「20年ぶりのマツエク」で申し訳なさそうに言われたこととは…

もう20年ほど前にまつエクが流行り出した頃、お仕事のおつきあいもあってさっそく最先端のまつエクをやっていました。その前はまつ毛パーマにハマっていたので、やはり20~30代はぱっちりとした印象的な目を演出したかったんでしょうねぇ。そのうち、忙しくてサロンに定期的に通えず、まばらなまつエクがイヤになってやめてしまいました。

【取材で巡りあった今ときめいているコスメby中尾慧里#2】

私が50歳になって「まつエク」に再び手を出したワケ

もちろん、今でもぱっちりした目でありたいと思いますが、50歳を超えるとそういう演出の前に、自分のまつ毛が抜けて痩せて少なくなっているという現実にぶつかるんです……。で、どんなに優秀なマスカラを使っても「効果が今ひとつ」というがっかり感が。そこで、素直に「毛の数を増やしてふさふさにしたい」とおやじのような願望が頭をもたげたのです。

で、久しぶりにまつエクサロンへと出かけました。何でもそうですが、日進月歩。毛やグルーの質、サービス、施術時間、仕上がり、装着感、価格などすべてが昔より格段に進歩していてビックリ。

サロンで若いお姉さんにまつ毛を心配される始末

お仕事がら、紹介してくださるまつエクサロンをいくつか存じ上げてますが、今さら行くのが恥ずかしく(苦笑)、自力で近所のまつエクサロンを探し出しました。ひっそりとした隠れ家ぽいサロンで、おばちゃんが行っても恥ずかしくなさそうな雰囲気。実際、誰かとかち合うということがないので、いい感じです。個室に通されて、電話予約した時に対応してくれたお姉さんが施術してくれることに。

ずいぶんまつ毛パーマもエクステもやってないと申告し、カウンセリングした後「とりあえず、まつ毛の状態をチェックしましょう」と言ったお姉さんが、申し訳なさそうに「ちょっと痛みや減りがすごいですね」と。ナチュラルまつ毛だったのに、やはり加齢や過剰なマスカラ漬け、ビューラーがよくなかったのでしょうか。「まつ毛1本1本がちょっと弱ってます」と。つまり、エクステをつける土台が弱くて、それほど数がつけられないかも、とのこと。

それでも、お姉さんがすごくよい人で、「なんとか丈夫そうなものにつけていきましょう!」とはりきってくださり、がんばって90本。「次回までに何かしらケアを始めるといいと思いますよ」とアドバイスまでしていただきました。ショック……。

長年の経験を信じて、最後に選んだ「ケア」とは?

さっそく帰って、手当たり次第にまつ毛美容液をつけてみました。2回目にサロンに行ったときに「たっぷりと美容液をつけすぎていませんか? 束になっていますよ」とお姉さん。せっかくセパレートでふさふさしていたのが、2~3日目から確かに束になってみっともなくなってたんです…。焦って適当にケアしちゃダメですよね…反省。で、昔から信頼あるまつ毛美容液「avance」にまつ毛を託すことに。

「avance」=アヴァンセといえば、トータルアイメイクブランド。記憶に残るのは、まつ毛美容液をかなり早くから出していたこと。「ラッシュセラムN」(税別1,500円)は当時も使ってみたことがあって、なかなか好感触だったのを思い出したので、さっそく使い始めました。2週間連続で朝晩欠かさずケアしてサロンに行くと、お姉さんが「きちんとケアされてますよね。かなりよくなってますよ」と。まだ2週間ですが…と思いつつ、つけてもらうと、110本! おお、ふさふさ感が違う!

「ラッシュセラムN」は今あるまつ毛のハリやコシを高めるだけではなく、生まれ変わるまつ毛も保護。細めのフロッキーチップで根元に塗りやすく、ベタつきなし。さすが20年近くアイゾーンケアプロダクトを手がけるアヴァンセ。

さらに、最近ではまつ毛ケアの「ラッシュセラムシリーズ」と、つけたまつエクを長持ちさせるべく誕生した「アヴァンセ マツエク プロテクトセラム」(税別1,500円)も追加。日数が経ってきてまばらになり始めたまつエクを、キレイにセパレートしながら乾燥や外的刺激から守ってくれるというモノ。まつエクに負担をかけないよう開発されたブラシが負担なく使いやすいし、ツヤをプラスしながらキレイに仕上げてくれるんです♪

最近では毎日欠かさないアイテムです♪(著者撮影)

 

年齢には抗えないもの。でも、不屈の精神で崖っぷちから落ちないようにあの手この手を探せば見つかるんですよね~。今は、アヴァンセのアイテムで残り少なくなってきたまつ毛を丈夫に育てながら、まつエクでぱっちり目を演出することで、若々しい気持ちをキープしている中尾でした。

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

【美容ライターが提言】40代50代の「たるみ毛穴」をキュッと締め上げる!化粧水・美容液・クリームはコレだった

抗老化生活を模索している中尾慧里です。今回のテーマは「たるみケア」とのことなんですが、50歳を過ぎると、すべてにおいて重力には逆らえない状態。いろいろなことを試している最中なので、何を話していいやら?と…

爽快!50代「枯れかけボディ」のめぐりを促す美容鍼で背中のハミ肉撃退

猛暑の中、老体に鞭打って仕事をこなすライター・中尾慧里です。最近は肌表面のトラブルだけではなく、健康面でもいろいろと心配ごとが増えてきました。50歳を越えてくると、シミだの吹き出物だの言ってる場合ではな…

50代の気になる吹き出物。美容のプロが長年使っている2品とは…?

ごぶさたしております。ライター中尾慧里です。気になっていた、老け感を増幅させるシミがなくなって、日々快適に過ごしております(前回記事でもご報告しましたが、クリニックでレーザーを…)。シミがない素肌って…

流行りの「太眉」、40代・50代はついゴン太眉になりがちだけど…

ごぶさたしております。ライター中尾慧里です。3月はクリニックでの「シミとり大作戦」を決行しておりまして、ついついこちらのブログから離れておりました。その大作戦のことは、シミのビフォー&アフター写真と共…

以前より「シワが深い、シミが濃い!」と思うこと、ありませんか?

ある日ふと、鏡を見ていて「シワが深くなってる!」「シミが濃くなってる!」とか、写真を撮ったとき「横顔がたるんでる!」といったことに気づくことはありませんか?深くなる肌悩み、あなただけではありません!40…

[PR]

50歳ぺたんこ髪のハリ・コシが復活!はちみつの秘密とは…

50歳のラインを超えると、途端に「毛」そのものが弱く細くなってくる、ということを実体験している今日この頃です。前回ご紹介した時のまつ毛もそうですし、体毛すらも弱弱しくなるし。でも、やっぱり他人の目にも明…

10年試してたどり着いた!このコンシーラーを40代のシミ肌や色ムラに

コンシーラー暦10年。試しに試してたどり着いた感激の1本!はじめまして、こんにちは。美容ライター&エディターの中尾慧里です。これから皆さまに、自分でくまなく試して、これはすばらしいと確信した美容の情報を…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事