乾かし方の順番を変えるだけで「40代ぺたんこヘア」もふんわり!

髪のうねりやボリューム不足など悩みがつきない40代。頭皮マッサージや保湿など、髪のエイジングケアも大切ですが、髪の乾かし方を見直すだけでも美髪に近づくんです。

髪を洗ったら自然乾燥という人もいますが、髪が傷むだけでなく頭皮が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

また、うねりや毛先のハネもつきやすくなるので、面倒と思わずドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

夜、これだけやっておけば朝のスタイリングがラクになるコツをZACCで教わってきました。

ドライヤー前のタオルドライについてはこちらをチェック!

 

乾かす順番は前髪→根元→毛先が基本

 

スーパー銭湯などで髪の乾かし方を見ていると、下を向いてえり足からドライヤーをあてる人、いきなり前(顔側)からあてる人、髪をわしゃわしゃと動かし乾かしている人などさまざまです。

40年も生きてきたわけですから、シャンプーや髪の乾かし方はルーティンワークとして体にしみついていますよね。自分流があるので、今からやり方を変えるのは難しいかもしれませんが、まずは順番から見直してみませんか。

根元から乾かすというのはなんとなく頭にあると思いますが、まずは前髪から着手。

タオルドライをした後、時間をちょっと空けただけでも前髪は乾いてきてしまいます。横に流していたり、タオルで髪を包んでいたりするとヘンなクセがついたままに。パックリと割れる、浮いてしまう原因はココにあるのです。

ドライヤーをあてる前に前髪が乾いていたら、ラッキーと思わずに水で根元を濡らしてください。きれいな毛流れをつくるための重要なポイントなんです。乾かすときは指の腹で根元をこするようにして動かし、ドライヤーを根元の上からあてます。流したい方向とは逆に向けてから、流したい方向へ乾かすとふんわりと整います。

 

ちなみに、寝グセを直そうとハネている毛先やうねっているところを濡らす人がいますが、それでは修正できません。クセは根元からはじまっているので、根元を濡らすことが大切です。

 

ボリュームが欲しいところをピンポイントで狙う

 

髪にハリやコシがなくなりはじめている40代。やはり欲しいのは髪のボリュームですよね。ふんわりと仕上げるためには、根元を起こすことがポイントです。

 

髪を乾かす順番は前髪→根元→毛先とお伝えしましたが、根元でいえば、ボリュームが欲しいところを先に処理してしまいましょう。

つむじ付近のトップは髪を持ち上げて根元を起こします。表面は色々な方向に向けてかまわないので、左右へ髪を分けながら根元を乾かしていきます。さらに分け目は気にせずに適当に毛束をつかみ、ドライヤーの温風を下からあてます。一カ所に熱が集中しないよう、小さく左右に振り、3~5秒を目安に温風をあてます。

 

ドライヤーは根元を狙って下からあてる。毛先に温風があたらないよう注意。

重要なのは、温風をあててから! すぐに髪をおろさずに熱が冷めてから手をはなしてください。なぜかというと、髪は熱が冷めるときに形が決まるからです。

 

ペタンとしがちな側頭部も同じです。根元を起こして下から温風をあてたら熱が冷めるのを待って髪をおろします。

顔を左右に傾けて下から温風をあててもOK。

 

このひと手間で自然なボリュームが手に入ります。

 

根元より頭皮を乾かす気持ちで

 

ドライヤーが根元を狙っていても、髪の表面部分だけになっていませんか?

頭皮を乾かす気持ちで、手ぐしを入れて内側まで温風を届けましょう。髪をめくっていくと内側の根元までしっかりと乾かすことができます。

ドライヤーを大きく左右に振る人もいますが、風が分散してしまい乾きが遅くなるので、小刻みにゆらす程度に。風があちこちにいくと、毛流れもあちこち向いてしまうので、ドライヤーを振りすぎないこと。

 

髪の内側、頭皮を乾かす気持ちで根元に温風をあてましょう。手ぐしを入れて髪のくっつきをはなすのもポイント。

 

髪を少しずつめくるようにすると内側の根元もしっかりと乾かすことができます。

 

特にえり足は水分がたまりやすい場所なので、入念に行ってください。乾いたと思っても意外と内側が湿っているので、手を入れてチェックしながら行って。内側が湿っていると、クセが出たり、膨張してくるのでまとまりが悪くなってしまいます。

頭皮と根元が乾いたら洗い流さないトリートメントを髪の中間から毛先になじませます。

 

上から下へ、後ろから前へ

 

根元が乾いたら中間から毛先を乾かしていきます。

内側から手ぐしを入れて毛先を内側へ自然に入れ込みます。このとき、軽く引っ張ると少しのクセならのびます。

重要なのはドライヤーの動き。同じ場所にとどめておかず、手ぐしの動きとあわせて、上から下へ動かします

髪を覆っているキューティクルは毛先に向かって重なり合っています。下から風をあててしまうとめくれ上がってしまうので、ドライヤーの温風は上からあてましょう。髪の毛に対して平行ぎみにあててあげるとキューティクルが整い、ツヤ髪に。

丸みのあるシルエットを目指すためには、後ろから前へ髪を流すように乾かすのもポイントです。

 

手ぐしの動きにあわせてドライヤーも上から下へ。熱が一カ所に集中しないよう気をつけて。

 

後ろから前へ流すとキレイにまとまる。

 

仕上げに毛束をまとめてねじり、温風をあてるとさらにまとまりがよくなります。

毛束をざっくりとまとめ、内側に軽くねじります。温風を3~5秒くらいあて、熱が冷めるのを待って手をはなします。

 

強いクセがない人なら、手ぐしだけでもつるんとまとまりのあるスタイルに。

寝る前にここまでできていれば、朝の支度もラクになる。

 

ポイントをまとめると…

●前髪→根元→毛先の順番を守る

●ドライヤーをあてる向きは上から下、後ろから前

●髪が濡れているときに形を決める

●熱が冷めるときに形づくので慌てない

●ドライヤーを大きく振らない

●でも熱は1点に集中させない

 

ブラシがなくてもできるので、夜のシャンプー後だけでなく、ジムや日帰り温泉でも役立つ方法です。

ちょっとしたコツを頭に入れて、実践してみてください。

 

教えてくれた人

ZACC 近藤未来さん

女優やモデルがこぞって通う東京・青山にあるサロン。オリジナルのヘアケア剤も人気です。

 

 

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできな…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

40代の「きちんと美くるりんぱ」、100均のアレで5秒でできます!

40代は、若い子のようなゆるふわアレンジがとたんにオバサンのボサボサ髪に見えてしまいます。だからといってタイトにひっつめれば、よけいにオバサン見え。また、こう雨の…

40代は「毛先だけパーマ」で若見え!ボブ・セミロング・ショート、2019夏ヘアスタイル4選

髪に元気がない、ボリュームが減ってきた、髪がうねってまとまらない。30代後半から徐々に感じはじめる髪の変化。老け見えする要因でもあるぺたんこ髪問題は、40代女性にとって大きなテーマです。問題解決には日々の…

白髪のセルフカバーは、染めるのではなくアレを使って!5つの白髪ケア法

いくつかの白髪に関する意識調査をチェックしたところ、白髪染めをやめるタイミングは65才前後という結果が。60代半ばになればあきらめがつくのか、面倒になるのかは44才の私には未知の世界ですが、たしかに60代まで…

「白髪を抜くと増える」?髪と頭皮5つのウソとホント

テレビや雑誌に加え、インターネットの普及により情報があふれる時代。子どものころから考えると情報量が全く違いますよね。どの情報を信じていいのか、受け取る側のスキルが試される時代です。口コミや知人からの情…

前髪悩みに「シースルー前髪」!40代でも痛くないおススメ8選

美容室に行くと悩むのが前髪です。顔の印象を決めるパーツなので、いつもと変えるだけでも勇気がいるのにトレンドを取り入れるとなるとハードルは高め。特におでこが透けて見える「シースルーバング」は若づくりに見…

ベタベタおばさん髪脱出!ヘアオイル、バームの使い方の正解は?オススメ商品は?

つくり込みすぎない、抜けのあるヘアがトレンド。そんな今っぽいナチュラルな束感づくりに欠かせないのがヘアオイルとバームです。ボディの保湿にも使えるものが多く、髪が肌についても安心という点も人気の理由。ウ…

その紫外線、白髪や薄毛の原因かも!? 4月からは「守りケア」が大切

桜の便りははやかったのに、4月に入り寒さが戻ってきましたね。天候がくるくると変わり不安定な4月は、肌も荒れやすい時期。ということは、頭皮もトラブルが起きやすい季節です。気温の上昇で頭皮も汗をかきやすくな…

使うのはマジックカーラーのみ!前髪や生え際の「ぺたんこゾーン」をふんわり仕上げる3つのコツ

髪に元気がなくなってくるとペタンとしたトップがついつい気になり、前髪や生え際ゾーンは忘れがち。まだまだはっきり薄い!と感じる年齢ではありませんが、ペタンとしやすくなりさみしい印象に。顔まわりはパッと目…

この春40代にショート&ボブが人気!若見えヘアトップ3

重いコートを脱ぎ、薄着になると身も心も軽やかに。年を重ねても春はなぜだかウキウキしてしまいます。そんなウキウキ感にあわせて髪型も春仕様にチェンジしませんか? 40代のぺたんこ髪でもふんわり見えるショート…

暗髪でもおしゃれに見える!簡単「ひとつ結び」で3変化

白髪をしっかりと染めるとどうしても髪色は暗くなります。また、若づくりになりそうと髪色を落ち着かせる人も増えてくる40代。地味に見えがちな暗髪でひとつ結びにしたらオバさん指数が上がってしまいそうですが、ち…

もう失敗しない!「白髪染め」色選びは肌タイプより〇〇が重要だった

白髪染めはカラーバリエーションが少ない、暗い色に仕上がってしまうというのは昔の話。今は薬剤の進化でトレンドカラーも取り入れられるようになりました。また、カラーの手法もさまざまなので、白髪まじりでも色遊…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事