ウエストくびれをキープしたい人、健康診断でこれチェック!

ふと気が付いたらウェストラインが緩んで太くなっていた、というのはかなりショックですよね。そのウェスト消失の犯人が中性脂肪だとしたら…怖くありませんか?そこで今から中性脂肪対策を始めてみませんか?減らしすぎても好ましくありませんが、増えすぎは深刻な健康問題になります。ちょっとした食事の工夫と簡単すぎるレシピをご紹介しましょう。まだまだ引き締まったウェストはキープできます!でも運動もしてね♪

 

食事から中性脂肪対策をしてみよう

過剰な中性脂肪は健康に害を及ぼす前に引き締まっていたはずのウェストラインを緩めて太くしてしまいます。上手に中性脂肪を増やしすぎないように食事の面から工夫することがウェストラインキープに役立つ方法です。

 

●脂質と炭水化物の量と内容に注意する。

●きのこ類と海藻類を上手に味方にする。

●フルーツを食生活に加える。

●発酵食品を毎食1品添える。

●真冬でも水分補給を適切に行う。

 

食事でできる対策と目分量でできる簡単なレシピをご用意していますが、作る際に注意すべきことがあります。それはオイルと糖分を使いすぎないことです。また特定の食材に偏るのもNG。どんなに良い食材でも全体の栄養バランスを崩したら意味はありません。バランスを取ることも大事なのです。

 

摂り過ぎても摂らなさ過ぎてもダメな脂質と炭水化物

 

ダイエットや生活習慣病対策を考えたとき、脂質と炭水化物を制限することが多くあります。制限は間違えていませんが、過剰にし過ぎるのは成功させたい2つにデメリットになってしまいます。脂質も炭水化物も重要な栄養素だからです。

 

中性脂肪対策も兼ねたウェストラインキープの場合でも同じです。美容と健康に好ましい油分を選び、必要な量の炭水化物は摂るべき。どちらも食べ過ぎを防ぎ、余計な中性脂肪を燃やしやすくするためのエネルギーになります。

 

★簡単すぎるトマトリゾット

1.トマトをすりおろす。

2.身を崩しておいたオイルサーディンとスープの素を1.に加え、火にかける。

3.茶碗半分のご飯を2.に加えて軽く煮込む。

4.味を見てから塩で整え、仕上がりにオリーブオイルを大さじ1杯落とす。

※使用するのはトマトの水煮でもOK。この場合は木べらで潰しながら煮込む。

 

欠かせない栄養素と食物繊維がきのこ類と海藻類の魅力

きのこ類と海藻類は不足しやすいビタミン類とミネラル類、食物繊維が豊富。特に食物繊維は腸内環境を整え、有害物質を吸収し体外に排出させる働きも持っています。きのこ類と海藻類は身体に不足しやすい栄養素を吸収させ、さらに老廃物を排出させてくれるのです。

 

身体の働きを整えて内側から無駄なものを捨てるためにきのこ類と海藻類は役立つ食材です。両方が揃わないと中性脂肪を落とす身体の働きがうまくいきません。中性脂肪対策とウェストラインのキープのためには内側からキレイにすることも条件です。

 

★きのことこんぶのきんぴら風

1.生食用こんぶを細く刻んでおく。

2.きのこは食べやすい大きさに刻む。

3.鍋にごま油を熱し、1.を炒めて油が回ったら2.を加える。

4.めんつゆを3.に加え、水分が飛ぶまで加熱する。

※好みで油揚げを刻んで入れたり、ツナを入れてもおいしい。この場合は3.のステップで加えて、仕上がりで味を見てから醤油を足す。

 

ビタミン類補給ならフルーツ類におまかせ!

 

フルーツといえばビタミン類の宝庫であり、抗酸化成分を補給しやすい食材です。しかし糖類が多いということで敬遠している方も意外と多くいます。しかし食物繊維とビタミン類、それに抗酸化成分を簡単に摂れるメリットも考えるべきです。

 

ビタミン類は身体のエネルギーを回すためのガソリンに近いといえます。またビタミン類は消費されやすい栄養素です。常に補給する必要がありますから、上手に摂ることが大事です。すると脂肪の燃えやすい身体になり、中性脂肪対策がうまく行えます。

 

★オトナのためのフルーツポンチ

1.赤ワインにオレンジの皮とはちみつを入れて弱火にかけ、軽くアルコールを飛ばす。

2.好みのフルーツを一口大に切ってガラスの器に入れ、1.を注ぐ。

※赤ワインは安いものでOK。温かいままでも、冷やしてから食べてもおいしい。白ワインで作ると、さっぱりした味わいを楽しめる。

腸内環境を整えて体内からきれいにする発酵食品

発酵食品は腸内環境を整える効果があります。便秘対策として毎日のメニューに加える方も少なくありません。ストレスなどで乱れやすい腸内環境のために効果的。それに腸内環境を整えておくことは中性脂肪対策とウェストラインキープにも重要なのです。

 

腸内環境を好ましく整えておくと、きちんと栄養吸収がなされます。すると体内でエネルギーがしっかり使われ、結果として身体の脂肪が燃えるのです。中性脂肪も蓄積し過ぎず、内臓脂肪になってウェストラインを緩ませることになりません。

 

★なないろ納豆

1.しば漬け、たくあん、高菜は細かく刻み、梅干しは小さくちぎる。

2.納豆をかき混ぜてほぐし、1.を加えて混ぜる。

3.刻みのりとすりごまを2.に混ぜる。

※加える漬物は好みで選んでOK。プレーンヨーグルトを少し加えてもおいしい。

 

 

身体の老廃物を排出させるために水分補給は欠かせない

寒い季節は汗をかきにくいですから、水分補給を怠りがちです。しかし肌が乾燥することでわかるように体内の水分は常に奪われています。また体内でも水分はどんどん消費され、脱水症状を起こす寸前まで進むリスクも抱えているのです。

 

脂肪を燃やしやすい身体をキープさせるには、適切な水分補給も欠かせません。ただし糖分やカフェインを摂り過ぎない工夫も行いましょう。普通の水でいいのです。一気に飲むのではなく、ゆっくり少しずつこまめに水分を飲むことを寒い季節も忘れずに!

 

★ただの水に飽きたときには

レモン汁を落とす。

リンゴジュースを一口分だけ加える。

 

【参考書籍】

『肥満・メタボを解消! ラクしてやせる101のワザ』 「健康」編集部編

『コレステロール・中性脂肪がぐんぐん下がるコツがわかる本』野村 喜重郎 (監修),‎ 主婦の友インフォス (編集)

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

大山式足指パッドのやせる効果は? 試してみたらまさかの…【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

1年使って判明!大山式足指パッド9つの「真実の効果」とは?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

40代のダイエットは体重より「7つの見た目」を重視すべし

体重や数字ばかりを追いかけてストレス溜まっていませんか? 数字ばかりに捕らわれすぎていると気持ちがどんより、健康にも影響を与えてしまいます。そんな方は「見た目」…

1位豆腐・2位レバー・3位は?40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

日本一おいしくて簡単な生甘酒の作り方! ダイエット&便秘&美肌の飲み方

最近、なんだか甘酒が気になりませんか? ふと気がつくと、近所のスーパーでも売り場面積を拡大中です。関西には「ひやしあめ」という夏の定番飲料がありますが、関東の人…

ビールとワインはどちらが高カロ?40代のお酒の適量は?

いまの気分はチューハイだけど、別にみんなと一緒にワインにしてもいいかも…? 今日は1000円でたくさん飲めるほうにしよう!など、意外に「今日のお酒はその場の流れで決める」という人は多いはず。どうせなら「ち…

夏の前に脚だけでもヤセたい!簡単「美脚そだて」4つのルール

美脚に憧れていても、エクササイズが面倒。それに効果が出るかもわからない。これは多くの方が考えることです。ダイエットより面倒かもしれませんね。しかし4つのメソッドだけで美脚に変わるならどうでしょう。スキ…

深夜の小腹減りにも罪悪感なし!更年期世代の味方「アレンジ納豆」7つのレシピ

更年期を控える40代女性には、イソフラボンが豊富な納豆は嬉しい食材。腸内環境も整え、身体の中から美しさと健康を支えてくれます。そんな納豆の難点は、食べ方が単調になってしまうこと。そこで美容と健康、アンチ…

「二日酔いの吐き気に味噌汁」は実際効いてるの?二日酔いの朝の飲み物10

年末年始の次に飲みの席が多い時期が、この新年度の歓送迎会シーズンです。さすがに40代ともなると前後不覚になるまで飲むこともないとは思いますが、「昔と同じ量」を飲んでも朝はだるいわ、抜けないわで大変ですよ…

食べてクリアな美肌を作る!春の4大成分とレシピって?

40代がクリアな美肌を守るには食事も要です。特に気温や湿度の変化も関係して、不調に陥りやすい春はスキンケアと食事でキープさせることが必要です。春に意識して摂るべき成分とそれが含まれる食材をピックアップし…

マヨにコレを足せばカロリーダウン&健康食材に!4つの調味料

「素材の味だけでおいしい」ことは真実ですが、それでは食べた感じで物足りないから調味料があります。でも材料によっては油分や塩分の摂り過ぎになりやすいのが、美しく暮らしたい40代の悩みです。そこでキレイ度を…

美肌も美やせも手に入れる!「春野菜」罪悪感ゼロのおつまみ3

冬が過ぎれば春になります。季節が変わったなら、旬の味覚を存分に楽しんでみませんか? 旬の食材にはこれからこの季節を迎えるために必要な栄養素が詰まっています。そのパワーを生かすベストな摂取方法を踏まえて…

基礎代謝アップ!5分で冷えを撃退するシャワーの浴び方

のんびりお風呂でくつろぎたいけれど、忙しいとシャワーで済ませてしまいますよね。気分転換にはなるけれど、「身体を温める」という点では確実にいまひとつ……。でも、シャワーだけでもバスタブに浸かってくつろいだ…

「当たりの医者」を近所で見つける!4つのポイント

若いうちは少々はかなげで弱々しいほうが「かわいい・美しい」かもしれませんが、50代に入ると線の細さがそのまま枯れてギスギスした老けた印象へと変化します。人生の半ば過ぎ以降は、ヘルシーでエネルギーに満ち溢…

4アイテム使い分けて超時短!冬のボディ最終しっとりメソッド

つい放置しがちな「顔以外」の部分の保湿。機能の高いクリームをこまめに塗ればいいのはわかっているけれど、なかなか時間が……という40代の皆さま、高機能クリームよりも「そのタイミングで確実に塗れるもの」が重要…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

HEALTHに関する最新記事