毎年焼いてもシミひとつナシ!? 「日焼け後」マストケア5つ【40代の美容】

夏になると訪れる「今年は焼く?orやっぱり焼かないほうがいいよね?」問題。

本当は、海外セレブやイタリアンマダムのごとくゴージャスな日焼けを楽しみたいけれど「シミができそうだから」とためらっている女性だっているはず。

けれど私は、毎年夏になるとしっかり肌を焼く小麦色派です。

夏の“日焼け問題”に頭を抱えている40代女性の皆さん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、私が日焼けのあとに実践しているお肌のケアをお話していきます。

 

「焼いているのにシミひとつないね」


先日、そんな私に友人がひと言。

「なんで、毎年あんなに焼いているのにシミがひとつもないの? やっぱり何か特別なことしてるんでしょ?」

私は、もともと透き通るような白肌ではなく、親譲りのやや浅黒い肌の持ち主なだけに、夏場はもちろん、ビーチリゾートでも思いっきり日焼けを楽しんでいます。

厳密にいえば、“ひとつもシミがない”わけではなく、小さなホクロのようなシミは腕にあるけれど。言われたように“思い切り焼いている割にはシミがない肌”の持ち主かもしれない。

真っ黒になるほどのこんがり日焼け肌は避けたくとも、ほんのり小麦色のボディは健康的に見える。そんなポリシーも、あったりなかったり。

「シミにならないのだったら、日焼けにトライしたい!」というホンネがあるなら、ムリに白肌を死守するのって、40代女性にとって結構なストレスです。

そこで、「今年は焼きたい!」と思っている女性たちに参考にしていただければ……と、そんな私のマストケアをご紹介します。

 

毎年日焼けを楽しむ時短美容家のマストケア5つ

 

さて、そんな私が日焼けした肌に実践しているマストケアは、思い返してみると、次の5つでした。

 

(1)むき出しの肌を焼くのではなく、オイルまたはSPFが低い日焼け止めは必ず塗っている
時折、現地調達もしてオイルの銘柄にはこだわらない。

(2)日焼け中はマメに水に入ってお肌をクールダウンさせている
火照った肌に冷たい水は本当に心地よい。プールでも海でも「肌が熱いな」と感じたら、水遊びをとことん楽しんでいる。

(3)日焼けした夜には、シートマスクはマスト
日焼けした夜の顔はやっぱりどうしても火照っているから、ホテルの冷蔵庫で冷やしたシートマスクが本当に気持ちいい!旅行では、お友達の分までたっぷり持参してます。

(4)ボディにはクールダウン用のスプレーをマメに使っている
海外によくある強烈なクールダウンスプレーを愛用中。

(5)日焼けから1週間はどこへ行くにもボディクリームを持参。暇さえあれば塗っている
日焼け後には、1にも2にも保湿が重要だとか!ヤケド状態の日焼け肌に、数日間はたっぷりの潤いを与え続けます。

 

こうして書き出してみると、特別なことは何もしてないけれど、確実にしているケアはそこそこの数でした。

 

ぬるま湯のバスタイムもオススメ

このほか、“ケア”ではないけれど日焼けした夜は熱いお湯には入れないから、水に近いぬるま湯でバスタイムを楽しんだりもしています。

これ、火照った肌がクールダウンされるから、ひんやりバスタイムもなかなか気持ちがよいのです。バスタブのお湯だけでなくシャワーの湯温もしかり。

日焼け後の肌は、「冷やす」×「保湿」が大事だと言われるだけに、忠実にケアできれば、シミを生みにくい肌を死守することは可能なのかもしれません。

 

夏場になると「今年は焼いちゃおうかな?でも、シミが心配!」という女性の声もよく耳にします。

適切なケアには個人差があるものではありますが、「焼きたいけど、焼けない!」とストレスを感じている方への参考になれば幸いです。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

「安いUV」でも効果は同じなの?日焼け止め剤と価格の話

紫外線のシーズンが本格化する前にUVカット剤をどう選ぶかも、アラフォーには重要な課題だといえます。日焼けやシミ・そばかすを防ぐだけではなく、将来の美肌をキープさせ…

ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともに…

ニベア青缶とチューブ、美容通の「使い分けアイディア」あれこれ

アラフォー女性の乾燥をコスパよくフォローしてくれる『ニベア』には、オーソドックスな「青缶」のほかに、持ち運びに便利な「チューブタイプ」もあります。中身はまったく…

これやるとオバサン!40代がやりがちな口紅選びの3大NGって?

40代のスッピン顔は、口紅を塗るとパッと華やぎます。けれど、せっかく塗ったリップのせいで、かえって“オバサン顔”になってしまったら……? これって、とっても残念!「口…

コンシーラーよりこっち!40代のシワ・くすみには「下まぶた」メイクが効く

加齢とともに、“たるみ”や“くぼみ”、“くすみ”と、私たちの目元には「3大“み”の老化」が容赦なく押し寄せてきます。そして目元は自分で思っている以上に、周囲に“年齢”を感じさせる引き金にもなりやすいから、デイリ…

捨てたらもったいない! 使わない「化粧水・乳液・美容液」のリッチな再利用術

ミニマルな生活に憧れると「アレもコレも、捨ててしまおう!」なんて、断捨離もポイポイと進むもの。特にスキンケアコスメは「開封したら3ヶ月~半年で使い切るべし」と言われているだけに、開けたまま使わずにいた…

「裏のある男」はアノ血液型に多い…!? 40代女性が体験した冷酷すぎるリアル

「いい人だと思ったから深い仲になったのに、付き合ってみたらとんでもない男だった!」な展開は、女性なら誰しもが避けたい道。しかし男たちも、お付き合いをするまでは大なり小なり猫をかぶっているので、性格の“…

「ファンデの上からの日焼け止め追加」、実際みんなどうしてる?

いよいよ本格的にUV対策が必要なシーズンを迎えています。「日焼けしたくない!」「年齢とともに、シミが本気で気になる……」な女性にとって、1年中油断できないのがUVですが、今年は春先からここまで日差しが強かっ…

「ドMな男」が多い血液型って? 1位はやっぱりアノ型でした!

「Mっ気のある男」くらいならまだかわいいと思えても、「ドMな男」となるとご遠慮したい……な40代女性も決して少なくはないかもしれません。あるいは逆に「私は、ドSを自覚してます!」な女性は、パートナーにはドMな…

美人でも即NG…男が「絶対に結婚したくない」40代女性ってこんな人!

40代になってから婚活を始め、すぐに結果が出る女性もいる一方、人柄も容姿もいいのになかなか決まらない……な女性もいるのが実態。「決まらない」の背景には、ご自身がお相手に求める条件を高めに設定しているケース…

「40代後半でそれは痛くない…?」トレンドと紙一重な問題児コスメ6

40代になったら、ミーハー感や若作り感による“痛々しさ”しか出さないコスメは、断捨離すべきタイミングでもあります。個性的なメイクは似合っていれば「おしゃれ!」であるのは間違いないものの、自分の想定外に「あ…

今すぐ捨てて! 使っていると痛い目にあう過去のトレンドコスメ5選

年齢を重ねると「流行だから」という理由だけでは、トレンドに飛びつかなくなる女性も増えてきます。他方、メイクに関しては自分なりの“定番”が確立していて、ちょっとしたコスメを買い足したら使い切るまでは長く愛…

断捨離中でも捨てないで! また買うハメになりがちなコスメ5選

ミニマルな生活に憧れている女性ほど「コスメも、大幅に断捨離!」を合言葉にしていらっしゃるかもしれません。近年は「空前のナチュラルメイクブーム」と言えるくらい、華美なメイクをしない人も増えているので、最…

みんなが選んだ「仕事がデキる男」が多い血液型は…?

「仕事がデキる男」は、お好きですか?将来を考えると「やっぱり結婚するなら、仕事がデキる男がいい!」と思っていらっしゃる女性も少なくないかと思います。日本人はとかく“血液型”による傾向分類を好む傾向もあり…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事