あの人はもう、結婚しちゃいましたか?-42歳・絵美の場合(3)-【40女の恋愛事情・story3】

fotolia_102309945

 

彼のSNSには時々英語の書き込みやコメントがついている。

外国人の知り合いも多いのだろう。

英語の勉強を始めていた自分のことを思い出す。

いつか仕事で役に立つかもと考えてのことだったけれど、覚えたフレーズが書かれているのを見て、偶然とも思えなくなっていた。

 

彼に会いたい。

会って、次の人生は私と一緒に生きてください、と言ってみたい。

でも……。

彼は今の私を見て、どう思うだろう?

好きになってくれるだろうか。

怖い。怖いけれど、何もしなければ、何も始まらない。

 

まずはメッセージを送ってみよう。

 

『おぼえてますか? お久しぶりです。

偶然見つけて、メッセージを書いてます。

海外にいるんですね、すごいですね。

私はずっと日本で働いてました……』

 

久しぶりなのに、言葉が溢れてくる。

伝えたいことも、伝えたくないことも、たくさんある。

ただ、言えることは、また、彼に会いたい。

 

現地に行くには、いくらかかるんだろう。

私は何日会社を休めるだろう。

どんな返事が戻ってくるかもわからないのに、私の心は、もう、彼に向かっている。

 

私はメッセージの送信ボタンをクリックした。

『メッセージの送信が完了しました』

とメッセージが出た。

 

ただ、会いたい。

会ってみたい。

そこから何かが始まる気がする。

だって彼も私も今、独り身なのだから……。

 

【40女の恋愛事情・story3】あの人はもう、結婚しちゃいましたか?-42歳・絵美の場合 完/毎週火曜18時更新

あの人はもう、結婚しちゃいましたか?(1)を読んでみる

あの人はもう、結婚しちゃいましたか?(2)を読んでみる

このシリーズの過去作品をまとめて読んでみる

1 2 3

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

社内恋愛の年下カレが「してみたかったこと」小説・あなわた♯20

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40代の社内恋愛。年下カレのお願いごととは…あなわた♯19

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

男性に愛されるなんて久しぶりすぎて【年下小説・あなわた#18】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

そっけない年下男子の態度に揺れる気持ち【年下小説・あなわた#17】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40歳になっても私は恋愛に不器用なままで【年下小説・あなわた#16】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

もう会えないの?年下小説あなたのはじめては、わたしのひさしぶり♯15

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

10歳年下の彼の既読スルー。どうすれば…【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり14】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

その男、誰?年下の彼に昔の男の名前を聞かれ【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり13】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40代、恋愛なんて何年ぶり…?年下の彼は【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり12】

(この小説の一気読みはこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。ところが、ひょんなこ…

「あれ、2人で同棲してるの?」カレが否定しないとき【あなわた#11】

【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり  vol.11】これまでの話長い間ひとりで過ごしていた私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事