レンチンして冷蔵庫に入れるだけ!深夜も罪悪感ゼロの「もやしレモン」4レシピ

レモンといえばソーダやムースなど夏の食べ物という印象ですが、じつは国産レモンの旬は11月から2月ごろの秋冬。輸入品が1年中スーパーに並んでいるので気づきにくいですが、みかんやゆずと同じ頃にピークを迎えているのです。

数年前、レモンを塩に漬けて発酵させる「塩レモン」が万能調味料として大流行しましたが、この2年はレモンそのものの味が再ヒットしています。「瀬戸内れもん」のスナックや調味料を見かける機会も増えました。

そんなレモンの次なるブームが「もやし」らしい?

 

もやし1袋買っても食べ切れる!

糖質制限を手がける管理栄養士の大柳珠美さんによれば、いまのおすすめは「もやしレモン」なのだそう。

ポイントは、一般的な緑豆もやしでは無く、大豆を発芽させた大豆もやしを使うこと。大豆もやしに白だしをかけ、レモンを合わせれば完成!

大豆もやしとレモンの組み合わせは味や風味だけでなく、栄養素の点からも良相性。また、大豆もやしにレモンをかけることにより、保存性が高まるとも言われています。通常購入から 1 日くらいしか持たないもやしですが、『もやしレモン』にすれば、3 日間は保存が可能です。おかずやおつまみとしてそのまま食べても、料理の中に加えても美味しく食べることができます。

ダイエットと疲労にも

このもやしレモン、食べておいしいだけでなく、健康への効果も期待できるといいます。たとえば夜遅くの夜食にも罪悪感がなさそう。

「大豆もやしに含まれる食物繊維は、食後の血糖値の急上昇を防ぎ、体脂肪の合成を抑制、分解を促進するのに役立ちます。またレモンに含まれるクエン酸は、ブドウ糖を効率的にエネルギーにするため、米や麺類といった主食に『もやしレモン』を混ぜるにもおすすめ。もやしレモンの分、米や麺の量を減らすことができるため、糖質カットもできます」(管理栄養士・大柳珠美さん)

疲れて帰宅した日にちょっと食べる作り置きにも最適です。

「大豆もやしに含まれるアスパラギン酸とレモンに含まれるクエン酸の組み合わせによって『もやしレモン』は疲労回復効果が期待できます。アスパラギン酸とクエン酸は、クエン酸回路を活性化させ、疲労の素となる乳酸の分解を促進します。乳酸は筋肉疲労の原因となり、大量に蓄積されると体の冷えや頭痛を引き起こすと言われています。『もやしレモン』を食べることによって疲れにくい体作りができるのではないでしょうか」(管理栄養士・大柳珠美さん)

基本の「もやしレモン」の作り方


■材料■(作りやすい分量)
「大豆イソフラボン 子大豆もやし」 :1パック
A レモン汁 :1個分
A 白だし :50cc
※レモン汁と白だしの分量はお好みで調節

■作り方■
1  「大豆イソフラボン 子大豆もやし」はレンジに 3 分(600W)入れて、荒みじん切りにし、清潔な調理用手袋やラップなどを使って、しっかり水けをしぼっておく。
2  清潔な保存容器に1と A を入れ、蓋をして全体をふり合わせたら、冷蔵庫で保存。3日を目安に使い切るのがおすすめ。

 

低カロだから深夜でも罪悪感なし!「もやしレモン」活用レシピ4

そのまま食べても美味しく、お酒のおつまみにも合う新しい作り置き「もやしレモン」ですが、調味料として様々な料理と組み合わせて、活用することもできます。「機能性もやし」でおなじみサラダコスモのスーパーフードマイスター・中田澄美香さんが肌寒い季節の「もやしレモン」活用法を教えます。

1・即完成「ラー油もやしレモン」

もやしレモンにお好みでラー油を加えるだけ! すっきりとした酸味にピリッと辛さが加わり、お酒のおつまみにぴったりの 1 品に早変わり。

2・朝ごはんにもおすすめ「もやしレモンスープ」


もやしレモンにお湯を注ぐだけで、朝ごはんにぴったりの野菜スープに! 白だしの豊かな味わいをレモンの酸味が引き立てます。

3・夜食に最適!「もやしレモン雑炊」

意外に調味料を合わせるのが面倒な雑炊ですが、もやしレモンと白だしに任せれば鍋に入れるだけで完成!

■材料■(1人分)
もやしレモン お好み
ごはん 茶わん1杯
水 250 ~ 300cc
白だし:大さじ 2

■作り方■

1. 鍋に水と白だしを入れ、火をかけ沸騰したらご飯ともやしレモンを加えて中火で 4~5 分煮込む。
2. ねぎやゴマなどを加えて出来あがり。お好みで卵雑炊にしても。

 

4・もやしレモンとサラダチキンのホットサラダ

もうちょっと食べたいけれど、糖質も気になるという場合は、鶏ささみに頼りましょう!

■材料■(1人分)

もやしレモン 大さじ2
市販のサラダチキン鶏ささみ 2枚
豆苗や大葉、ピーマン、きゅうりなどお好みの具材

1. もやしレモンとサラダチキンを耐熱容器に入れラップをかけ、レンジで1~2分加熱すればホットサラダに!

 

 

大柳珠美さん(管理栄養士) プロフィール
都内のクリニックで、糖尿病、肥満など生活習慣病を対象に、糖質の過剰摂取を見直し、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル不足を解消する食事指導を専門に行い、薬に頼り過ぎない治療のサポートを実施。ダイエットジムの食事ガイドブック監修、大学野球部の栄養管理を行う他、低糖質メニューの開発、講演会、テレビ、ラジオなどで、栄養科学に基づいた、おいしく続けられる食に関する情報を発信。低糖質メニューの開発、講演会、雑誌、ブログ「管理栄養士のローカーボ・キッチン」などで、真の栄養学に基づいた、おいしく続けられる糖質制限食の情報を発信。著書『「糖質制限」その食べ方ではヤセません』、『食べ方だけで不調をなくす』ほか。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

めんつゆにモッツァレラを漬けると驚きの味に!

「モッツアレラチーズをめんつゆに漬けると美味しいらしいよ」と聞きました。何それおいしそう! とりあえず漬けてみたところ、1・モッツァレラを買ってくる 2・めんつ…

「カステラフレンチトースト」が今すぐ作れてカリじゅわでおいしいという話

シンプルなのに、きちんと作るととっても時間がかかるフレンチトースト。有名なホテルオークラのレシピでは、なんと24時間もパンを卵液にひたします。ところが、カステラで…

ワインを飲むと太る?その原因は○○にあった!

薄着になり肌の露出が増える季節になってきました。年齢とともにポッコリお腹が気になりますよね。ダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか? ダイエットをし…

笠原将弘さんの「あぶり親子丼」が簡単&絶品! プロのコツ満載レシピ 

あまり家で作る機会もない親子丼。でも、一度このレシピを知ってしまったら、週5回でも親子丼を食べたくて震える騒ぎに! 主婦の友社のベストセラーどんぶり本、『笠原将…

どんなパンも「蒸し」で3割増し美味しくなる!決定的コツは

あらゆるパンが素晴らしく美味しく焼きあがる、と買った人が全員絶賛するトースター「バルミューダ」をご存知ですよね。いわゆるスチームオーブントースターは、先に庫内を…

豆乳グルトのおいしい食べ方レシピ、おすすめベスト3を広報に聞きました!

牛乳ではなく、豆乳を、植物性の乳酸菌で発酵させた豆乳ヨーグルト。ここしばらくで代表製品の「豆乳グルト」の流通範囲が広がり、各段に買いやすくなりました。でも、ネッ…

生クリームなしの簡単レシピ!甘酒、豆乳、ココナッツミルクを混ぜるだけ、今井洋子さんのアイスの作り方

1年を通して、お風呂上りには必ず食べたいアイスクリームとシャーベット。でも、砂糖や油脂をたっぷりとると、寝る前の体にとってもダメージがありそう……。そこで、注目の…

コンビニで全部手に入る!オススメワインと5分でできるちょい足しレシピ

最近、コンビニのワインコーナーが充実してきました。ワインが身近になっている証拠ですね。でも、コンビニに売っているワインって美味しいの?悪酔いしそう、、、。と不安…

新米の塩おにぎりに「ごま油」プラスすると絶品!よりおいしくするポイント3つ

こんにちは!新米美味しいですね! 昨年末炊飯器をバーミキュラに変えてからお米が美味しくて美味しくて、お米屋さんで2銘柄ずつ買っては味比べしています。バーミキュラ…

「疲れ・頭痛・むくみ」 女性の3大悩みはこの栄養不足が原因だった!

おつかれさまです。時間があるときはいいのですが、忙しくなるととたんに食事がでたらめになって、結果的に身体がスッキリしないというアラフォーのみなさん。疲れが取れな…

ハーゲンダッツ茶房「これ食べといたほうが」ランキング

1年中もれなくどの季節も楽しんでいるハーゲンダッツ。新フレーバーが出るたびコンビニやスーパーの店頭へ探しに行く20年選手も多いのではないでしょうか!さて、そんなハーゲンダッツが、5/6までの期間限定カフェ『…

みんな、出張のときの「きちんと服」どうしてる?スマホより軽いジャケ&ワンピ登場

夜ちょっとした会食がある、よいお店の予約を入れてみた。そんな旅行や出張のとき、みなさん「夜用のもう1枚」をどうしていますか? シワにならないように持っていくのがめんどくさい、バッグに入れるとぐちゃぐち…

更年期世代の肌たるみは「骨が減る」せい?閉経前後の注意事項【医師に聞く】

閉経前後に急激に女性ホルモン分泌が減る、という話は近年よく知られるようになりました。食事や運動である程度対策したほうが良いことや、いわゆる更年期症状がつらい場合は婦人科に頼って治療したほうが良いという…

【専門店が教える】大人気!バターコーヒーの作り方と「最強」な飲み方

昨年の6月、東京・JR代々木駅前に突如として「バターコーヒー」のお店がオープンしました。代々木在住の私は嬉々として初日に立ち寄り、飲んだ感想を元に自己流のレシピ記事を書きました。そして、冬の間にたるんだ…

今度は腸活のお茶ですって!「サントリーの新烏龍茶」が満を持して発売

突然ですが、「玉ねぎヨーグルト」ってご存知ですか? 玉ねぎをスライスしてヨーグルトに混ぜ塩少々追加、一晩寝かせたものを毎日食べる健康法です。ヨーグルトは善玉菌のビフィズス菌摂取、玉ねぎは水溶性の食物繊…

年度末のいまこそ作る意味がある「今年度はじめてやったこと」リスト

週が明けると新年度が始まります。新しい職場で働く人も、自分の部署に新入社員を迎える人も、また自分が部署を異動する人、新たなミッションに挑む人もいることでしょう。もちろん、表面上、前週までと何も変化がな…

「餃子にビールはもう古い?」まさかのコレにおじさんがハマった件

先日、「メルシャンのロゼワインセミナーがあるよ」と話したら、部内の楽しいこと大好き系おじさんが高反応したんです。「オッ、いいねえ」的なノリで。そしてセミナーに行って帰ってきたら「もう明日からロゼしか飲…

シャンプー成分3つの誤解「シリコーンは頭皮に悪い」は都市伝説?

シャンプーの〇〇成分は頭皮に悪い、というネット記事を目にしたことはありませんか?ふと気が付いたら「ノンシリコーン」と書いてあるシャンプーが増えました。今回話を伺ったディシラの新シャンプーもまたノンシリ…

野菜がこんなに美味しいだなんて!東京イチ眺望のいいテラス席で

最近、ヴィーガン、ベジタリアンメニューの話をよく目にしませんか?たとえばぎんざ泥武士のようにもともと有機野菜がメインのお店でヴィーガン対応も可能なお店や、青山のたまな食堂のようにマクロビがベースのお店…

このまま肘を引ける?「エクササイズ界の脳トレ」セラサイズが難しい!

こんにちは、生ける体調不良ことOTONA SALONE編集部の井一です。今年はついに花粉症を発症したかなと思っていたら、ひっどい風邪をひいていました。ちょっと油断するといきなり肺炎になるので気を付けます。さて、「…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FOODに関する最新記事