年齢を重ねると顔が大きくなる!? 40代女性「顔のコンプレックス」ワースト3

40代になってから、顔にコンプレックスを感じ始めていませんか?

年齢を重ねると、悲しいかな、老化による顔周りの悩みって、やっぱり増えてきます。

しかし、仕事に家事に育児に介護に……と、いろいろなことに追われる年代でもありますので、日々のお手入れはできるだけシンプルかつ時短で済ませたい!

「実は、私もコンプレックスを感じています」と、密かに顔まわりに自信がなくなり始めている40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、年齢を重ねた女性がいだきがちな顔まわりのコンプレックスのお話や、オトナ世代の賢い小顔ケアに最適なコスメ選びのお話をしていきます。

 

女性がコンプレックスをいだく顔のワースト3

 

40代の方々とお話していて、顔のコンプレックスにまつわる話題になると、多くの女性から聞こえてくるのが、次のような声。

私の感覚で、ランキングにしてみると……

 

3位:ほうれい線

「頬のあたりからお肉が落ちていて、鏡を見るたびに、自分の顔が大きなブルドックみたいになっていて嫌になる」(46歳・自営業)

2位:顔のたるみ

「顔がたるんできて輪郭がぼやけた気がする」(42歳・広告代理店勤務)

1位:顔の大きさ

「年を重ねるごとに、顔が大きくなってきた気がする」(44歳・商社勤務)

 

こんなふうに、年齢を追うごとに「顔が大きくなったような気がするわ……」と、人知れずため息をついている女性は、決して少なくありません。

とくに、加齢とともに顔が大きくなったように感じているお悩みは、多くの女性が口にしています。

 

顔の大きさは年齢特有の「たるみ」「むくみ」も関係

40代以降の女性には、加齢とともに「たるみ」や「むくみ」が目に見えやすくなり、そのたるみやむくみのせいで、顔の大きさや輪郭に、不満を抱き始める人もいらっしゃいます。

若い頃には、たるみやむくみと無縁だった人でも、年齢によってお肌のハリ感が失われ、重力も関係して「なんとなく顔が大きくなってきた」と、コンプレックスを抱きやすい年代というわけ。

そして「ちょっと顔が大きくなってきた気がする」と感じてしまったタイミングで、それなりのお手入れを始めた人と気になりつつも放置した人では、数年後、さらに顔の大きさに差がつくことも……。

ですので、アラフォー世代になったら、“むくみ”や“たるみ”のお手入れは、顔の大きさにまつわるコンプレックスとも深い関係があるのです。

 

時短でむくみ・たるみのケアをするなら!

 

大人のたるみ・むくみ対策のお手入れって?

たるみやむくみが気になり始めたアラフォー女性に必要なお手入れには、実はとっても手間がかかるものも多く、具体的には次のようなものが挙げられます。

(1)たるみで縦長の顔になってしまった人は・・・リフトアップケア

(2)脂肪がつきやすく取れにくいお悩みがある人は・・・ほぐすケア

(3)まぶたが重なり目が小さく見え始めた人は・・・流すケアとハリ感を与えるケア

(4)顔や首のむくみが気になっている人は・・・流すケア

(5)立体感がなくなり扁平な顔になっている人は・・・ハリ感を与えるケア

こうして見てみると、どれも、けっこうな手間と努力が必要なだけに“時短”でアプローチできるものは少なく、このあたりに不満を感じている女性も多いのではないでしょうか。

むくみは放っておくとセルライトにもなりますし、あごの筋肉にはコリがつきやすく、エラ張り顔の原因になることもありますから、お手入れすべきことはわかっていても、実際には、忙しくてそこまで手をかけられない女性だって、多いですよね。

しかし、大丈夫。最近は、スキンケアコスメに使われる技術も上がっているので、コスメ選びさえ間違えなければ、コンプレックスに感じている“むくみ”や“たるみ”にへの時短でのアプローチも可能な時代です。

 

 

リナライズでサロン級のセルフエステが時短で叶う!

小顔業界の実力派として国内外問わず様々な分野で活躍される小顔骨格矯正サロン『agora』代表の吉岡房重先生が完全監修した『LINERIZE(リナライズ)』は、エステサロン級のセルフケアが時短で叶うオトナ女性向けのジェル。

『リナライズ』はグラウシン、有機ゲルマニウム、トルマリンなどエステサロンでは主役級の成分を始め、良質なプラセンタやヒアルロン酸、リンゴ果実培養細胞エキスなど36種類もの美容成分を配合している本格派の美容液なのです。

有機ゲルマニウム、純金、トルマリン、グラウシンで引き締めながら、ヒアルロン酸やコラーゲン、プロテオグリカンなどの成分でうるおす。つまり、引き締めケアとうるおいケアが同時にでき、小顔ケアが時短で叶います。

聞きなれない方もいらっしゃるかもしれない「グラウシン」とは、エステでもおなじみの引き締め成分ですが、これに加えて24金やトルマリンなどの豪華成分を配合している家庭用コスメは、希少な存在です。

 

自宅で小顔矯正サロン級のセルフエステ!

『リナライズ』は、小顔矯正サロンでの施術に使われる美容液に、さらに改良を加え、サロン級のセルフエステを体験できるセルフマッサージにも最適な仕様。滑りがよく、皮膚への負担を軽減してくれるから、エイジングを重ねた肌にもやさしい使い心地です。

豊富な保湿成分が配合されているので、乾燥が気になる女性でも自宅でエステ級の体験が!

配合されている純金が見える高級感のあるパッケージは、オトナ世代が洗面所に置けるデザインで、本物志向の女性もきっと納得できるはず。『リナライズ』という名前の響きも、かわいいうえに効きそうな感じがありますよね。

 

年齢を重ねて気になり始める「むくみ」や「たるみ」による顔の大きさには、賢いコスメ選びで対策をしてみてください。多忙な女性は、時短で引き締め&うるおいケアが叶う『リナライズ』を、ぜひ選択肢に入れてみて!

 

リナライズのお得な情報はコチラ!

 

Sponsored by tocohana project株式会社

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

「安いUV」でも効果は同じなの?日焼け止め剤と価格の話

紫外線のシーズンが本格化する前にUVカット剤をどう選ぶかも、アラフォーには重要な課題だといえます。日焼けやシミ・そばかすを防ぐだけではなく、将来の美肌をキープさせ…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

年齢とともに大きくなったほくろ。癌の可能性がないのでしょうか? 【皮膚科医に聞く♯1】

ニキビに悩んだ10代から始まり、年々深刻になっていくお肌の悩み。40代を越えるとシミ、シワなどのお悩みに加えて「これは病気なの?」と心配になるような肌トラブルも…。…

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワ…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

チーク下手な40代は必見! 誰でも「オバサンくさくならない」チークメイク3つのコツ

濃すぎても薄すぎても、“オバサンっぽさ”に繋がりやすいパーツメイクと言えば、真っ先に「チーク」が挙げられます。と同時に「私って、本当にチーク使いがヘタだわ……」と頭を抱えている40代も意外と多く「チークを使…

「この女、育ちが悪い…」一発ジャッジに繋がる40代女性のデンジャラスなLINE

40代にもなって身近な人から「育ちの悪い女だなぁ……」なんて思われるのは「とても不名誉」だと感じる女性は多いのではないでしょうか。しかし男性たちは、恋のお相手を探しているときほど「この子は、どんな背景があ…

アイライン下手すぎ…? 脱「ケバすぎオバサン」、ナチュラルに描く3つのコツ

「アイラインを描くと、どうもケバくなってしまう……」と頭を悩ませている40代女性って、意外と少なくありません。しかし若い頃と比べれば、自分比で目元の印象が弱くなってくる年代でもあるだけに、アイラインをデイ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事