三田寛子、トップオブ梨園妻の地位を不動にする「好感度自慢3ヵ条」とは

スポンサーリンク

私は芸能人に関するコラムを書いているので、テレビをよく見るのですが、最近のバラエティーの傾向のひとつに、「女優やモデルなど、きれいどころの病んでるアピール」があげられると思います。

 

やれ一人で焼肉食べに行ったとか、やれ家に盗聴器がないか、年に二回は検査するなど、「恵まれているように見えるかもしれませんが、実際はそんなことないですよ」アピールが頻繁に行われています。視聴者がリア充を嫌うので、それにあわせての苦肉の策でしょう。ことさらに自分を下に見せることをサゲ盛りと私は呼んでいますが、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という諺があるとおり、日本では自分をひけらかすことをよしとしない風潮があるように思います。

 

が、平成もまもなく終わろうとしている今日この頃、私は思うのです。

 

アラフォーはサゲ盛りするな、自慢しろと。

 

アラフォー自慢の師匠、三田寛子

それを教えてくれたのは、今やトップオブ梨園妻・三田寛子でした。

「花の82年組」としてデビューし、歌舞伎俳優・中村芝翫と結婚。成駒屋の若奥様としてこれまでほとんどテレビに出なかった三田ですが、芝翫と三人の息子の襲名を機に、テレビに出始めます。襲名の宣伝であることは想像に難くないのですが、三田は我々に好感度の高い自慢の法則を授けてくれます。三田流自慢の三ヵ条とは

 

① 客観的に見て、業績が優れていること

② タイミングが適切であること

③ 相手をよく見ること

 

まず①。業績とは、「自分ががんばった」ことではなく、成果です。跡取りを産むのが梨園妻の仕事です。三田は、三人の男児を産み育て、歌舞伎俳優とした。さらに、芝翫も合わせて、史上初の4人同時襲名という偉業をなしとげたわけですから、誰が見てもパーフェクトな業績です。

 

次に②。自慢が業績かを分けるものは、タイミングです。たとえば転職試験や上司との面談の際に「私なんて……」と遠慮していたら意味はないですし、逆に相手が聞いていないのに、何の脈絡もなく話しだしたら、ジマン・ウーマンと解釈されます。今、相手は自分の自慢を聞きたいのかどうか、そこを判断するチカラが求められます。

 

最後に③。三田は媒体によって、自慢の内容を少しずつ変えています。

 

たとえば、不特定多数が見るテレビでは成駒屋のスポークスマンとして、息子をアピールします。

 

「サワコの朝」(フジテレビ系)では、反抗期を迎えた長男の橋之助が三田を壁におしつけて威嚇してきたそうで、三田もひるまずに橋之助をつきとばそうとしますが、三田のあまりの非力さに、それ以降、力で逆らうことをやめたそうです。また、芝翫が不倫騒動を起こした際も、橋之助が芝翫に「お母さんをどれだけ傷つけたかわかる?」とお説教したそうです。正直に言うと、このエピソードが本当かどうかはどうでもいいのです。テレビで“優しい息子”をアピールすることが、新たなファンの獲得につながるのです。

 

襲名を機に、三田は「銀婚式」(中央公論新社)を発売しましたが、おそらくこの本を読むのは、三田のファンでしょう。なので、三田本人について語られています。三田が結婚した当時の週刊誌には、「うまくやった」という論調のものが多かったように記憶していますが、それに対する反論であるかのように、三田の芸能人としての“甲斐性”が綴られています。

 

「薬師丸ひろ子から三田寛子へ」のスローガンのもと、女優としてステップアップし、だんだんと仕事が面白くなってきた三田を見て、焦った芝翫が結婚を急いだこと。実家の両親にハタチで家を建ててあげたこと。家を建てる経済力があるということは、芸能人として確固たる地位を築いていたことの証ではないかと思いますが、このように「自分は芝翫に選ばれるにふさわしい芸能人だった」と取れるアピールがなされています。

 

「50代から『私』が主役」でおなじみの雑誌「ゆうゆう」(主婦の友社)に登場した際は、「私が主役」というテーマにそって、美や今後の仕事について語っています。たとえば、ハタチの時にパリで買ったシャネルスーツとエルメスのバーキンを、50歳になって初めておろしたこと。ハタチの時にそれらを一気に買える経済力があり、また三人出産しているのに、サイズが変わっていないことに驚愕の念を覚えますが、こうして家に尽くすだけでなく、美しく年を重ねる姿に憧れる読者は多いことでしょう。誰に何を言えば、自分のイメージが上がるのか、三田は熟知しているように思います。

 

自慢は相手が悪いのか?

そうは言っても、世代的に謙虚につつましくあれと育てられたアラフォー女性は、自慢と解釈されるようなアピールすることに抵抗があるかもしれません。そんな時は、自慢とは何かを考えてほしいのです。

 

「あの人に自慢された」という時、たいていの人は、物や事柄をひけらかされることを連想するでしょう。ですが、私が思うに、自慢とは「誰がするか」という問題なのです。

 

たとえば「安室奈美恵がタワーマンションの高層階に住んでいて、その様子をSNSにアップしている」と聞いても、そりゃ、アムロちゃんなら当然でしょうと受け止められますが、私のようなド庶民が仮に同じことをしたら、「え?タワマン住めたのが嬉しくて自慢?」と解釈される可能性がある。ちなみに、実際の私は、オートロックでもないマンションに住んでおります。

 

つまり、「自慢された」と思うのは、心の中で相手を低く見ていたということでもあるのです。成果がなくても、相手を尊重していたら「自慢された」とは思わないはずです。

 

人生も後半戦に差し掛かってきたアラフォーは、サゲ盛りと共にそういうつまらない人間関係からも、自由になっていいのではないでしょうか。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

小島慶子、政治家待望論。元女子アナが日本のサッチャーになる日

ハリウッドの有名映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインから仕事と引き換えに性的な関係を強要されたと一人の女優が名乗りを上げ、他の被害者たちにむけてSNSでme tooと声を上げることを提案。余波は日本…

三田寛子、トップオブ梨園妻の地位を不動にする「好感度自慢3ヵ条」とは

私は芸能人に関するコラムを書いているので、テレビをよく見るのですが、最近のバラエティーの傾向のひとつに、「女優やモデルなど、きれいどころの病んでるアピール」があげられると思います。やれ一人で焼肉食べに…

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害に悩む45歳の芸術家。画商と不倫しているが…

篠原涼子が不倫ささやかれても「民衆の敵」にならないワケ

女性の芸能人として、最強の資質。それは、天然ボケやおバカキャラではないでしょうか。天然やおバカウリができる芸能人は、知識はないかもしれませんが、自分に何が求められているかがわかる勘の良さと、勝負強さを…

中谷美紀「ケイゾク不倫」を終わらせ略奪スルーで拓いた大女優への道

「勝てば官軍、負ければ賊軍」というルールで考えると、“勝つ不倫”ならしてもかまわないと私は思っています。しかし、“勝つ不倫”をした人は、いわば略奪税を払い続けなくてはいけないことを忘れてはいけません。略奪…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFESTYLEに関する最新記事