カサカサ肌は即おばさん認定!? アラフォー女性あるある3大NGケア

季節が秋になり「夏場よりも、カサカサ肌が気になっている」という女性も少なくない時期に。

それなりに保湿を心がけていても「イマイチ、うるおいが足りない!」と感じるようでしたら、お手入れを見直すタイミングかもしれません。

「40代になって1年過ぎるごとに、乾燥が深刻」と思っていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、秋冬に肌がうるおわない40代女性にありがちなNGを3つお話します。

 

NG1:若い頃の名残で乳液を省いている

 

「乳液を使うとベタつくから、スキンケアでは化粧水のあと美容液を塗っている」という方も決して珍しくないようなのですが、乳液を使わない肌と使った肌でのうるおいの違いは、顕著です。

20代後半から30代前半の日本女性は、スキンケアの際に水分を補う化粧水を86%もの人が使用しているのに比べ、水分を肌にとどめる役目を持つ乳液の使用率は41%~46%程度と低い状況というデータ(化粧品マーケティング要覧2013, 株式会社富士経済2013)も出ています。

若い頃に乳液を省いてきた40代女性ほど、現在も乳液を使わないケアをしているかもしれません。

しかし、乳液はお肌にうるおいを与える効果に加え、製品に含まれている油分によって化粧水や美容液の成分をお肌に閉じ込める蓋のような役割をするため、これを省いてしまうと、それだけうるおいを逃すお手入れになっていることが。

しっかりスキンケアをしているのに、しばらくするとうるおいが逃げるという女性によくお話を聞くと、乳液を省いているケースも珍しくありません。

 

NG2:入浴後、スキンケアをするまでに5分以上経っている

 

入浴後のお肌は、水分が蒸発しやすく乾燥を招きやすい状態になっていることは、ご存じの方も多いはず。

そして、できるだけ早くスキンケアをしようとは思っているものの、気づけば自分が思っている以上に時間が経っている場合には、こちらも乾燥肌を招きがちなNGに。

現代では、お風呂から出たあとには、5分以内に保湿ケアをすべきという説も有力です。

“5分”は、入浴後にタオルで水分を拭いたり他の用事を済ませたりしている間に、意外とすぐ過ぎてしまいがちだけに、自分では「すぐ保湿」しているつもりでも、思いのほか時間が経過していることもあります。

入浴後、すぐにスキンケアに着手できないルーティンがある場合は、保湿ケアを2段階に分け、まずは洗面所で化粧水やオールインワンジェルだけ塗って、あとから丁寧なスキンケアを行うよう心がけるだけでも、乾燥対策のお手入れに。

 

NG3:気づかないうちに保湿力の低いアイテムを使っている

 

「きちんとお手入れをしているのに、満足いくうるおいがチャージされない」と思っていらっしゃる場合、使っている化粧品では保湿力が足りていないことも。

40代ともなると、お気に入りのスキンケアコスメが決まっている女性も少なくありませんが、お肌の状態も変わりやすい年代だけに、これまで使っていたコスメがいつの間にか合わなくなっているパターンもありがちなのです。

お手入れをしているほどにはうるおいが得られないようでしたら、コスメを見直すタイミングにさしかかっているのかも。

お肌に合う保湿力の高いアイテムに変えた途端に、乾燥のお悩みが嘘のように改善するお話もよく聞きます。

 

「年齢を重ねたら、お肌が乾燥するのはある程度仕方のないこと?」と、半ば諦め気味になってしまっていたとしたら、もったいないお話です。

お手入れ次第で、40代の肌はまだまだうるおいをチャージできます。お心当たりがあった方は、この機会にお手入れを見直して、よりうるおいのあるお肌を目指していきましょう!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは…

いい雰囲気だったけど…男が一瞬で「付き合うのは遠慮しておこう」と感じた40代独女のニオイって?

意中の男性と、いい雰囲気になっていたのに、理由もわからずに距離を置かれてしまった……という話は、そう珍しくもありません。とは言っても、気に入っている相手から避けられているのは、いくつになっても女性にとっ…

もしや腹黒…? 男が一瞬で警戒した「40代独女の不用意なひと言」3パターン

男女の出会いでは、不用意に発した言葉ひとつで「この人の本性は、きっとこんな感じなんだろう……」を邪推されるリスクもあります。本人にはそこまでの悪意がなくとも、それを聞いた男性が「もしかして、この女性は“…

オフィスで印象最悪…「いかにもオバサン」な40代女性のお仕事姿3選

社内恋愛を狙っていてもそうではなくとも、オフィスでの印象は、上げておくに越したことはないもの。そして、デスクでのちょっとした振る舞いは、思っている以上に男性たちの目に留まっているのも傾向のようです。魑…

頼もしい…! 男が「この人を大事にしなくちゃ」と40代彼女に感じた瞬間3パターン

ご縁あって交際に発展しても、おつきあいを重ねていく過程で「この子を大事にしなくちゃ」と、より愛おしさが増すこともあれば、その逆もあるのが男性心理。では、いわゆる“本命”として付き合っている相手のふとした…

スニーカーもパンプスも…!? 男が一発で「ナシ」認定した40代女性の足もと3パターン

先日、こちらの記事『踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策』にて、ダメな40代のレッテルを貼られかねないデンジャラスなパンプスの特徴をご紹介しました。足も…

「この人はキープでいいや」と男に思われる…?アウトな40代女性の言動って

40代の恋愛でも「キープ」や「セカンド」の話は皆無ではなく、むしろ「いい具合に年齢を重ねているし、物分かりがよさそうだ」などの男側の勝手な誤解によって、真剣恋愛の対象から外されてしまっている女性もいます…

男から「育ちが悪そうに見える40代女性」のメイク直しにまつわる振る舞い3選

実際の育ちがどうであれ「育ちが悪そうに見える女」を嫌う男が多いのも、実情です。デート中のちょっとした振る舞いによって「ひょっとすると、育ちが悪いタイプだな」などとジャッジをうけてしまえば、関係の行方に…

その顔、どうしちゃったの…!? 男が引いた「40代女性の気合メイク」3パターン

「その顔、どうしちゃったの!?」なんて思われるのは、相手が誰であれ、避けたいのが私たちのホンネ。しかし気合いを入れたメイクや、「今日だけは失敗したくない!」と思う日に限って、ふだんより“力んだメイク”にな…

踵パカパカよりヤバいのは…? ダメな40代女性ほど履きがちな「パンプス」ワースト3とその対策

周囲からの好感度が高く、“デキる”イメージの女性ほど、“足もと”にも気を配っていると言われます。実際、ワーコルが2月10日の「パンプスの日」にちなんで実施した『働く女性の靴(パンプス)に関する意識調査』によ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事