プロ直伝!髪を短時間で乾かす「お風呂のあがり方」2つのコツ

突然ですが、みなさんは髪を乾かすのにどれくらいの時間をかけていますか?

私はミディアムヘアで、毛量が多いため10分~15分はかかります。

夏は暑く、乾かしているそばから汗で根元がまた濡れるといういたちごっこ(笑)。冬も体が冷えてしまうんですよね。近所の大型スパ施設にたまに行くのですが、人一倍時間がかかっているのではないかとドライヤー待ちの人のことを考えて焦ってしまいます。

ということで、今回は髪を早く乾かすためのコツを美容室・ZACCで教わってきました。

 

 

タオルドライの前段階が重要だった!

 

お肌と同じように髪も素早いケアが大切です。髪が濡れたままだとキューティクルが開きっぱなしでダメージを受けてしまうからです。髪がパサつく、ツヤがないと感じるのはキューティクルがはがれてしまっているから。とにかく早く乾かすことを目指したいのですが、早く乾かそうとタオルでゴシゴシと水分をふき取るのはキューティクルが傷ついてしまうのでもちろんNGです。

 

ZACCの近藤さんによると、お風呂をあがるときのひと手間が大切とのこと。

「私も温泉施設に行くことがありますが、そこで驚くのは、みなさん髪がビチョビチョのままあがってくることです。タオルで拭く前に、しっかりと水気をなくすことが大切なんですよ」

確かに、水滴がポタポタ落ちそうなほどビチョビチョな人をよく見かけます。

私は髪を洗った直後と、お風呂を出る前に髪をまとめてぎゅっと絞っていますが、近藤さんによるとそれだけでは足りないそうです。

お風呂上がり(前)にしたいことは…

髪をまとめてギュッと水気を絞り出す

髪をひとつにまとめてギュッと握ります。

 

頭皮に手を入れ、根元をゆらして髪の毛をほぐす

手をパーにして開き、頭皮に指の腹をあててシャンプーをするように動かします。髪がくっついていると水分がたまりやすいのでほぐしましょう。

 

トップはタッピングで髪をほぐす

指の腹でポンポンと軽く頭皮をたたくようにするのがコツ。くっついた髪がほぐれて水分が流れやすくなります。

さらに髪をまとめて絞れば、しっかりと水分がとれる

 

私は「髪をほぐす」というのが驚きでした。水がたまる場所をなくすことが大切なんですね。

 

タオルで6割乾かすことを目標にする

 

しっかりと髪の水分を落としたら、次にタオルで拭き取ります。

温泉施設で観察していると、勢いよくタオルでゴシゴシと拭いている人が多いように思います。

髪だけでなく、頭皮も傷めてしまうので「やさしく拭き取る」ことが基本。

頭皮と根元の水分を吸い取るように、やさしくタオルをあてましょう。指の腹を使い、シャンプーをするように指を動かすのがポイントです。

まずは毛先にたまった水分を吸い取ります

タオルで髪を包み込み上からぎゅっと抑えて水分を吸い取る。

頭皮と根元の水分を吸い取る

上から下へと水が流れてくるので、えり足は入念にタオルドライ。頭皮を優しくこするように(強くはNG)して。

 

さて、ここまできたらドライヤーへといきたいところですが、スキンケアも時間との勝負なので、いったんスキンケアにうつりたい人もいるはずです。

そんなときはタオルで髪を包み込んでおくのがいいのですが、うまく巻けない、ヘンなクセがついてしまうという人もいるのではないでしょうか。

髪が長い人なら、全部を包むのではなく耳下の部分だけタオルで包んでください。

これなら根元が浮いてしまうという心配もなく、たまりやすい毛先の水分をしっかりと吸い取ることができます。

乾きをより早くするならここでタオルを新しいものに変えるのがおすすめです。

 

簡単な巻き方は…

髪をまとめてタオルをあてる

髪を後ろでひとつにまとめます。タオルは縦にして持ち、毛束の下からあてます。

 

タオルで包み込み1回ねじる

タオルで包み込んだら根元を抑えてねじります。

 

根元を軸にしてぐるぐると巻きつける

おだんごヘアをつくる要領で毛束を巻きつけていきます。

 

タオルの端を中にしまえば完成

巻き終えたら、タオルの端を中に入れ込んでとめるだけ。

スキンケアをする時間くらいならこのままでOK。長時間放置してしまうとクセが出てしまいますし、頭皮も蒸れてくるのでよくありません。髪表面の髪が乾いてほわっと浮いてきたら放置しすぎと思ってください。

 

アウトバストリートメントの出番はいつ?

 

タオルで6割ほど乾かしたらドライヤーの出番です。

さて、その前にアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)をつける人もいると思いますが、ちょっと待って!

 

「ドライヤーで根元を乾かしてからつけるのがおすすめです。タオルで水分を拭き取っていますが、水分はまだまだ残っているので、つけたトリートメントが流れ落ちてしまうこともあります。また、髪が濡れていると適量よりも多くつけがちなんですよね。根元を乾かしてから毛先に湿り気が残るときにつけると成分が浸透しやすくなります」

 

つけるタイミングについてはサロンによって異なりますが、ポイントはしっかりと水分をふき取ったあとにつけることですね。

<右>ZACCピュアオイル 80ml ¥3,200+税/髪だけでなくお肌にも使えるオイル。ドライヤーの熱や紫外線から髪を守りツヤのある髪へ。<左>ZACCトリートメントミスト 150ml ¥2,000+税/髪に潤いを与え、パサつきがちな髪もつるり。

 

タオルドライがしっかりできたらいよいよドライヤーへ。

ドライヤーでの乾かし方は次回ご紹介します。

 

教えてくれたのは

ZACC 近藤未来さん

東京・青山にある老舗サロンZACCでアシスタントを務める。

 

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

40代でもモテる髪って?9つの【NGシャンプー習慣】と正解ヘアケア

40代にもなると大っぴらに「モテたい!」とは言えない雰囲気ですが、独身女性であればまだまだ出会いを期待するわけです。オトナサローネでは編集長の婚活記も盛り上がりをみせていて、いくつになっても素敵な恋がで…

【オバ髪】は「生え際」のコレが原因!40代の白髪・うねり・パックリ割れの隠し方は

今、まさに私も悩んでいる生え際の白髪とうねり。湿気の季節到来で、とくにうねりが強まってきています。生え際は鏡を見たときに目につく場所であり、人とのコミュニケーションの場でも相手からよーく見られてしまう…

40代は「毛先だけパーマ」で若見え!ボブ・セミロング・ショート、2019夏ヘアスタイル4選

髪に元気がない、ボリュームが減ってきた、髪がうねってまとまらない。30代後半から徐々に感じはじめる髪の変化。老け見えする要因でもあるぺたんこ髪問題は、40代女性にとって大きなテーマです。問題解決には日々の…

白髪のセルフカバーは、染めるのではなくアレを使って!5つの白髪ケア法

いくつかの白髪に関する意識調査をチェックしたところ、白髪染めをやめるタイミングは65才前後という結果が。60代半ばになればあきらめがつくのか、面倒になるのかは44才の私には未知の世界ですが、たしかに60代まで…

「白髪を抜くと増える」?髪と頭皮5つのウソとホント

テレビや雑誌に加え、インターネットの普及により情報があふれる時代。子どものころから考えると情報量が全く違いますよね。どの情報を信じていいのか、受け取る側のスキルが試される時代です。口コミや知人からの情…

前髪悩みに「シースルー前髪」!40代でも痛くないおススメ8選

美容室に行くと悩むのが前髪です。顔の印象を決めるパーツなので、いつもと変えるだけでも勇気がいるのにトレンドを取り入れるとなるとハードルは高め。特におでこが透けて見える「シースルーバング」は若づくりに見…

ベタベタおばさん髪脱出!ヘアオイル、バームの使い方の正解は?オススメ商品は?

つくり込みすぎない、抜けのあるヘアがトレンド。そんな今っぽいナチュラルな束感づくりに欠かせないのがヘアオイルとバームです。ボディの保湿にも使えるものが多く、髪が肌についても安心という点も人気の理由。ウ…

その紫外線、白髪や薄毛の原因かも!? 4月からは「守りケア」が大切

桜の便りははやかったのに、4月に入り寒さが戻ってきましたね。天候がくるくると変わり不安定な4月は、肌も荒れやすい時期。ということは、頭皮もトラブルが起きやすい季節です。気温の上昇で頭皮も汗をかきやすくな…

使うのはマジックカーラーのみ!前髪や生え際の「ぺたんこゾーン」をふんわり仕上げる3つのコツ

髪に元気がなくなってくるとペタンとしたトップがついつい気になり、前髪や生え際ゾーンは忘れがち。まだまだはっきり薄い!と感じる年齢ではありませんが、ペタンとしやすくなりさみしい印象に。顔まわりはパッと目…

この春40代にショート&ボブが人気!若見えヘアトップ3

重いコートを脱ぎ、薄着になると身も心も軽やかに。年を重ねても春はなぜだかウキウキしてしまいます。そんなウキウキ感にあわせて髪型も春仕様にチェンジしませんか? 40代のぺたんこ髪でもふんわり見えるショート…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事