大掃除で捨てないで!「フリマアプリで意外に高値がつくもの」3選

捨てるのもお金がかかる!売った方が得

 

今年も残すところわずか。気ぜわしい中、大掃除も少しずつしていきたいものです。掃除をしていて出てくるのが不用品ですが、捨てるのにもゴミ袋など処分費用がかかります。自分が不要なものでも欲しい人がいるかも! 捨てる前に売りに出してみましょう。売ってみて売れなかったら捨てても遅くはありません。

 

リサイクルショップは二足三文

不用品を売るといえばリサイクルショップです。筆者も服やノベルティのタオルなどを持参したことがありますが、買取価格が低くびっくりして持ち帰ったことがあります。例えば、インディヴィで1万円以上したスカートが100円、新聞屋さんからもらった野球チームオリジナルハンドタオルは5円。お店までの交通費にもなりませんでした。

メルカリやヤフオクは売れたらいい値がつくことも!

 

そこで帰ってから同じものをメルカリに出品してみたところ、スカートは1500円、ハンドタオルは300円で売れたのです!

メルカリに払う手数料は代金の10%です。

スカートは

売れた価格1500円-(手数料150円+送料250円)=1100円の利益

ハンドタオルは

売れた価格300円-(手数料30円+送料120円)=150円で合計1250円の利益でした。

リサイクルショップだと105円でしたから、メルカリの方が1145円いいお値段で売れたことになります。

 

では、気になるのがメルカリで売れやすいモノ。私がこれまで取引してきた中で、「すぐに売れた3アイテム」をご紹介しましょう。

・ブランドもの

価格設定に悩んでしまいがちですが、メルカリの姉妹アプリ「メルカリメゾンズ」なら出品前に査定していくらで売れやすいか調べられ、「メルカリ」と同時出品することもでき便利です。

・金券関係

金券ショップで売れない金券も売れるのが魅力です。東京ディズニーランドのチケットは入場がQRコード読み込みになったため使用済みのものかどうか判別ができず、株主優待チケットであれば封筒未開封のままなど金券ショップでは買取り条件が厳しいようです。メルカリなら簡単に出品できます。(チケットが使用済みだった!ということもあるようなので、買う時は出品者の評価などもしっかり確認しましょう)

・固定ファンがいるグッズ

これは売れないだろうと思ったサザンオールスターズの15年前のファンクラブシールも売れたことがあります。子どもにあげても「サザンって何?」レベルなので使ってさえくれないシールが400円で売れました。これはもうびっくりでした。限定モノや非売品などレアなものは人気があるようです。

まとめ

自分にとっては不要でも欲しい人はいるかもしれません。年末の大掃除で出た不用品で、年始のおこづかいにできたらいいですね!ちょっとひと手間かけてお得に不用品を処分しましょう。

 

稲村優貴子 ファイナンシャルプランナー(CFPR)、心理カウンセラー 大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいとの想いから2002年にFP資格を取得し、独立。現在FP For You代表として相談・講演・執筆業務を行い、テレビ・新聞・雑誌などのメディアでも活躍中。FP Cafe登録パートナー。

*公式ブログ 「FP優貴子のマネーライフ・エッセンス」

http://ameblo.jp/cfp-inamura/

*公式ホームページ「FP For You」

http://snowcake2013.wix.com/fp-yukiko

 

*公式facebook「FP For You」

https://www.facebook.com/fpforyoucfp

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

当てはまるなら要注意!「ケチ女」とマネー美人の境界線はここ!

スマートにお金を使って仕事もプライベートもキラキラしているマネー美人。同じようにやりくりしているようでも「あの人ってケチよね」と思われてしまう残念なケースもあります。ケチ女とマネー美人の境界線はどこに…

手取り200万円代でも、1年で100万円貯める3つの方法

収入が少ないんだから貯金なんかできるはずはないと、そもそも諦めていませんか? 貯めている人は手取り年収が200万円代でも1年に100万円貯めています。1年に100万円たまれば10年で1000万円です。実際に貯めている…

1年100万円貯める女性がみんなやっている「お金に好かれる3つのこと」

平成最後の年末だ、クリスマスだ、お正月だと何かと理由をつけて、年末年始にお金をぱーっと使ってしまって反省している人も多いのではないでしょうか。今年こそ貯めたい!と思っているあなたに、世にいう「マネー美…

まだネット予約可能な福袋も!2019「確実にお得な福袋」4選

年末年始は何かとお金のかかる時期。忘年会やクリスマス会など週に2~3回外食することも多くなりますが、ボーナスも入るのでついお財布が緩みがちになってしまいます。この時期特別に買えるお得なものが増えてくるの…

貯蓄ゼロだったけど今年1年で100万円貯めた人の「5つの習慣」

また今年もお金を貯められなかったとため息をついていませんか?毎年同じことを繰り返していてはいつまでたっても貯蓄ゼロです。貯蓄が全くなかったのに今年100万円貯めた人は、「貯める!」と決めてから、貯めるた…

稼いでるのに…?「40代共働き夫婦」が1000万貯まらない3つの理由

ひと昔前は、結婚したら女性は家庭に入って家を守り男性が一家の大黒柱として働くのが普通というイメージでした。しかし今は共働き夫婦が増えています。40代ともなると男性も女性も職場である程度の仕事を任されるよ…

1000万円貯めた人がやっていなかった3つのこと

お金が貯まっている人は年収が多いから当然と思っていませんか?FP相談をしていると年収が700万円でも貯金ゼロの人もいれば、年収240万円ほどでも貯金1000万円の人もいて年収は貯金残高と比例しないものだと日々感じ…

お財布断捨離!今すぐ捨てて!お財布の中のあの3つ

気がついたらお財布がパンパンに膨れ上がっていませんか?マネー相談をしていて、カードローンやお金が貯まらないなどマイナスの相談にいらっしゃる方はパンパン財布をもっていることが多いようです。いっぽう、資産…

40代女性のお金の悩み、一番多いのは金欠…マネー相談を通じてわかったこと

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの稲村優貴子です。私は短大卒業後損害保険会社で事務仕事をしていましたが、書類の確認などだけではなく直接お客様に関わるお仕事がしたいと思い、2002年にファイナンシャル…

「保険なのにお金も増える」FPだけが知っている3つの方法

保険というと「あやしい」「うさんくさい」「めんどくさい」というイメージがありませんか?確かに昼休みにアメちゃんを配りにくる保険外交員さんのしつこい勧誘でイヤな思いをしたことがあるかもしれません。しかし…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事