トレンドの濡れ髪も上品に見せる!「40代女性若見せ」のコツとは?

ここ数年、ヘアのトレンドとして耳にする「濡れ髪」「ウエット質感」。

色っぽさが出せると若いコたちのあいだで人気です。

40代のオバサンが手を出していいのか?と悩むところですが、髪のパサつきが気になるからこそ「濡れ髪」で艶っぽくするのもひとつの手。

特にこれからの季節は乾燥しやすいので、オイルで保湿しながら髪を女らしくみせるのがおすすめです。

そこで、若作りにならないコツをaRiettaの大戸久美子さんに教わってきました。

 

ストレートよりもゆるふわ巻き髪がマッチ

 

まず、ベースとなるヘアスタイルですが、ストレートよりも巻き髪スタイルがおすすめとのこと。

「ストレートヘアを濡れ髪にすると個性的になりがちです。モードっぽくなりますよね。また、一歩間違えると“何日も髪を洗ってないのかな”と思われるギトギト髪に。

束感も作りにくいと思うので、パーマで動きをつけたスタイルのほうがラク。それに、髪がラフに動いているほうがウエットにしたときにおしゃれに見えます。

アイロンで巻いたスタイルでもOKですが、ウエットにすると髪が重くなるため、巻きがダレやすくなります。ゆる巻きにしたいと思っても、毛先だけはしっかりと巻くのがポイントです」

 

ウエットヘアにするときは面倒でも髪を巻く。これが、大人の濡れ髪には大切なようです。

 

ヘアオイル+αでほどよくウエットに

 

次に使うスタイリング剤です。あれこれそろえるのは大変なので、あるものでできたらいいですよね。

今回は洗い流さないトリートメントとして使っている人も多いと思われるヘアオイルで濡れ髪をつくります。

 

 

使用したのはこちら。

美容師さんの間でも人気の「N.(エヌドット)」シリーズ。オイルとセラムをミックスして使います。

ポリッシュオイル(左)は肌にも使えるオイルなので、髪が顔についても安心。

 

スタイリングセラムにポリッシュオイルを1プッシュ。

オイルが多いとギトギト感が増すので、少しずつ調整していきましょう。

ボブヘアに使う目安の量です。

 

手のひらでよく混ぜます。分離しないようにしっかりとまぜて指の間までのばしていきます。

混ぜはじめの状態。セラムがまだらに残っているとムラになるので、よーく混ぜましょう。

 

手のひら全体がツヤツヤするまでのばします。指の間も忘れずに!

 

ただ、スタイリング剤の選びって難しいもの。

オイルといってもたくさんの種類があって迷ってしまいます。

あわせるアイテムはセラム(美容液)やミルク、ソフトワックスなどやわらかいものがおすすめですが自分には何があうのかわからないですよね。

髪質によってサラッと軽いものがいい、保湿力の高いものがいい、セット力があるほうがいいなどあうものが異なります。これはお肌と一緒。コスメカウンターで相談するように、髪の専門家である美容師さんにまずは相談してみてください。

「サロンの商品をすすめられるのでは?」と考えがちですが、お客さまにキレイになってもらいたいと美容師さんは思っているので、相談されればうれしいもの。まずは「どんなタイプを選べばいいのか」だけでも聞いておきましょう。髪の長さによって使う量も異なるので、サロンで目安を聞いておくといいですね。

 

表面だけでなく内側にもしっかりもみ込む

 

手のひらにのばしたオイルを髪につけていきます。

トップのボリュームは損ないたくないので、中間から毛先のみにつけましょう。下から上へ髪を持ちあげるようにもみ込むのがポイントです。

首を傾けるとやりやすい。

 

表面だけでなく、髪の内側までしっかりと

根元にはつけないように内側にももみ込む。髪を集めてくしゅくしゅっと。

もみ込んだら、手ぐしを通して全体に行きわたらせます。

手は熊手のようにするのがポイント!

 

 

美容師さんと私たちで大きく違うのが、「もみ込み」

私もワックスをつけるときにくしゅくしゅともみ込んでいるつもりでしたが、全然足りなかったようです。

大げさに言うと、髪にスタイリング剤をすり込むようにするくらいでないとダメ。

多少、髪をこすり合わせても大丈夫なのでしっかりとつける!これが大事です。

髪をオイルでコーティングする感じですね。

こんな感じですり込んで。

 

しっかりともみ込めば(すり込む)、束感も作りやすくなります。手ぐしを通すだけでも自然な束感ができますし、少しずつ髪をつまめば、スタイリング剤の効果で髪がくっつき雑誌で見るような束感に!

写真では伝わりにいくいのですが、艶っとした質感とラフに動く束感ができました。

 

トップにはスタイルング剤をつけずに、ふんわり感をキープ。これもオバサンヘアに見せないコツ。中間から毛先の動きをウエットな質感で際立たせればおしゃれに見えます。

 

スタイリング剤の量は最初からたくさんつけてしまうと「ギトギト」になる恐れもあるので、まずはオイル1プッシュからスタート。一度、しっかりともみ込んでから濡れ具合をチェックして調整してください。

「パーマをかけていれば、多少やり過ぎても”こういうスタイリングだから”とごまかしがききます。ストレートだと不潔に見えがちなので、やはり動きは必要ですね。

つい、あほ毛を抑えたくてトップにもスタイリング剤をつけてしまいますがペタンとしてさみしい印象に。若々しさを保つためにはボリュームを残すことも大切です

 

この冬は、髪の保湿をしながら女らしい濡れ髪を楽しんでみてください。

 

教えてくれた人

aRietta 大戸久美子さん

東京・銀座にある西海岸をイメージしたアットホームなサロン。「髪質改善ヘアエステ」が人気。10月に麻布十番店もオープン。

大戸さんはやわらかいパーマスタイルがお得意です。

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

「顔のたるみ」をカバー!女っぷりも上がる40代の前髪とは

学生のころ、前髪が決まらないと1日憂うつな気分になっていました。今はさほど気にしませんが(笑)、やはり前髪は女性にとって命ともいえるパーツではないでしょうか。ヘ…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

40代は「毛先だけパーマ」で若見え!ボブ・セミロング・ショート、2019夏ヘアスタイル4選

髪に元気がない、ボリュームが減ってきた、髪がうねってまとまらない。30代後半から徐々に感じはじめる髪の変化。老け見えする要因でもあるぺたんこ髪問題は、40代女性にとって大きなテーマです。問題解決には日々の…

白髪のセルフカバーは、染めるのではなくアレを使って!5つの白髪ケア法

いくつかの白髪に関する意識調査をチェックしたところ、白髪染めをやめるタイミングは65才前後という結果が。60代半ばになればあきらめがつくのか、面倒になるのかは44才の私には未知の世界ですが、たしかに60代まで…

「白髪を抜くと増える」?髪と頭皮5つのウソとホント

テレビや雑誌に加え、インターネットの普及により情報があふれる時代。子どものころから考えると情報量が全く違いますよね。どの情報を信じていいのか、受け取る側のスキルが試される時代です。口コミや知人からの情…

前髪悩みに「シースルー前髪」!40代でも痛くないおススメ8選

美容室に行くと悩むのが前髪です。顔の印象を決めるパーツなので、いつもと変えるだけでも勇気がいるのにトレンドを取り入れるとなるとハードルは高め。特におでこが透けて見える「シースルーバング」は若づくりに見…

ベタベタおばさん髪脱出!ヘアオイル、バームの使い方の正解は?オススメ商品は?

つくり込みすぎない、抜けのあるヘアがトレンド。そんな今っぽいナチュラルな束感づくりに欠かせないのがヘアオイルとバームです。ボディの保湿にも使えるものが多く、髪が肌についても安心という点も人気の理由。ウ…

その紫外線、白髪や薄毛の原因かも!? 4月からは「守りケア」が大切

桜の便りははやかったのに、4月に入り寒さが戻ってきましたね。天候がくるくると変わり不安定な4月は、肌も荒れやすい時期。ということは、頭皮もトラブルが起きやすい季節です。気温の上昇で頭皮も汗をかきやすくな…

使うのはマジックカーラーのみ!前髪や生え際の「ぺたんこゾーン」をふんわり仕上げる3つのコツ

髪に元気がなくなってくるとペタンとしたトップがついつい気になり、前髪や生え際ゾーンは忘れがち。まだまだはっきり薄い!と感じる年齢ではありませんが、ペタンとしやすくなりさみしい印象に。顔まわりはパッと目…

この春40代にショート&ボブが人気!若見えヘアトップ3

重いコートを脱ぎ、薄着になると身も心も軽やかに。年を重ねても春はなぜだかウキウキしてしまいます。そんなウキウキ感にあわせて髪型も春仕様にチェンジしませんか? 40代のぺたんこ髪でもふんわり見えるショート…

暗髪でもおしゃれに見える!簡単「ひとつ結び」で3変化

白髪をしっかりと染めるとどうしても髪色は暗くなります。また、若づくりになりそうと髪色を落ち着かせる人も増えてくる40代。地味に見えがちな暗髪でひとつ結びにしたらオバさん指数が上がってしまいそうですが、ち…

もう失敗しない!「白髪染め」色選びは肌タイプより〇〇が重要だった

白髪染めはカラーバリエーションが少ない、暗い色に仕上がってしまうというのは昔の話。今は薬剤の進化でトレンドカラーも取り入れられるようになりました。また、カラーの手法もさまざまなので、白髪まじりでも色遊…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事