クラブママが伝授!「もうオバサンと言わせない」40代の若見えベースメイク

鏡を見るたび「このシミを消したい、このシワも隠したい」と思うことの多い40代の肌。しかし、完璧に隠すことと「若見せ」は必ずしもイコールではありません。むしろ、塗れば塗るほど、若さと清潔感から遠ざかってしまうのが現実。CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお伝えします。

1・よく動く目元・口もとほど薄く塗る

悩みの多い目元のシワ、口もとの法令線。しっかり隠したつもりなのに、外出先で鏡を見てガクゼンとした経験はありませんか?塗りすぎは、表情が動くたびによれたファンデがシワや溝に溜まり、いっそう老けた印象になってしまいます。

「よく動く場所ほど薄く塗る」が基本。

頬などの広い部分からファンデを軽く延ばし、シワの上でトントンと優しくなじませましょう。

 

2・化粧下地は必須アイテム

スキンケアのあとに直接ファンデーションを塗っている方、たまに見かけます。

美しいメイクのために欠かせないのが「化粧下地」です。ファンデの密着感を高めるばかりではなく、化粧品の添加物が毛穴に溜まるのを防ぐ保護の役目もしてくれます。また、メイクを落とす際は洗浄をスムーズにさせ、肌を傷めない効果もあるのです。

仕上がりの美しさと、肌の将来のためにも化粧下地は必ずつけましょう。

 

3・悩み別、コンシーラーの色選び

コンシーラーは、悩みに応じて色を選びましょう。

基本は「悩みと反対色」を選べば、うまくカバーできるのです。

・青クマ→オレンジ系、アプリコット系

・紫色のクマ→イエロー系

・茶色クマ→イエロー系かベージュ系

・赤ら顔・赤みの強いニキビ跡→薄いグリーン系のコントロールカラー

・赤みが弱いニキビ跡→ベージュ系かイエロー系(自分の肌と同色か、やや明るめ)

・シミ、そばかす→自分の肌よりやや暗めの肌色

 

4・メイク後は離れた場所から全体を確認

「小さなシミも見逃さない」とばかりに、至近距離で手鏡を見ながらメイク直しをしている女性を見かけます。もちろん、ネガティブポイントなどの繊細な場所は、近くから作ったほうが美しく仕上がることは明白。ただ、至近距離からのみだと、濃すぎたり、色ムラがあったりと、全体のバランスが摑めません。メイク後は、必ず1メートルほど離れた場所から姿見で確認しましょう。

 

5・40代が目指すのは「80点メイク」

あれこれ隠していると、結局は「厚塗り」になってしまうのがオチ。隠すほどに若さや清潔感が遠のいてしまいます。完璧メイクは目指さない。40代はむしろ「80点メイク」でいいのです。

いかがでした?よく動く場所ほど薄づきに、化粧下地、悩み別のコンシーラーの色、仕上がりは離れて確認、80点メイク。この5点を心がけるだけで、若々しい印象の肌作りが可能です。イベントが増える冬を美しい肌で迎えましょう。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

プチプラ? デパートで買う? 40代からの「コスメ選び」の正解とは【メイク編】

今はコスメもお財布に優しいプチプラからヴィジュアルから凝っているデパコスと幅広くあります。全部プチプラという方もいますし、デパコスでなければ満足できない方もいる…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

「安いUV」でも効果は同じなの?日焼け止め剤と価格の話

紫外線のシーズンが本格化する前にUVカット剤をどう選ぶかも、アラフォーには重要な課題だといえます。日焼けやシミ・そばかすを防ぐだけではなく、将来の美肌をキープさせ…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

「オトコに追わせる女」はこうして作る。元CAのあざといモテテクって?

年齢を重ねるほど重要になる「清潔感」。特にお客さまの目に留まりやすいのが手先、足先、髪の毛先などの「先端ケア」。流行のファッションに身を包み、ヘアメイクも万全なのに、これらへの気配りがおろそかだと、残…

モテてモテて困ったCAが「モテの3大疑問」にお答えします!

時代は変わっても、世の男性にとってCAは「高嶺の花」であるようです。彼女たちのモテの秘訣はなんでしょう?今回はサイトに寄せられた疑問点を、CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお答えしたいと思います。…

港区男子1万人をこれで手中に!「永遠にモテる格言4」by六本木高級クラブママ

男性に夢を与え、非日常を楽しんでもらう夜の高級クラブ。美と若さ、トーク術、心くばりなど、女性が自分の価値を最大限に売る熾烈な競争の場でもあります。男性客に選ばれ、リピートされる女性になるためには何を心…

隙とギャップで男を落とす!なぜかモテる女がさりげなく張るワナ3つ

「モテる女には隙がある」「女はギャップが大事」とは言うものの、その具体案がイマイチわからないという女性が多いのが現実。確かに、「上手な隙」「ギャップ萌え」の箇所は人それぞれですね。今回はホステスも使う…

一瞬で男がゲンメツ!クラブママが指摘する「女性の言動」4つのNG

なにげなく放った言葉、とった行動が、男性を幻滅に導くことがあります。無神経・無頓着な言動は、恋愛や仕事において、取りかえしのつかない事態を招きかねません。前回の「ルックス編」に続き、今回は「言動編」を…

こんなところを見られてる!クラブママが指摘する「男の視線の先」4つのNGポイント

女のモテには「適度な隙」が必要と言われますが、隙をこえて「ズボラ」「だらしない」領域まで達してしまうと、元も子もありません。今回は「えっ、男性ってそんなところも見ているの?」という意外な声を、CA歴4…

クラブママ直伝!40代50代の老化を早める「姿勢ブス」4つの習慣って?

軽やかなファッションにチェンジする春の到来ですが、体のラインが一目瞭然なだけに、「姿勢ブス」の女性を多く見かけます。ファッションやヘアメイクが決まっていても、姿勢の悪さで「ブス」の烙印を押されてしまう…

CA直伝!これだけは押さえて「モテ美脚」の基本4選

軽やかなファッションに身を包み、お出かけしたくなるこの季節。気になってしまうのが、冬の間に溜まってしまった脂肪。中でも脚は目立つ部位だけに悩みも深刻です。CA経験者の筆者自身も、むくみ体質のうえ、機内…

CA流「必ず結果を出す」美ボディダイエット5つの秘策

様々なダイエットにトライしても、途中で挫折したり、リバウンドをくりかえす女性は結構多いのではないでしょうか?私も、今でこそ166センチ、48キロ代をキープしていますが、新人CA時代は不規則なフライト生…

元CAが明かす「ここだけは必死にやっています!」モテルックス4か条

洗練された身のこなしが求められるCAたち。保安要員であるとともに、接客要員であるのですから、好感を抱いてもらう「ルックス作り」には余念がありません。第一印象の良さは、その後の人間関係を左右する重要事項…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事