あの人はもう、結婚しちゃいましたか?-42歳・絵美の場合(3)-【40女の恋愛事情・story3】

あれほど好きと思える男性には、その後誰とも出会わなかった。

どうしてあの時、海外赴任する彼について行かなかったんだろう……。

あまり語られることのないアラフォー女性の恋愛事情をクローズアップした小説、【40女の恋愛事情】

1回め2回めに続き、42歳・絵美の場合が完結します。

fotolia_80676069

 

彼には子どもがいた。

やはり結婚していたのだ。

見なければよかった。

こんなにショックを受けるんだったら、知らなければよかった。

 

もし私が彼と結婚していたら、今ごろ、私はママになっていたかもしれない。

彼の隣で、子どもと一緒に笑っていたかもしれない。

でも私は逃げた。

私が、いけないのだから。

 

知らない女の人が、彼と結婚して、彼を支えている。

吉野さんは、幸せを見つけられた。

私とのことなんて、きっともう、忘れてしまっているだろう。

これで本当に、遠くに行ってしまった気がする。

 

それでもいい、彼が、幸せならば。

吉野さんほど、私を大切にしてくれた人はいない。

ついていかなかった自分がバカだったのだ。

彼と一緒なら、どこにいたってきっと自分は幸せだったのに。

 

ちゃんと見届けよう。

決心して、もう一度画面に戻る。

彼がどれだけ幸せでも、私がどれだけ中途半端でも、それが現実。

ちゃんと受け入れることで、一歩進めるのだと思うから。

 

彼の書き込みの続きが、目に入ってくる。

『父の日に息子が描いてくれました。』

その続きには、こう書かれていた。

 

『日本から送ってくれた絵、ちゃんと届いたよ! 離婚してすぐこっちに来たから全然会えてないけど、元気でやってるみたいでよかった。』

 

離婚……!?

考えてもいなかった言葉に、今度は胸がドキドキし始めた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事