お休み中こそ日頃サボりがちなボディケアを入念に!でも時短で

お正月に「外に出ても寒いし、人混みだし」となれば、開き直って“おこもり美容”を楽しむのも、大人の過ごし方です。

ちょうど、なにかと乾燥が気になる季節でもあるので、この機会にたっぷりのボディケアをして、うるおいをチャージしておくにもぴったり。

「この休暇のうちに、ボディの乾燥をなんとかしたい」と密かに考えていらっしゃる40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、40代女性が“乾燥しらずのボディ”を目指す時短ボディケアをお話していきます。

 

40代の乾燥したカラダは休暇を利用してたっぷり保湿を

 

アラフォーあたりから、お風呂上がりのカサカサ肌や外出先でのガサガサ肌に頭を抱える女性も増えてきます。

そして、真冬ともなれば外気はカラカラに乾いているので、ボディのうるおい不足も深刻に。

ボディケアって、顔のケアに比べるとおろそかになっている女性も少なくないようなのですが、本来は、顔と同じくらいに手をかけてあげたいもの。年齢を重ねた肌なら、なおのことです。

しかし、現代の40代女性たちは忙しい。本当は、定期的にエステに通って丁寧に手をかけたいけれど、そうもいきません。

ですので、自宅でボディケアが完了すれば、それに越したことはないはず。

ふだんより手間をかけたお手入れがしやすいこのお正月休暇を活用して、“おこもり”でパーフェクトに手をかけておけば、ウィークディになっても乾燥しらずのお肌を育みやすくなります。

 

1:お風呂上がりのバスオイルでブースターケア

お風呂から出て、バスタオルで体を拭くまでの間にひと手間を加えておくと、保湿ケアの“下地”ができます。

私のおすすめは、アルガンオイル。

アルガンオイルには、スキンケアのブースター的な役割をする働きがあるので、保湿ケアの下地づくりに最適です。ブースター作用によって、次に行うお手入れを促してくれます。オイル単体でもいいですし、アルガンオイルが配合されているバスオイルを使っても手軽です。

最近の私は、ニュートロジーナ®︎の『インテンスリペア ボディ オイル』を、お風呂から出てタオルで拭く前のボディにさっと塗っています。

 

2:濃いめのボディクリームを全身に塗る

アルガンオイルを塗った肌にボディクリームを加えると、オイルのブースター効果も相まって、しっとりとした肌を実感しやすくなります。

足の裏から手の先まで、まんべんなくクリームを塗るのは意外と手間がかかりますので、時間のある日の“おこもり美容”でなければ、ここまではなかなかできません。

マッサージを兼ねて、たっぷりのクリームで下から上へリンパを流すように塗っていくと、巡りにもアプローチでき一石二鳥。肩や足など、“コリ”が気になるパーツも丁寧にほぐして。

丁寧に全身にクリームを塗ると、時短美容とは言え10分くらいはかかります。

私は、海外で購入したクラランスの『セラム コール ポー ヌーヴ プリュス』を使っていますが、ベタつきのない滑るような肌を実感。適度なうるおいも持続しています。

 

3:最後にもう一度オイルでうるおいに蓋を

徹底的に保湿をするべく、さらに最後にもう一度、全身にオイルを薄く塗っていきます。

ボディクリームで与えたうるおいに蓋をするかのようにオイルを使うと、ベタつきを抑えながらうるおいをキープしやすいのです。

ここまでのお手入れで十分に保湿をしているので、仕上げのオイルは、さらりとした質感がベター。

私は、海外で購入したニュクスの『プロディジュー オイル』やメルヴィータの『ロゼエクストラ ブリリアント ボディオイル』を、気分によって使い分けています。どちらも軽いテクスチャーなので、ボディケアの仕上げに最適です。

 

冬の間、慢性的に乾燥を痛感しているボディは、思い切った保湿を1度するだけでも、その後しばらくは乾燥を感じにくくなります。

エステに通うだけの時間がとれないときには、自宅でできるうるおいケアが重宝。私の場合、この手順をするとしないでは、ボディの状態が全然違います。

みなさまもぜひ、ゆっくりとした時間を過ごせるお正月休暇に、“おこもり美容”のうるうるボディを実感してみて。

(※画像はすべて筆者の私物です)

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

【衝撃】実は臭いのは私?40代女性の「加齢臭」どうすれば消える?

ミドルエイジ以降にありがちなニオイ問題。枕が古本くさい、満員電車やタクシーなどで遭遇するオジサン臭。そんな「いかにも」なニオイばかりか、すれ違いさまの一瞬ですら…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。デイリーにヨガやストレッチ…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも…

20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケ…

そのアピールいりません! 男が「聞き捨てならない」と嫌悪感を抱く話題3パターン

出会いの場において「私って、こんな人です」をさりげなくアピールするのは、自己PRの観点からはとても重要な心がけ。しかしこの手のアピールは、“やりすぎ”、“あからさますぎ”になった時点で、男性からは嫌悪感を抱…

悪評がここから立つ…!? 後輩女性に不評な40代女性の「金遣い」3選

「彼女になる女性は、後輩女性からも慕われているような性格の人がいい」「結婚を考えたときには、世代を問わずに好かれる女性が好ましいよな」こんなふうに考える男性も少なくなく、“身近な年下女性”からどう思われ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事