【男の本音】ホステスが教えるオフィスの超がっかり「おばファッション」

シャープなスーツを着こなし、颯爽とオフィスを歩くビジネスウーマン。しかし、思わぬところに「減点オバポイント」が潜んでいるのです。どんな美人も「これをやられちゃ興ざめ」のファッションNGを、CA歴4年、クラブママ歴10年の蒼井凜花がお伝えいたします。

 

1・デスクワークの「健康サンダル」

 

ヘアメイクは手抜かりなく、しなやかな肢体にまとうスーツ姿も決まっている。でも、足元がスリッパや健康サンダルを履いている女性は、男性から見てかなりのがっかりポイント。「若くてもオバサン感満載」「自分の彼女には絶対履いて欲しくない」と手厳しい意見。

「あの子、有能で可愛いけれど、平気で健康サンダルで仕事をするんだ」なんて噂が広まれば、「色気ゼロ」のレッテルを貼られること間違いなし。足元は「きちんと感」のあるヒールを履きましょう。

3センチ程度のローヒールでも、姿勢が正され、立ち姿も美しく見られますよ。

 

2・アフターファイブの「レギンス&トレンカ」

美脚に見えることに加え、保温などの機能性に富んでいる「レギンス」「トレンカ」は、女性にとって心強いアイテムのひとつ。ミニスカやチュニックに合わせるコーディネートでも一時期、流行りましたね。

しかし、男性から見ると「肌の露出が減って、全然セクシーじゃない」「脚を見せたいのか、隠したいのか、中途半端で意味不明」「そもそも、スタイル悪く見えるんじゃない?」「手抜きもいいとこ」とレギンス&トレンカ憎しの声、声、声。

特にブラックのタイプは、「プロレスラーのタイツに見える」こともあるよう。

女性が思う良いものと、男性が思うそれとは若干のズレがありますが、レギンス&トレンカは、そのトップと言っても過言ではありません。男性の前では極力控えたほうがよさそうです。

 

3・隠してない「ひざのタルミ」

ボディの部位で年齢を感じさせるのは、お腹やヒップ、二の腕のタルミ、手や首のシワですが、「ひざのタルミ」も立派な興ざめポイントと言われています。主な原因は、筋肉の衰えとむくみ。筋力低下によって太腿の脂肪を支えきれず垂れさがったり、運動不足や冷えでリンパの流れが悪くなってしまうのです。

美容皮膚科では、「ひざの脂肪を溶かす、脂肪溶解注射」の施術もあるほど。美を求める女性にとっては切実な悩みです。 手っ取り早い回避策として、ミディアム丈のスカートで隠すことをお勧めします。同時に、ひざ周辺のマッサージや「空気イス」等のエクセサイズで、ポッコリひざとサヨナラしましょう。「生足でもキレイ」を目指したいですね。

 

4・ランジェリーは後ろ姿まで考えて

お洒落で優美なランジェリーをまとう女性が増えている一方で、「人に見せるものじゃないし、安さ優先」「今の時季は、あったかさ重視」「新しいブラを買うのは数年に一度」と、下着選びを軽視している人が一定数いるのも事実です。

これが思わぬ落とし穴に。「サイズが合わないブラの背中のハミ肉は、ズバリ醜い」「カッコいいパンツスーツ姿の太腿に、ガードルのラインが見えて超がっかり」「へそ上までのオバパンの子は、絶対に口説きたくない」と、男のダメ出しは辛辣です。

ホステスのファッションは、ドレスやスーツ、着物が主流ですが、酔ったお客様に不意にタッチされたり、シルク等の透け感ある薄い生地を考慮して、ランジェリーへの気配りも怠りません。上下ペアは当たり前。デカパンやガードルはご法度。ローライズのショーツも男性客には「色気ナシ」と不評なのです。

もちろん、皆さんは「タッチされること前提」などと考える必要は全くありませんが、不意のデートの誘いに備えて、普段から下着にこだわることをお勧めします。

サイズが合い、自分を魅力的に見せてくれる下着を身に着けていると、自信や美意識が表情や行動にも表れます。 クリスマスが近いこの時期、男を魅了するランジェリーを探してみてはいかがでしょう?

 

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

男のホンネ!「好きだよ」と言わなくなった男の裏に隠れた5つの理由

初めは良い雰囲気でいた二人なのに、気づけば、彼からの連絡が減っている。デート中も以前ほど盛り上がらない。――恋愛の悩み・すれ違いは、永遠のテーマですね。でも少し考えて下さい。あなたは気づかぬうちに「男を…

ついついやってない? 40代独女が「無残なくらいモテない」10のNG

今年も残すところあと4カ月。「年内には結婚相手を見つけたい!」と願う40代女性も多いことでしょう。さて、多くのモテコラムを書かせて頂いたところで、再度「モテない40代独女のNG言動」を確認してみましょ…

これはダメだわ!「モテない40代独女」がとる5つのダメ行動

40代の恋愛は、多くが「結婚」を意識したものになります。しかし現実は厳しく、とある婚活アドバイザーは「女性35歳限界説」を唱えています。よりよい子孫を残すため、男性は「若い女性との結婚を望む」という生物…

「目で見るだけでシミが増える」?意外に知らない紫外線の話

夏本番となり、気温も日差しも強まるばかり。美肌ケアにいそしむアラフォー女性には、もっとも酷な季節の到来です。美肌の秘訣は「保湿・紫外線カット」が基本ですが、今回は「美白」に対してアプローチしてみましょ…

「オトコに追わせる女」はこうして作る。元CAのあざといモテテクって?

年齢を重ねるほど重要になる「清潔感」。特にお客さまの目に留まりやすいのが手先、足先、髪の毛先などの「先端ケア」。流行のファッションに身を包み、ヘアメイクも万全なのに、これらへの気配りがおろそかだと、残…

モテてモテて困ったCAが「モテの3大疑問」にお答えします!

時代は変わっても、世の男性にとってCAは「高嶺の花」であるようです。彼女たちのモテの秘訣はなんでしょう?今回はサイトに寄せられた疑問点を、CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお答えしたいと思います。…

港区男子1万人をこれで手中に!「永遠にモテる格言4」by六本木高級クラブママ

男性に夢を与え、非日常を楽しんでもらう夜の高級クラブ。美と若さ、トーク術、心くばりなど、女性が自分の価値を最大限に売る熾烈な競争の場でもあります。男性客に選ばれ、リピートされる女性になるためには何を心…

隙とギャップで男を落とす!なぜかモテる女がさりげなく張るワナ3つ

「モテる女には隙がある」「女はギャップが大事」とは言うものの、その具体案がイマイチわからないという女性が多いのが現実。確かに、「上手な隙」「ギャップ萌え」の箇所は人それぞれですね。今回はホステスも使う…

一瞬で男がゲンメツ!クラブママが指摘する「女性の言動」4つのNG

なにげなく放った言葉、とった行動が、男性を幻滅に導くことがあります。無神経・無頓着な言動は、恋愛や仕事において、取りかえしのつかない事態を招きかねません。前回の「ルックス編」に続き、今回は「言動編」を…

こんなところを見られてる!クラブママが指摘する「男の視線の先」4つのNGポイント

女のモテには「適度な隙」が必要と言われますが、隙をこえて「ズボラ」「だらしない」領域まで達してしまうと、元も子もありません。今回は「えっ、男性ってそんなところも見ているの?」という意外な声を、CA歴4…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事