あの人はもう、結婚しちゃいましたか?-42歳・絵美の場合(2)-【40女の恋愛事情・story3】

久しぶりに会った同じ年の古い友人は、もう子どもが中学生。

いっぽう、私には持ち家もなく、家族もない。あんな人生も、もしかしてあったのかな……。

あまり語られることのないアラフォー女性の恋愛事情をクローズアップした小説、【40女の恋愛事情】

前回に続き、42歳・絵美の場合の3回中2回めです。

fotolia_110298193

 

「知らないわよ。もうずっと連絡してないんだから」

「結婚してるのかな」

「そりゃしてるでしょ、もう45になるんだし」

「してないかもよ。してなかったら、どうする?」

「……」

 

もし彼が結婚してなかったら。

もしかしたら私たちは、もう一度、やり直せるだろうか。

「連絡してみればいいじゃない」

「連絡先なんてもうわからないよ」

「SNSで検索すればいいのよ」

ノリコはあっさりとそう言った。

 

だから私は、家に帰り、気持ちを落ち着かせてからスマホを手にした。

検索してどうするつもりなんだろう。

でも、今、彼が何をしているのか知りたい。

少しためらったあとで、思い切って名前を入力する。

久しぶりに現れる、懐かしい人の名前に、それだけで胸がいっぱいになる。

 

検索結果はすぐに現れた。

彼の、少し老けた笑顔と共に……。

元気だったんだ。

私の知らないところで、生きていたんだ。

胸がたちまちいっぱいになる。

 

どんなに遠く離れていても、心の中でずっと彼のことを、気にしていた。

こんなに簡単に、近況を知ることができたのに、検索はしなかった。

きっと結婚してるだろうから、それを知るのが怖かった。

きっと彼は、私ではない、彼の海外赴任に同行してくれる女性と、一緒になったに違いないのだから。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事