秋冬こそボディ美白!この時期、意外と陥りがちな落とし穴とは?

紫外線による肌ダメージが広く知られている昨今、顔の美白はもはや常識。春夏は日焼け止めでしっかりUV対策をして、秋冬も美白スキンケアでちゃんとケアする、という人は多いですよね。でも、そんな女性の落とし穴がボディ美白。顔は白いのに、首や腕などが黒ずんでいたり、デート中などセクシーを装ってチラリとのぞかせたデコルテや背中にシミがあったら、がっかりされてしまうかも? 特にクリスマスや忘年会などドレスアップする機会が増えるこれからのパーティーシーズンは、その危険性が大! そこで、美しく透明感のある白肌をキープするためのボディケア術をご紹介します。

 秋冬こそボディ美白に最適なシーズン

基本的に肌の露出面積が減ることでうっかり日焼け等もなくなり、また紫外線量も少なくなる秋冬は、実はボディケアに最適な季節。でも、どうせ肌を露出する機会も少なくなるから・・・と、ケアを怠っていませんか?

日焼け跡がすぐに元に戻った20代の頃と違って、新陳代謝が落ちるアラフォー世代は、実は紫外線ダメージからの回復に時間がかかります。特に日焼けした記憶もないし大丈夫、と思っていたら大間違い。日常で浴びた少量の紫外線でも、思っている以上に肌にダメージを与えています。なんとなくボディの肌触りがゴワついたり乾燥している、などの症状は、その危険サイン。放っておくと、シミやシワ、そばかすといったエイジングの原因にも。特に首のシワは、一気に老けて見える原因にもなるので、気をつけたいものです。

秋冬の間にしっかり美白ケアすることで、メラニンの生成を抑えながら肌細胞を活性化させてターンオーバーを促進。春夏に浴びた紫外線による肌ダメージをきちんと回復することが大切です。

 

どんなボディケアが効果的なの?

 

現在、厚生労働省が認可している美白成分は、アルブチンやエラグ酸、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、プラセンタエキスなど20種類以上あります。そういった美白有効成分が配合されたボディ用ミルクやクリームを選ぶことが基本ですが、乾燥も肌をくすませる原因になるので、特に乾燥が気になるこれからの季節は、コラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸といった保湿成分を含んだ、美白と保湿効果のバランスのいいアイテムを選ぶことが大切です。

朝晩にボディ全体はもちろん、カサつきやすい手や足、黒ずみが気になるひじやひざ、かかとなどにもたっぷり塗りましょう。また、顔と違ってターンオーバーがスムーズに行われにくいボディは、ゴマージュも効果的。メラニンを含んだ角質を落とすことで、肌を明るく整えるとともに、次に使う化粧品の効果を高める役割も。週に2~3回など、定期的に行うのがオススメです。

 

バスタイムを利用してボディの美白習慣を

 

・バスタイムには美白有効成分配合のボディシャンプーを

シャワーやバスタイムに肌の汚れはもちろん、メラニンを含んだ古い角質を洗い流しましょう。余分な角質をオフすることでターンオーバーが促進されて肌のくすみ改善につながり、それだけで肌が一段明るくなる効果もあります。

 

・アウトバスでは美白有効成分配合のボディミルク、クリームなどで美白&しっかり保湿

乾燥を防ぐ意味でも、タオルドライ後、まだ肌が湿っているうちにボディケアをすることが大事。ローションやミルク、クリームなど何種類かテクスチャーを出しているブランドもありますが、基本的に美白効果に大差はないものが多いので、保湿力や使い心地など好みのテクスチャーを選べばOK。

背中など手が届きにくい部分や広範囲に使いたい場合はミストタイプのボディローション、カサつきや黒ズミが気になる部分はクリームなど、パーツ別に上手に使い分けるのもオススメです。また、パールなど光のニュアンスで瞬時に白肌を演出する効果があるボディケアアイテムも。朝のお出かけ前にひと塗りすれば、秋冬の肌見せ時にきらめくツヤ肌を演出してれくれます。

 

・スペシャルケアとして、週に2~3回ゴマージュを

乾燥しやすく、黒ズミが気になるひじ・ひざ、ザラつきやすい背中、お尻、かかとなどは、ゴマージュなどでスペシャルケアを。通常のボディソープ等では落ちにくいメラニンを含んだ角質をしっかり落とすことで、肌のくすみを解消。また、次に使うアイテムの浸透を高めて、美白有効成分を肌の奥までしっかり届ける効果もあります。週に2~3回など、定期的に行うことが大切です。

 

いかがでしたか?

大人の女性だからこそ、油断せず、ケアを怠らないことが大切ですよね。出会いの多いこれからのパーティーシーズン、自信のあるボディでお出かけするためにも、早速今日からボディケアをスタートして。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

「安いUV」でも効果は同じなの?日焼け止め剤と価格の話

紫外線のシーズンが本格化する前にUVカット剤をどう選ぶかも、アラフォーには重要な課題だといえます。日焼けやシミ・そばかすを防ぐだけではなく、将来の美肌をキープさせ…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

小さい・軽い・便利!旅行に持っていきたい3大コスメ【40代からの美容道】

旅行先でも最低限のメイクはしたい、でもスペース的にかさばったり、重くなったりするものは持っていきにくいですよね? だって荷物は他にもいろいろあるんですもの。しか…

髪は女の運命を決めるのか? 量産型女子ヘアvs.個性派女子ヘアの人生を考察する

「髪は女の命である」。昔からこの言葉があるように、女性にとって髪はとても大切なものです。まずは、「女らしさの象徴」。男性にくらべて長い髪は、女性性を具現化したも…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事