英語で失礼なく「わかりません」と言えますか?ちょっと上級の気配りワード

英語を話す人に、場所をきかれたり、開店時間をきかれたりして、その答えを知らないとき、
たいてい

I don’t know.
わかりません。

と答えますよね。
じつはこれだけだと、場合によっては失礼な受け答えになっているかも。

“I don’t know.” だけだと、「そんなこと知るか」というような、素っ気なく、
きつい感じをあたえる場合もあります。
今回は、日常でよく使う「知りません」の、シチュエーションにあわせての英語フレーズを、
ご紹介します。

ごめんね、私も知らないのという柔らかい返答

Excuse me, where is the post office?
すみません 郵便局はどこですか?

ときかれたら、

I’m sorry I don’t know.
すみませんが知りません。
I’m afraid I don’t know.
残念ながらわからないです。

悪いけど……という言葉を加えると、柔らかい印象で、失礼のない返答になります。

よくわからないけどこうかなと確信がないけど、返事するときは ”I’m not sure” を使います。

I’m not sure but it is in front of the station.
確かではないけど、駅の目の前にあったような気がします。

I don’t know. だとわからないから答えませんという印象ですが、I’m not sure,……
だとそのあとに何か答えようという意思を感じさせます。

全くわからない!見当もつかない。理解できない!

また、全く分からない、見当もつかないといった場合には、
I have no idea. を使います。

What is  he thinking about?
彼は何を考えてるの?
I have no idea.
見当もつかないわ

相手がいっていることを理解できないときは

I don’t understand it.
わかりません。
understandは「理解する」という動詞ですね。
言葉はきこえているけど、相手のいっている内容が意味不明の時や、その行為に納得いかないときに使います。

Why does she complain about it?  I don’t understand it.
なんで彼女は不満をいうんだろう。私には理解できないよ。

単に相手のいってることの内容が理解できないとき、カジュアルな相手ならは
I don’t get it.
わかりません。

I don’t see your point.
話の要点がわかりません。
ちょっときつい言葉ですが、ビジネスの時にも使えます。

 

そもそも英語が聞き取れなかった 

おそらく英語で話しかけられて、一番わからないのは、何を英語で言っているか、
聞き取れなかったときですよね。
相手の言った英文や、単語そのものが聞き取れなかった場合は

I couldn’t catch what you said.
あなたがなんと言ったか聞き取れませんでした

できたら I am sorry. も加えましょうね。

 

スポンサーリンク