しょうがで冷えを改善!料理家が教えるカンタン温活レシピ

体をあたためる食材といえば、まず思い浮かぶのが生姜。わたし自身も、長年冷えに悩まされていましたが、生姜を意識してとりいれるようになって以来、冬でも体がぽかぽかするようになり、苦手だった冬の朝も平気に。

今回は、そんなわたしの冷え克服体験から、生姜といえば、薬味程度にしかつかったことがないという人にも、普段の生活の中で上手に生姜をとりいれられるレシピのアイデアをご紹介します。

生姜とさつまいも、りんごのジャム

レシピ
【材料】つくりやすい量

生姜      30g
さつまいも   1/2本
りんご     1/4個
水 150cc
きび砂糖    120g
レモン汁    小さじ1
バター     10g

 

【作り方】

  1. 生姜は皮を剥き、千切りにする。さつまいもは皮をむき、1㎝幅の輪切りにし、水につける。りんごは芯をとって皮ごと5mm厚さにスライスする。
  2. 鍋に1と水を入れ、蓋をして中火で加熱する。
  3. さつまいもに竹串をさしてすっととおったら蓋をとり、きび砂糖、レモン汁を加え、木ベラでさつまいもを潰しながら水分を飛ばし、ひとまとまりになったら火を止め、バターを加え混ぜる。

 

 

出来上がったジャムは、トーストに塗ったり、ヨーグルトのお供などにどうぞ。

生姜のほのかな辛味と、レモンの酸味が効いていてやさしい甘さのジャムです。糖度が低いため3~4日で食べ切りましょう。

温め食材「生姜」


12月に入り、寒さもぐっと厳しくなってきました。寒いからといって、暖房をつけた部屋に長時間いると、お肌も喉も乾燥がすすむばかり。かといって、たくさん洋服を着込むのにも限界がありますよね。そこで、普段食べるものからも寒さ対策ができる方法がないかとあれこれ調べていたらたどり着いたのが『生姜』です。

生姜に含まれる辛味の主成分であるジンゲロールは、血行を促進し、体を芯からあたためる効果が期待されています。実際、生姜に蜂蜜を加えて弱火で長時間煮出してつくった生姜シロップを飲み始めてから、体の中からぽかぽかするように。最初は一過性のものかとおもっていたのですが毎日飲み続けるごとに、自然と手足の冷たさも緩和され、効果があがっているのがわかるようになりました。

 

いつもの○○にいれるだけの温活レシピ

生姜というと、薬味として料理に少し添えたりするなど、一度に大量に摂取する習慣はあまりありません。一度に大量に摂取しようとすると辛味が強すぎて食べられなくなるため、日頃たべている食事の中に少しづつ足していくのがおすすめです。

具体的には以下、2つの方法があります。
・味噌汁、スープに生姜を加える。
→味噌汁やスープなど、普段口にするものにおろし生姜を加えてみてください。

いつもよりも少し後味がピリッとくる程度で、味には大きく影響しないため、取り入れやすいと思います。

 

・調味料に生姜を加える。
→普段つくっている煮物やおひたしの漬け地に、生姜を少し足してみてください。味自体は生姜の風味が加わり、いつもの料理にも味のバリエーションがひろがります。

また、写真のように、お刺身の醤油に生姜をちょっぴり混ぜるのも手軽な方法です。

 

生姜を手軽にとりいれて冷えを解消

冷えには生姜がいいとはわかってはいるものの、いざ、生姜をつかったレシピ・・・と考えるとなかなかアイデアが浮かんできません。それよりも、普段たべている食事にすこしづつ生姜を足してみることで、生姜をもっと手軽に、日常的にとることができます。

冷えは万病のもとといわれるように体の冷えは、冷え性以外にも肩こりや肉体疲労などさまざまな体の不調にもつながります。今年の冬はいつもの料理にちょっと足すだけの生姜レシピで冷やさないからだづくりをしてみてはいかがでしょうか?

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その下半身太り、実はおしりの冷えが原因!? 5分でむくみを解消するテク3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

めんつゆにモッツァレラを漬けると驚きの味に!

「モッツアレラチーズをめんつゆに漬けると美味しいらしいよ」と聞きました。何それおいしそう! とりあえず漬けてみたところ、1・モッツァレラを買ってくる 2・めんつ…

「カステラフレンチトースト」が今すぐ作れてカリじゅわでおいしいという話

シンプルなのに、きちんと作るととっても時間がかかるフレンチトースト。有名なホテルオークラのレシピでは、なんと24時間もパンを卵液にひたします。ところが、カステラで…

笠原将弘さんの「あぶり親子丼」が簡単&絶品! プロのコツ満載レシピ 

あまり家で作る機会もない親子丼。でも、一度このレシピを知ってしまったら、週5回でも親子丼を食べたくて震える騒ぎに! 主婦の友社のベストセラーどんぶり本、『笠原将…

どんなパンも「蒸し」で3割増し美味しくなる!決定的コツは

あらゆるパンが素晴らしく美味しく焼きあがる、と買った人が全員絶賛するトースター「バルミューダ」をご存知ですよね。いわゆるスチームオーブントースターは、先に庫内を…

豆乳グルトのおいしい食べ方レシピ、おすすめベスト3を広報に聞きました!

牛乳ではなく、豆乳を、植物性の乳酸菌で発酵させた豆乳ヨーグルト。ここしばらくで代表製品の「豆乳グルト」の流通範囲が広がり、各段に買いやすくなりました。でも、ネッ…

「疲れ・頭痛・むくみ」 女性の3大悩みはこの栄養不足が原因だった!

おつかれさまです。時間があるときはいいのですが、忙しくなるととたんに食事がでたらめになって、結果的に身体がスッキリしないというアラフォーのみなさん。疲れが取れな…

生クリームなしの簡単レシピ!甘酒、豆乳、ココナッツミルクを混ぜるだけ、今井洋子さんのアイスの作り方

1年を通して、お風呂上りには必ず食べたいアイスクリームとシャーベット。でも、砂糖や油脂をたっぷりとると、寝る前の体にとってもダメージがありそう……。そこで、注目の…

専門家が教える、冷えと低体温をなおす3つのコツ

すっかり冬本番です。足下から冷えやすいオフィスで、膝掛けが手放せないというかたも多いのではないでしょうか?慢性的に冷えを感じやすい低体温は、女性特有の体調不良を…

オトナの夏の胃腸疲れにきくリセットスープ

フードスタイリストの河合真由子です。お盆が過ぎ、夏のおわりを感じさせるように、朝晩は涼しい風が吹くようになりました。夏から秋への季節の変わり目は、夏の間に受けた紫外線などのダメージや、溜まった疲れが一…

レンジで3分!楽ちんなのに満足感「夏野菜のヘルシー丼」

フードスタイリストの河合真由子です。酷暑が続く、日本列島。汗だくで帰ってきた日は、キッチンにたつのも億劫になりがち。そんなときにおすすめなのが火をつかわないでできる一品。今回は、電子レンジでつくれる夏…

ひっくり返さないオープンオムレツで!インスタ映えもOKの贅沢朝ごはん

フードスタイリストの河合真由子です。朝ごはんの定番といえば卵料理。なかでもふわふわのオムレツは、食欲をそそる大人も子供も大好きな一品。でも、家でつくるとなるとコツがつかめずつくるのにハードル高め。なら…

毎日のキレイに♪アーモンドミルクでつくる麺レシピ

フードスタイリストの河合真由子です。第三のミルクともいわれるアーモンドミルク。一時のブームは去ったものの、実はキレイのもとが詰まっておりおすすめしたい飲み物です。今回はそんなアーモンドミルクを毎日の食…

コンビニ食材でつくる がんばらないで痩せるおつまみ

こんにちは。フードスタイリストの河合真由子です。ここ最近雨の日々がつづいていますが、梅雨がおわればいよいよ本格的な夏の到来です!真夏になる前に、気になる体のラインも整えておきたいところですが、ハードな…

鯖缶もOK!「パワーサラダ」のお手軽ヘルシー朝レシピ

フードスタイリストの河合真由子です。毎日の食生活、気をつけてはいるものの、外食が続いたりするとうっかり野菜不足に陥りがち。そんなときにおすすめしたいのが、栄養バランスがとれたお手軽パワーサラダです。今…

【簡単かわいい】「オープンいなり」でレジャーのお弁当ラクラク!

ちょっとしたホームパーティーやイベントのときに、ぱぱっとできる手料理のレパートリーがあると便利。そしていまどきは、おいしいだけでなく見た目のかわいさも重要!そこで今回は、手軽にできて、しかも見た目もか…

材料3つ!低糖質パン「クラウドブレッド」でつくるヘルシー朝ごはん♪

GWもおわり、気温がだんだんと温かくなると体のラインが気になる季節でもあります。そんな40代独女におすすめしたいのがクラウドブレッド。今回は、見た目はパンのようにふかふかなのに、小麦粉を一切つかっていない…

お肉がっつり食べてもヘルシー!野菜、きのこを巻くだけ「肉巻き」

日々の忙しさで体が慢性的にお疲れ気味。そんなときは、がっつりお肉!といきたいところですが、カロリーやお財布事情を考えるとそんなに頻繁にボリュームのあるお肉を食べるのは難しそう。そんなときにおすすめした…

深夜もセーフな糖質オフ!ビーフと野菜のヘルシーかさ増し「まぜご飯」

炊き込みごはんは炊飯器一つでできて見栄えもよく、具沢山でおいしけれどもついつい食べ過ぎてしまうのが悩みのたね。そこで今回は、手軽においしくごはんを食べながらもうっかり食べすぎ防止にも役立つ、お肉と野菜…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事