「食べ過ぎてもへっちゃら〜!」たくさん食べても小顔効果が出る習慣3つ

 

冬場はクリスマスに始まり、おせち、お雑煮、2月の恵方巻など美味しいごちそうがたくさん! 毎日の食べ過ぎ、飲み過ぎで体が重くなっていませんか? とくに顔やお腹は脂肪がつきやすく、目立ちますよね。そこで今日は無理なく冬太りを解消する習慣をご紹介します。

 

特に1月は女性が3キロ太るとの説も

 

 

こんばんは。セラピストの町山です。食べる機会が多いこの時期、普段食べられない美味しい食事が出るからと、満腹まで食べすぎて後々後悔したことありませんか。お腹いっぱいまで食べすぎるとメタボが気になるだけでなく、臓器にも負担をかけているため、消化不良で体調不調になる人も多いです。そこで今日は、食べても小顔効果のある習慣をお伝えします。

 

1 「腹八分目」までは太ることを気にしない。八分になったら食べ止める

 

 

食事をする際に気をつけたいことは、ついつい食べてすぎてしまうなどのクセを改善すること。そこで「腹八分目」の習慣を身につけましょう。昔から食事を腹八分目に抑えることで美容や健康にとってもよいといわれています。厚生労働省にも食べ過ぎないこと(腹八分目)は生活習慣病予防になると記載があります。

“まずは日常の生活に必要な量を食べ、余分には食べないようにすることです。食べる量は少なければ少ないほどよいのではなく、多くも少なくもない適正な食事量です。”

(出典・厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト – e-ヘルスネット)

単に食べ過ぎ防止だけでなく、腹八分目を行う上でのポイントは3つあります。

①よく噛んで食べる……目安は一口20回。
すぐに飲み込んでしまう人はなるべく噛むことを意識してみましょう。

②ゆっくり食べる……目安は一食20分以上。
一般的にお腹が満腹になった感覚は食事をしてから約20分といわれています。短期間で食事を済ませると食事に対する満足感が低く、またすぐに食べ物を口にしてしまいがちです。

③汁物やサラダを先に食べる……スープやお味噌汁を食べて胃を温める。
メインに入る前にある程度お腹を満たしておけば食べる量も自然と少なくできます。

 

2 体にいいものを選び積極的に食べる

 

食べるなら、美味しくて幸せになれて、体の中からキレイになれる食材でお腹を満たしましょう。2017年もたくさんのヘルシーフードが登場しましたね。美フード習慣は年を重ねた年代こそ積極的にとり入れていきたいです。

例えば、ヘルシースナック(美によいおやつ:高カカオ、ナッツ類、ロースィーツなど)、スーパーフード、代謝アップを促してくれるスパイスの効いた食事などは2018年もおすすめです。

 

3 小顔はあごで決まる。飲み物でもあごを動かしてかむように

 

小顔対策として、毎日の食事で気をつけたいのが、塩分を控えめにすることです。スナック菓子や揚げ物など、しょっぱいものをよく食べる人はむくみに注意して下さい。塩分過多はむくみ顔の要因です。

また、普段食べる時、すぐに飲み込まないでよく噛んでから飲み込むようにします。またドリンクも単に飲んでいるだけではあごが衰えてしまいます。飲むだけのドリンクもアゴを動かして噛むように飲んでみて下さい。

アゴを使わない生活をしているとアゴの筋肉が衰え、フェイスラインに脂肪がつきやすくなります。ゆっくりたくさん噛むことで満腹中枢も刺激されるため食事も少ない量で満たされますよ。よく噛んでフェイスライン~口周りをよく動かすことでフェイスラインのもたつきもスッキリしてきます。毎日の食習慣の意識を少しだけ変えることで顔やせが期待できます。

 

以上3つを2018年の習慣にとり入れて、「太った!」「食べすぎた!」…でも体によいもの食べてるし、へっちゃら~くらいの気持ちで過ごせるといいですね。

 

【関連リンク】

厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト – e-ヘルスネット

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-02-004.html

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food-summaries/e-02

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

そのクセをやめるだけでヤセられる!生活に潜む"太りグセ”とは?

ヨガやサプリ、エステなど、頑張っているのにヤセない。その理由は、太りやすい体質のせいではなく、生活に”太りグセ”が潜んでいる可能性があります。自身のマイナス20kg体…

だいぶヤバイ!40代のお尻と太もも、今からでも効果大のエクサ4つ

パンツを履いて「ヤバイ」と感じたことありませんか? パンツのラインが肉に食い込んで痛いとか、動いているとパンツがどんどんお尻の谷間に入っちゃうとか、とにかくお尻…

勝手に予測! 2017美容&ダイエットの流行、4つのキーワード 

新年あけましておめでとうございます。本年も、OTONA SALONEはリアル役立つ情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。さて、2017年がスタートし…

2018これが来る! 美容・健康・ダイエット流行予測 by編集長アサミ

新しい一年が始まりました。あけましておめでとうございます。OTONA SALONE編集長・浅見です。本年もよろしくお願いいたします。2018年のスタート。今年はどんな年になり、…

お尻の冷えは怖い⁉︎ お尻を温めて美尻を作る7つのコツ

昨年は「美尻」を目指す女性が多く、美尻づくりのためのお尻専門のパーソナルジムが注目されました。たしかにお尻って普段自分ではあまり触らないし見ることもありません。…

40代で急に気になる「手のシミ・シワ」どうすれば?セラピストのケア9連発

年齢とともに増えてくる手のシワ・シミ。手のシワは年齢が最も現れる部分だと言われています。40代、50代の男性も意外と手・脚といったパーツを見ていることが多いのが現実…

いつまでも若々しい人が食べてる!毎日の「美肌食」6キーワード

化粧品だけでは若々しい美肌は維持できない、と40代なら気づき始めますよね。つまり、身体の中から肌を守るスキンケアも重要になるのです。「食べるスキンケア」を始める時…

40代がダイエットを成功させるコツは?食事・運動とこの3つ

「自分の気持ちをセーブできなくてイヤ!」「情緒不安定で仕事に支障が……」。40代の大人の女性でも身内や職場、プライベートなど、悩みが多くなると感情をコントロールする…

50代で悩む前に!「骨盤底筋群」を引き締める美尻エクササイズ

そろそろ人生の半世紀を生きたことになる……重力や時間には逆らえない。人になかなか告白しづらい、身体の不調が出てくるのも当然なお年頃。普段は健やかに遊びも仕事も楽し…

ショック! 私が年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある②カラダ編】

やせなくなった、忘れっぽくなった、何かと遅くなった……。このごろ「年をとった」とショックを受けることが増えてきていませんか? でもその悩み、あなただけじゃありませ…

【3タイプ診断】毛穴にも「性格」がある!あなたの毛穴タイプとベストなケアは?

もう何やっても改善しない! 毛穴の黒ずみ、ボツボツが目立ち、メイクをしても皮脂が出るとメイクが崩れて余計老けて見えてしまう。ファンデーションで隠そうとすると黒ずみが余計目立つし、皮脂もたまる。お手入れ…

マッサージよりも変化あり!? 1日1回「顔ストレッチ」でたるみ改善

いつまでも若いつもりだったのに、ある日、自分のたるみに気づいてしまった…。そのたるみ、これまでの習慣が影響しているかもしれません。たるみをケアするためにマッサージをがんばっているあなた、顔のたるみを改…

過労やアレも「ニオイ」の元に!40代女性の体臭3悪要因とカンタン対策

40代になると体型だけでなく「体臭」も気になり始める年齢に。加齢臭は男性だけではなく、実は女性も気をつけなければいけないニオイ。特に女性ホルモンが減り始める35歳ころから注意が必要なのだそう。今回は女性の…

スッキリしない理由はコレ! 40代女性の「プチ不調」5つ、悩み別対処法をチェック!

毎日忙しく働く女性は「プチ不調」でお悩みの人も多いですよね。それが健康や美容面だったり、はたまた人間関係や恋愛事情だったり…。今回は女性に多い「プチ不調」と「お悩み解消のためのヒント」をご紹介します!…

頭ほぐしで頭皮のコリを解消!リフトアップが期待できるマッサージポイント4つ

頭がいつも重いという人、頭皮を触るとカチカチではありませんか?そんな人は「顔を引き上げる力」が落ちぎみです。頭のこりを解消すれば、顔も自然とリフトアップされるんです。今回は頭のこりの要因から自分ででき…

1分美容でツヤ肌に! 夏のテカリ顔を解消するお手入れ法3つ

若さの象徴とも言える肌の“ツヤ”。でも30代すぎた肌は“ツヤ”なのか、“テカリ”なのか。“テカリ”は朝のスキンケアから時間が経つと肌水分が不足するため、肌表面がテカテカしてきます。一方で、テカリすらなくなり肌が…

気になる「口臭」を予防! 手軽にスッキリできる3つの対策

アーユルヴェーダで有名なオーラルケアの方法にココナッツオイルを使用したオイルプリングがあります。そのほか、自然食材を活用して口臭を予防する方法など、ナチュラルな方法で口内をキレイに保つコツをピックアッ…

夏の【ワキ・頭・足】のくっさーいニオイをナチュラル素材でラクに撃退

たくさん汗をかく夏の悩みのひとつが匂い。人の匂いに敏感だったりするけれど、自分が発する匂いになると慣れてしまって気づかない…ということありますよね。そこで今回は植物のハーブやアロマを活用して、夏に多い…

手持ちのコットン+化粧水でOK、夏肌にはこまめな「フェイスパック」が効く

夏、外遊びで日焼けをした肌は水分が奪われているため、肌はカラッカラ状態。この時期、普通にしていても肌の水分は失われているため、いつもと変わらないスキンケアでは、肌水分は足りません。また夏のスキンケア次…

疲れているのに眠れない…40代からの「良眠できる夜の過ごし方」

寝つきが悪い、寝てもスッキリ起きられない。夜遅くに帰ってきてバタバタとベッドに入っていませんか? 寝る前のちょっとした心がけで眠りの質が高くなり、良眠できる習慣を3つご紹介します。1日の終わりに。良眠…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事