毎年焼いてもシミひとつナシ!? 「日焼け後」マストケア5つ【40代の美容】

夏になると訪れる「今年は焼く?orやっぱり焼かないほうがいいよね?」問題。

本当は、海外セレブやイタリアンマダムのごとくゴージャスな日焼けを楽しみたいけれど「シミができそうだから」とためらっている女性だっているはず。

けれど私は、毎年夏になるとしっかり肌を焼く小麦色派です。

夏の“日焼け問題”に頭を抱えている40代女性の皆さん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、私が日焼けのあとに実践しているお肌のケアをお話していきます。

 

「焼いているのにシミひとつないね」


先日、そんな私に友人がひと言。

「なんで、毎年あんなに焼いているのにシミがひとつもないの? やっぱり何か特別なことしてるんでしょ?」

私は、もともと透き通るような白肌ではなく、親譲りのやや浅黒い肌の持ち主なだけに、夏場はもちろん、ビーチリゾートでも思いっきり日焼けを楽しんでいます。

厳密にいえば、“ひとつもシミがない”わけではなく、小さなホクロのようなシミは腕にあるけれど。言われたように“思い切り焼いている割にはシミがない肌”の持ち主かもしれない。

真っ黒になるほどのこんがり日焼け肌は避けたくとも、ほんのり小麦色のボディは健康的に見える。そんなポリシーも、あったりなかったり。

「シミにならないのだったら、日焼けにトライしたい!」というホンネがあるなら、ムリに白肌を死守するのって、40代女性にとって結構なストレスです。

そこで、「今年は焼きたい!」と思っている女性たちに参考にしていただければ……と、そんな私のマストケアをご紹介します。

 

毎年日焼けを楽しむ時短美容家のマストケア5つ

 

さて、そんな私が日焼けした肌に実践しているマストケアは、思い返してみると、次の5つでした。

 

(1)むき出しの肌を焼くのではなく、オイルまたはSPFが低い日焼け止めは必ず塗っている
時折、現地調達もしてオイルの銘柄にはこだわらない。

(2)日焼け中はマメに水に入ってお肌をクールダウンさせている
火照った肌に冷たい水は本当に心地よい。プールでも海でも「肌が熱いな」と感じたら、水遊びをとことん楽しんでいる。

(3)日焼けした夜には、シートマスクはマスト
日焼けした夜の顔はやっぱりどうしても火照っているから、ホテルの冷蔵庫で冷やしたシートマスクが本当に気持ちいい!旅行では、お友達の分までたっぷり持参してます。

(4)ボディにはクールダウン用のスプレーをマメに使っている
海外によくある強烈なクールダウンスプレーを愛用中。

(5)日焼けから1週間はどこへ行くにもボディクリームを持参。暇さえあれば塗っている
日焼け後には、1にも2にも保湿が重要だとか!ヤケド状態の日焼け肌に、数日間はたっぷりの潤いを与え続けます。

 

こうして書き出してみると、特別なことは何もしてないけれど、確実にしているケアはそこそこの数でした。

 

ぬるま湯のバスタイムもオススメ

このほか、“ケア”ではないけれど日焼けした夜は熱いお湯には入れないから、水に近いぬるま湯でバスタイムを楽しんだりもしています。

これ、火照った肌がクールダウンされるから、ひんやりバスタイムもなかなか気持ちがよいのです。バスタブのお湯だけでなくシャワーの湯温もしかり。

日焼け後の肌は、「冷やす」×「保湿」が大事だと言われるだけに、忠実にケアできれば、シミを生みにくい肌を死守することは可能なのかもしれません。

 

夏場になると「今年は焼いちゃおうかな?でも、シミが心配!」という女性の声もよく耳にします。

適切なケアには個人差があるものではありますが、「焼きたいけど、焼けない!」とストレスを感じている方への参考になれば幸いです。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

「安いUV」でも効果は同じなの?日焼け止め剤と価格の話

紫外線のシーズンが本格化する前にUVカット剤をどう選ぶかも、アラフォーには重要な課題だといえます。日焼けやシミ・そばかすを防ぐだけではなく、将来の美肌をキープさせ…

ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともに…

ニベア青缶とチューブ、美容通の「使い分けアイディア」あれこれ

アラフォー女性の乾燥をコスパよくフォローしてくれる『ニベア』には、オーソドックスな「青缶」のほかに、持ち運びに便利な「チューブタイプ」もあります。中身はまったく…

これやるとオバサン!40代がやりがちな口紅選びの3大NGって?

40代のスッピン顔は、口紅を塗るとパッと華やぎます。けれど、せっかく塗ったリップのせいで、かえって“オバサン顔”になってしまったら……? これって、とっても残念!「口…

ウッカリで男性ドン引き! 40代が「育ちが悪い女性だな」と思われる夏のお誘いLINE3選

ちょっとしたLINEのせいで「この女性は、なんだか育ちが悪そうだ」と男性に思わせてしまえば、その後の展開にもなにかと響きがちです。いい大人になっていれば、相手の“育ち”は気にせずに恋愛に発展する男女も少なく…

一瞬で恋愛圏外!「男に逃げ出される」40代女性がつい送ってるLINEの傾向3つ

“つかみ”はよくとも、いざ深い仲になった途端に、男性から避けられてしまう40代女性もチラホラお見かけします。容姿端麗で仕事もバリバリこなし「私は、それなりのレベルの女」を自負しているのに、なぜか男性と長続…

モテてるつもりが逆に滑稽…! 40代が「やめたほうがいい」美容テク3選

「40代だけど、今年はモテを極めるわ!」は、決して悪い心がけではないはず。婚活でも恋愛市場でも、モテる40代になれば、それだけ選択肢も増えるわけですから、モテないよりもモテたほうが、いろんな面でも有利です…

まだ使っているならオバ見えの原因…! 40代が「真夏には捨てるべき」コスメリスト5

暑くなってくると、身の回りをサッパリと整理したくなる女性も、かなりいらっしゃるのではないでしょうか。気温や湿度が高い毎日だと、なにをするのにもやや億劫なのもホンネです。結果、毎日のルーティンや習慣も、…

気づけば老け見え! 酷暑にやりがちな40代の3大NG美容ルーティン

本格的な暑さが到来してきた今時分は、“老け見え”を招くちょっとした悪習慣が身につきやすい魔の時期でもあります。他方、気温や湿度が高いなかで精力的に仕事をしていれば、過ごしやすい気候の時期と比較して、どう…

若見えのつもりが逆に老け見え!本当は「やらなくていい」40代の美容テク3選

メイクやファッションなどの外見に気合いが入りすぎると、うっかり“間違った若見え路線”にも走りがちです。実際のところ、美意識が高い女性がアレやコレやと入念にお手入れするほどに、かえって老け見えを招いている…

気づけばだいぶ損…! 男性から「ダメな40代」と誤解されるメイクの3大NG

女性のメイクを見て「この女性は、きっとこんな性格だろう」と推測が働くのも、男性心理の常。まだ相手のことをよく知らない段階では、第一印象のイメージによって性格を判断したくなるのは、男女問わず「あるある」…

美人でも社内恋愛の対象外に…! 40代の「嫌われお局」ってこんな女性

職場で「あの人みたいには、絶対になりたくない!」なんて後輩たちから白い目で見られてしまえば、その噂が男性たちの耳に届き、恋のチャンスだって逃しかねません。また本人が社内恋愛を狙っているわけではなくとも…

本人はまだイケてるつもりでも! 「気づけばオバサン」な40代女性の3大特徴

自分ではオバ見えを回避しているつもりなのに「気づけば、オバサン扱いされていた!」なんてことになれば、悔やんでも悔やみきれません。しかし年月とは残酷なもので、自分では「私はまだまだ若い」と思っていても、…

実は小ジワは問題なし!? 若く見られる女性と私の「決定的な違い」3つ

年齢を重ねても若いイメージで通っている女性もいれば、残念ながらも「年齢相応」あるいは「実年齢より、老けて見える」と評される女性もいます。他方、それなりの年齢に達していることは決して悪いことではないだけ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事