『世界一受けたい授業』で話題。理学療法士が勧める「やせる歩き方」って?

「ウォーキングで健康に気をつけている」「ダイエットのためウォーキングをしている…」という人は実は要注意。たくさんの歩幅を歩いていても間違った歩き方で続けていると、高齢になった時に歩けなくなることもあるそうです。「間違った歩き方で歩き続けていると歩けなくなる…」そう、教えてくれたのは、10月21日の『世界一受けたい授業』(日テレ)で放送された理学療法士の田中尚喜先生の授業でした。では、ウォーキングの何がいけないのでしょうか?

 

ウォーキングのウソって何?

田中先生のベストセラー著書『百歳まで歩く 正しく歩けば寿命は延びる!』(幻冬舎文庫)では、歩き方を変えるとヒップアップやO脚矯正の効果も期待できるなどが紹介されています。今回は番組の放送より紹介された百歳まで歩く正しい歩き方をご紹介していきます。

 

百歳まで歩ける正しい歩き方のポイント3つ

 

1、土踏まずを作る体操

田中先生の授業ではまず、土踏まずのアーチを作ることが正しく歩く上で大切だと教えてくれました。土踏まずのアーチがない人は高齢になって歩けなくなる可能性や足腰を痛めることが多いのだとか。まずは、自分の土踏まずがあるかチェックしてみてください。ない方は、この土踏まずを作るための体操を行います。

土踏まずを支えているふくらはぎと足首の筋肉を鍛えるにはつま先立ちが良いそうです。

①まず壁などに手をついて大きくつま先立ちをします。
②そのまま3秒キープ。
③かかとを下ろします。

これを10回1セットとして、1日3セットが目安です。

 

2、正しい歩き方、3つのポイント

次に正しく歩くこと意識します。では正しい歩き方とはどんな歩き方なのでしょうか。

田中先生が伝授する歩き方は、100歳まで歩く歩き方です。番組で紹介された歩き方には3つのポイントがありました。

①体をまっすぐにして、前傾にならない
歩き方の基本は「姿勢」。正しい姿勢は耳、肩、腰、くるぶしが一直線になること。

②膝を伸ばす
膝を伸ばした状態で着地し、そこからまた膝を伸ばしたまま後ろへ持っていくのが理想。
膝を伸ばすと大臀筋と内転筋の両方を使うことになるので、歳をとってもしっかり歩ける体が作れるそうです。

③地面に足をつける順番
かかとから地面について、小指の付け根、親指の付け根、親指の順の順番で行うと、ふくらはぎにあるヒラメ筋という筋肉を使うことができ、疲れにくく長時間歩くことができるのだそう。

 

3、歩き方を改善する方法「後ろ歩き」

最後は歩き方を改善する方法です。

田中先生が教えてくれた改善法は「後ろ歩き」です。後ろ歩きを行うことで、重心移動が円滑になり、膝が伸びた正しい歩き方ができるそうになるのだそう。番組のスタッフがまずは後ろ歩きをして、その後に普通に歩いてみる実験をしたところ、膝が伸びてふくらはぎもしっかり使えた正しい歩き方に改善されてましたよ。

①まず、足を後ろに引き、つま先から着地します。
②続いて、膝を伸ばしかかとを地面につけます。
③この動きで後ろに歩いていきます。

壁などを支えながら行ってみてください。1回1分程度行い、1日3回ほどが目安です。

「後ろ歩き」をやってみると意外とぎこちなくて難しいのですが、後ろ歩きをするだけで歩き方が改善されるならいいですよね!

 

*関連リンク
日本テレビ放送「世界一受けたい授業」
http://www.ntv.co.jp/sekaju/onair/171021/01.html

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

大山式足指パッドのやせる効果は? リング式を試したら骨盤はどうなる?【ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 30代、40代、50代の平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

1年ガチ愛用して判明!大山式足指パッド「9つの効果」その魅力とNG点は?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

40代のダイエットは体重より「7つの見た目」を重視すべし

体重や数字ばかりを追いかけてストレス溜まっていませんか? 数字ばかりに捕らわれすぎていると気持ちがどんより、健康にも影響を与えてしまいます。そんな方は「見た目」…

ワインを飲むと太るって本当?赤ワインなら?ダイエット対策する飲み方とは

薄着になり肌の露出が増える季節になってきました。年齢とともにポッコリお腹が気になりますよね。ダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか? ダイエットをし…

日本一おいしくて簡単な生甘酒の作り方! ダイエット&便秘&美肌の飲み方

最近、なんだか甘酒が気になりませんか? ふと気がつくと、近所のスーパーでも売り場面積を拡大中です。関西には「ひやしあめ」という夏の定番飲料がありますが、関東の人…

【3タイプ診断】毛穴にも「性格」がある!あなたの毛穴タイプとベストなケアは?

もう何やっても改善しない! 毛穴の黒ずみ、ボツボツが目立ち、メイクをしても皮脂が出るとメイクが崩れて余計老けて見えてしまう。ファンデーションで隠そうとすると黒ずみが余計目立つし、皮脂もたまる。お手入れ…

マッサージよりも変化あり!? 1日1回「顔ストレッチ」でたるみ改善

いつまでも若いつもりだったのに、ある日、自分のたるみに気づいてしまった…。そのたるみ、これまでの習慣が影響しているかもしれません。たるみをケアするためにマッサージをがんばっているあなた、顔のたるみを改…

過労やアレも「ニオイ」の元に!40代女性の体臭3悪要因とカンタン対策

40代になると体型だけでなく「体臭」も気になり始める年齢に。加齢臭は男性だけではなく、実は女性も気をつけなければいけないニオイ。特に女性ホルモンが減り始める35歳ころから注意が必要なのだそう。今回は女性の…

スッキリしない理由はコレ! 40代女性の「プチ不調」5つ、悩み別対処法をチェック!

毎日忙しく働く女性は「プチ不調」でお悩みの人も多いですよね。それが健康や美容面だったり、はたまた人間関係や恋愛事情だったり…。今回は女性に多い「プチ不調」と「お悩み解消のためのヒント」をご紹介します!…

頭ほぐしで頭皮のコリを解消!リフトアップが期待できるマッサージポイント4つ

頭がいつも重いという人、頭皮を触るとカチカチではありませんか?そんな人は「顔を引き上げる力」が落ちぎみです。頭のこりを解消すれば、顔も自然とリフトアップされるんです。今回は頭のこりの要因から自分ででき…

1分美容でツヤ肌に! 夏のテカリ顔を解消するお手入れ法3つ

若さの象徴とも言える肌の“ツヤ”。でも30代すぎた肌は“ツヤ”なのか、“テカリ”なのか。“テカリ”は朝のスキンケアから時間が経つと肌水分が不足するため、肌表面がテカテカしてきます。一方で、テカリすらなくなり肌が…

気になる「口臭」を予防! 手軽にスッキリできる3つの対策

アーユルヴェーダで有名なオーラルケアの方法にココナッツオイルを使用したオイルプリングがあります。そのほか、自然食材を活用して口臭を予防する方法など、ナチュラルな方法で口内をキレイに保つコツをピックアッ…

夏の【ワキ・頭・足】のくっさーいニオイをナチュラル素材でラクに撃退

たくさん汗をかく夏の悩みのひとつが匂い。人の匂いに敏感だったりするけれど、自分が発する匂いになると慣れてしまって気づかない…ということありますよね。そこで今回は植物のハーブやアロマを活用して、夏に多い…

手持ちのコットン+化粧水でOK、夏肌にはこまめな「フェイスパック」が効く

夏、外遊びで日焼けをした肌は水分が奪われているため、肌はカラッカラ状態。この時期、普通にしていても肌の水分は失われているため、いつもと変わらないスキンケアでは、肌水分は足りません。また夏のスキンケア次…

疲れているのに眠れない…40代からの「良眠できる夜の過ごし方」

寝つきが悪い、寝てもスッキリ起きられない。夜遅くに帰ってきてバタバタとベッドに入っていませんか? 寝る前のちょっとした心がけで眠りの質が高くなり、良眠できる習慣を3つご紹介します。1日の終わりに。良眠…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事