく違うことが知られるようになりました。北海道はやきそば弁当、東日本はペ…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

コンビニで全部手に入る!オススメワインと5分でできるちょい足しレシピ

最近、コンビニのワインコーナーが充実してきました。ワインが身近になっている証拠ですね。でも、コンビニに売っているワインって美味しいの?悪酔いしそう、、、。と不安…

台北ローカルが行列してでも食べたい!話題の「台湾素食」まずはこの店へ

ちょっと仕事がひと段落ついたとき、ふと思い立って行ける海外、それが台湾。ひとりで台湾行ってみたいけど、お決まり小籠包と足マッサージだけじゃなくてちょっと違ったプ…

牡蠣を食べる人なら知っておきたいたった1つのこと

突然ですが、大手町ってご利用になりますか?世界に名だたるビジネス街・大手町の、サンケイプラザ前に突然白いテントが登場。何だこれはと思ったら……牡蠣小屋!4月7日まで…

おひとりさま旅歓迎!金曜夜から1泊できる箱根・熱海・軽井沢の温泉

温泉に行きたい。一人で静かに湯船につかってぼーっとしたい。いま、オフィスからそのまま行きたい。でも、温泉旅館は夕飯の時間に間に合わない……。と思っていたら、実は「…

【マンガエッセイ】迷わず購入!台湾の調味料”鵝油金葱”!

前回の続きです、前のお話は→こちらそれはおフランスとの融合!?日本ではあまり馴染みのない”ガチョウ料理”だけど、台湾では結構街にお店がある。読んで字のごとく漢字一…

ドン・ペリニヨンかき氷登場!いつもとは違う「大人のかき氷」に注目が集まっています

夏真っ盛り! かき氷がおいしいシーズンです。 個性的なかき氷、フォトジェニックなかき氷、多々ありますが、大人ですもの。大人ならではのかき氷で、ほろ酔いになってみません?「ドン・ペリニヨン」使用。究極の…

特別な1日を始めるなら。おひとりさまとっておきの朝食スポット3選

充実した朝の時間が過ごせると、その1日幸せな気分でいられたりするものです。素敵な朝ごはんは、ひときわ特別な1日を演出してくれるはず。 大枚をはたかなくても心ときめく、「日常」の延長で楽しめる、でもちゃー…

常備したい!自宅でひとりでサクっといただける、イケてるレトルト3選

料理はしたくない。でも外食も面倒くさ~い。帰りが遅くなった日の夕食や休日の昼食など、手間をかけず、さくっと、でもおいしく食事をしたい──という時、ありますよね。外に出るのが億劫になるほどの猛暑の夏、いつ…

ビアガーデンもヘルシー&おしゃれ!大人の女性が行きたいのはココ

夏の風物詩といえば、やっぱり「ビアガーデン」。少し暑さがやわらいだ、仕事帰りの一杯、堪えられません。そして、夏本番を迎えた今、街は個性的な「ビアガーデン」であふれています。でも、大人ですもの、女性です…

涼を届ける。オトナが喜ぶハイクラスな夏の手土産3選

友人の家をたずねたときなどセンスのある手土産を持参できると、ちょっとオンナの株、上がるような気がしません? でも、夏の手土産ってなにげに難易度高し。でもね、ちゃーんとあるんです。夏のわくわくした気分を…

この夏はSNS映えするひんやりスイーツで乗り切って!

いきなり暑さが本格化。今年も夏の到来です。ポップで、かわいいひんやりスイーツで、夏気分をもっと盛り上げましょ。パステルカラーがキュートな「乙女パフェ!」に夢中表参道の「エンポリオ アルマーニ カフェ」で…

「飲んで美しくなる」アボカド&ケール。オトナのヘルシー飲みもの2選

お得に気になるアイテムを試すことができるポップアップショップ。これ、利用しない手はありません。今週は原宿・表参道エリアに、ヘルシー志向の女性はマストゴーな2軒のポップアップショップがオープン。仕事や買…

おしゃれカクテル好きがトキメく飲み放題。絶景夜景と「アペロ」に注目!

「アペロ」ってご存知ですか? こちら、「アペリティフ(食前酒)」を略した言葉で、小さなおつまみと一緒に軽くお酒をいただくスタイルのこと。フランスをはじめ、ヨーロッパでは、本格的なディナーの前に「アペロ…

雨の日だからこそ楽しめる⁉2018年梅雨のお出かけスポット3選

地球にとって雨は必要なものだし、日本には梅雨があることはわかってる! でも雨の日が続くとやっぱり憂鬱なものだったりします。そんな雨の日が楽しくなるような、サービスやアイテム、探してみました。「ニューヨ…

6月オープン!有楽町&自由が丘「わざわざ行きたい」最新東京ヘルシーカフェ

ヘルシーカフェ業界(と言うのか?)は、引き続き賑わっています。6月も気になるカフェがリニューアル&グランドオープン。ヘルシーカフェ、最新情報をお届けします。「タニタカフェ」が有楽町に都内1号店をオープ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事