お休み中こそ日頃サボりがちなボディケアを入念に!でも時短で

お正月に「外に出ても寒いし、人混みだし」となれば、開き直って“おこもり美容”を楽しむのも、大人の過ごし方です。

ちょうど、なにかと乾燥が気になる季節でもあるので、この機会にたっぷりのボディケアをして、うるおいをチャージしておくにもぴったり。

「この休暇のうちに、ボディの乾燥をなんとかしたい」と密かに考えていらっしゃる40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、40代女性が“乾燥しらずのボディ”を目指す時短ボディケアをお話していきます。

 

40代の乾燥したカラダは休暇を利用してたっぷり保湿を

 

アラフォーあたりから、お風呂上がりのカサカサ肌や外出先でのガサガサ肌に頭を抱える女性も増えてきます。

そして、真冬ともなれば外気はカラカラに乾いているので、ボディのうるおい不足も深刻に。

ボディケアって、顔のケアに比べるとおろそかになっている女性も少なくないようなのですが、本来は、顔と同じくらいに手をかけてあげたいもの。年齢を重ねた肌なら、なおのことです。

しかし、現代の40代女性たちは忙しい。本当は、定期的にエステに通って丁寧に手をかけたいけれど、そうもいきません。

ですので、自宅でボディケアが完了すれば、それに越したことはないはず。

ふだんより手間をかけたお手入れがしやすいこのお正月休暇を活用して、“おこもり”でパーフェクトに手をかけておけば、ウィークディになっても乾燥しらずのお肌を育みやすくなります。

 

1:お風呂上がりのバスオイルでブースターケア

お風呂から出て、バスタオルで体を拭くまでの間にひと手間を加えておくと、保湿ケアの“下地”ができます。

私のおすすめは、アルガンオイル。

アルガンオイルには、スキンケアのブースター的な役割をする働きがあるので、保湿ケアの下地づくりに最適です。ブースター作用によって、次に行うお手入れを促してくれます。オイル単体でもいいですし、アルガンオイルが配合されているバスオイルを使っても手軽です。

最近の私は、ニュートロジーナ®︎の『インテンスリペア ボディ オイル』を、お風呂から出てタオルで拭く前のボディにさっと塗っています。

 

2:濃いめのボディクリームを全身に塗る

アルガンオイルを塗った肌にボディクリームを加えると、オイルのブースター効果も相まって、しっとりとした肌を実感しやすくなります。

足の裏から手の先まで、まんべんなくクリームを塗るのは意外と手間がかかりますので、時間のある日の“おこもり美容”でなければ、ここまではなかなかできません。

マッサージを兼ねて、たっぷりのクリームで下から上へリンパを流すように塗っていくと、巡りにもアプローチでき一石二鳥。肩や足など、“コリ”が気になるパーツも丁寧にほぐして。

丁寧に全身にクリームを塗ると、時短美容とは言え10分くらいはかかります。

私は、海外で購入したクラランスの『セラム コール ポー ヌーヴ プリュス』を使っていますが、ベタつきのない滑るような肌を実感。適度なうるおいも持続しています。

 

3:最後にもう一度オイルでうるおいに蓋を

徹底的に保湿をするべく、さらに最後にもう一度、全身にオイルを薄く塗っていきます。

ボディクリームで与えたうるおいに蓋をするかのようにオイルを使うと、ベタつきを抑えながらうるおいをキープしやすいのです。

ここまでのお手入れで十分に保湿をしているので、仕上げのオイルは、さらりとした質感がベター。

私は、海外で購入したニュクスの『プロディジュー オイル』やメルヴィータの『ロゼエクストラ ブリリアント ボディオイル』を、気分によって使い分けています。どちらも軽いテクスチャーなので、ボディケアの仕上げに最適です。

 

冬の間、慢性的に乾燥を痛感しているボディは、思い切った保湿を1度するだけでも、その後しばらくは乾燥を感じにくくなります。

エステに通うだけの時間がとれないときには、自宅でできるうるおいケアが重宝。私の場合、この手順をするとしないでは、ボディの状態が全然違います。

みなさまもぜひ、ゆっくりとした時間を過ごせるお正月休暇に、“おこもり美容”のうるうるボディを実感してみて。

(※画像はすべて筆者の私物です)

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

小さい・軽い・便利!旅行に持っていきたい3大コスメ【40代からの美容道】

旅行先でも最低限のメイクはしたい、でもスペース的にかさばったり、重くなったりするものは持っていきにくいですよね? だって荷物は他にもいろいろあるんですもの。しか…

髪は女の運命を決めるのか? 量産型女子ヘアvs.個性派女子ヘアの人生を考察する

「髪は女の命である」。昔からこの言葉があるように、女性にとって髪はとても大切なものです。まずは、「女らしさの象徴」。男性にくらべて長い髪は、女性性を具現化したも…

40代がオバサン化を回避するため注意すべき4つの盲点【40代からの美容道】

シミが増えた、シワが増えた、白髪が増えた……。アラフォーともなると、ある日突然、こんなことに気づきます。特に自然光が降り注ぐところで鏡を見たとき。照明の下では見え…

ナチュラルメイクの落とし穴! 塗るだけで「うっかり5歳オバ見え化」を招く口紅選びの3大ワナ

「うっかりオバサン見え!」は、どんなメイクにおいても、絶対に避けたいのが私たちの本音。しかし、ナチュラルメイクを心がけるにあたって「塗るだけでオバサン」になりやすい口紅もあるために、ここがちょっとした…

なんでもいいわけじゃない! 「3歳老け見え」を招く残念なチークの選び方3大ワナ

薄づきを意識してメイクをしていても、周囲から「あの人、厚化粧のオバサンって感じ!」などと思われてしまったら、すごく残念。他方、ナチュラルメイクブームが継続中だけに、デイリーメイクは「できる限り薄め」を…

男は辛辣! 20代なら可愛くとも40代だと「即座にオバ見え」な女性のNG3しぐさ

ちょっとした“しぐさ”のせいで、男性に「この女性は、かなりオバサンっぽいなぁ……」と思わせてしまうのは、婚活を意識している40代女性ほど避けたいもの。しかし時として、世間が40代女性に対して抱く感想は辛辣で、…

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワ…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事