40代、肌の基礎力はまだアップできる。「自律神経」4つの習慣

「そういえば最近、きちんとケアしてるつもりでもどうも肌の感じがよくないな」ということ、ありますよね。

それ、気のせいではないのかも。

いまささやかれている美容キーワードの一つが「肌感度」。簡単に言うと「肌がスキンケアの効果を実感しやすくなる力」のことで、年をとるごとに衰える傾向にあります。

もう1ランク上のエイジングケアに切り替えないとダメかな?と考えるタイミングですが、実はこの「肌感度」はちょっとしたことで向上も可能なのだそう。

 

 

「自分と向き合う」ことの大切さ

実は肌感度は「自分と向き合うほどに上がる」という基礎データが明らかにされているのです。

 

SHISEIDOの調査によると、「自分と向き合う時間を持っている人」ほど、「3年前よりも様々なものへの“感度”が上がる」傾向が。25歳~40歳の女性の「自分と向き合う時間を持っている人」と「自分と向き合う時間を持っていない人」に、6種類の“感度”について、「3年前と比較して“感度”が上がったと思うか」を調査したところ、 前者のほうが、すべての“感度”項目において「3年前よりも感度が上がった」比率が圧倒的に高いという結果が出ました。

 

この秘密は「自律神経」にありそう……って、自律神経と肌にどのような関係が?

 

自律神経に詳しい順天堂大学医学部教授・医師の小林弘幸先生に聞きました。

 

 

自分の変化に気づき、調整する力を養う

 

–自分自身と向き合うことで、心や身体の“感度”が上がることは十分に考えられます。

 

自分と向き合う時間を持つということは、自分の心と身体を見つめなおす時間を持つこと。心と身体の状況に日頃から向き合っていることにより、自分のコンディションの変化に気付きやすくなり、より自分の心地よい状況を求め、調整することに繋がります。

 

結果、自分自身の様々な状況のメンテナンスを行うことができると想定されます。

 

スキンケアや、身体のコンディションにも同じことが言え、衰えや不調、ないしは改善などの変化に気付きやすくなる、まさに“感度が高い”状態を作ることで、同じケアや努力をするにしても、より効果を実感しやすくなると考えられます。

 

また、『なにが自分にとって心地よいもの、気持ち良い状況なのか』を感じ、それを選んで行うことで、自律神経も安定するので、いろいろな負の変化も受け入れやすくなる、ポジティブな心理状態になる傾向も現れると考えられます。

 

これがまた、前向きに自分の心や身体と向き合うことに繋がり、より“感度”を高める努力に繋がるという好循環も期待できそうです。

 

自分にとって心地よいことを全力で楽しむ

–スキンケアの効果を実感しやすくなる状態、いわゆる“肌感度”を高めるためには「自分にとって心地よいもの・こと」を選び、心地よさを実感しながらスキンケアを行うことが非常に有効です。

 

人は緊張状態になると呼吸が浅くなってしまいがちですが、心地よさを感じることによって呼吸が深くなることは、通常の緊張時に優位になりすぎてしまいがちな交感神経よりも副交感神経を優位にすることに繋がり、血行を促進します。

 

また、自律神経の安定は腸内環境の改善に繋がり、細胞の生まれ変わりが活性化し、より美しい肌を作ることに寄与すると思われます。

 

スキンケアに関しても、もちろん美容成分それ自体の効果もありますが、例えば、クリームの手触り・肌触り、肌への心地よさ、などといった使い心地もあれば、好きな、心地よい香り、見た目や触り心地が好みのパッケージなど、スキンケア中に五感で感じる“心地よい”要素すべてが自律神経にプラスの働きを与える可能性があります。

 

肌表面に優しいマッサージをしたり、触れるだけでも、自分が心地よいと思う感覚があれば、自律神経に作用しているといえます。自分が心地いいと思えるスキンケア化粧品を選び、「心地よい」、「楽しい」と思える手法でスキンケアをすることが、美容成分の働きにプラスアルファの美肌効果を発揮するということは、神経のメカニズム的にも期待できると言ってよいでしょう。(小林弘幸先生)

 

自律神経を整える「4つの習慣」

 

小林先生によれば、美しい肌づくりのためにも、より積極的に自律神経を整える習慣を身に着けるのがおすすめなのだそう。たとえばこんな習慣です!

1●ゆっくりとした入浴

38度~41度のお湯で10分程度半身浴をする。あまり長時間漬かると脱水を起こすので気を付けましょう。

 

2●4対8の呼吸法

4秒で吸って8秒で吐く、を1分間程度繰り返します。

 

3●好きな音楽を聴く

ゆったりした曲でも激しい曲でも、自分が「心地いい」と思うものを聴くのが重要。

 

4●腸内環境を整える食生活

発酵食品と食物繊維を積極的に摂りましょう。食物繊維は脂に溶ける不溶性食物繊維でも水に溶ける食物繊維でもどちらでも構いません。

 

 

「肌感度」にフォーカスした新コスメ

40代はもう、見た目の流行や他人のウワサに惑わされる年齢ではありません。気に入っていないものを日常使いするのは、ある意味自分を乱暴に扱っていることにもなるかも。化粧品も「合わないかも?でも評判いいし」と思いながら我慢して使うのはNG。自分が心地よいものに切り替えるべきなんです。

この「肌感度」の向上にフォーカスした新製品がSHISEIDOの「エッセンシャルイネルジャ」です。

SHISEIDO エッセンシャルイネルジャ モイスチャライジング ジェルクリーム <クリーム> 50g 6,500円(税抜)

 

SHISEIDO エッセンシャルイネルジャ モイスチャライジング クリーム <クリーム> 50g 6,500円(税抜)

 

SHISEIDO エッセンシャルイネルジャ デーエマルジョン <日中用乳液> SPF30・PA+++ 75mL 6,000円(税抜)

 

 

これまで私たちがアイテムを選びの手がかりにしていた「保湿」「アンチエイジング」「美白」などの言葉は「機能」の面に注目したものでした。これとはまた別に、「肌の感度を上げる」という満足度を軸としたキーワードが登場したのです。SHISEIDO独自のレニュラテクノロジーを搭載し、 心地いいもの、自分の好きなものを使うことでスキンケア効果につなげます。

樂茶碗を思わせる形と手触りのパッケージ、蓋をあけるとふわりと漂うスイートオレンジの香り、そして信頼すべきSHISEIDO独自のレニュラテクノロジー。

※レニュラテクノロジー:乾燥を防ぎ、なめらかな肌に導く、明日葉CGLコンプレックス(アシタバ葉/茎エキス、カフェイン、グリセリン)配合テクノロジー

目先の問題の改善ケアに注力しがちな世代ですが、「肌感度」の向上にも気を配ってみましょう!

 

お話し・小林弘幸先生/順天堂大学医学部 教授・医師

1960年、埼玉県生まれ。 順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。順天堂大学大学院医学研究科(小児外科)修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任。自律神経研究の第一人者として、多くのアスリートの指導にかかわっている。著書に『一流の人をつくる 整える習慣』『自律神経を整える「あきらめる」健康法』(KADOKAWA)、『自律神経が整う時間コントロール術』(小学館)など。著書は累計200万部を超える。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

「イライラする人は口も臭い?」歯科医おススメの12秒対策は舌がカギ

あなたの口、乾いていますか? と言われても、この季節、喉なら乾くけれど「口の中が乾いているかどうか」は自分ではよくわからない……。では、唇が歯にくっつくことはありますか?「くっつくことがある場合は、乾い…

本当に衝撃的…ファミマの「チョコミントパンケーキ」が残念すぎる

私はいま、本日のお昼ご飯を、年に1回あるかないかの残念な気持ちで食べ終わりました。ことの発端は今から30分前。お昼を買いにいった弊社1Fのファミマです。今日はいつものおにぎり売り場だけでなくパン売り場も見…

【歓喜】ファミマのルーロー飯が新しくなってるよ!

昨年は台湾ブームだったと伝え聞くファミマ。弊社1Fにもファミマがあるのですが、どの時間帯に行っても台湾系アイテム置いてないなあ……と思っていたら、本日5月29日にリニューアル発売されたルーロー飯を先ほど発見…

セレブに学ぶ!「イマな白コーデ」バランス at ロンシャン

ファッションセレブの着こなしに見る「今年の白」とは?2018年5月4日に開催された、ロンシャンのニューヨーク5番街のNEWフラグシップストア「ロンシャン5th Avenue店」オープニングパーティから白コーデをピックアッ…

はしか(麻しん)が流行中らしいけれど、40代はどうすればいいの?

4月中旬に入って、「はしか(麻しん)」という言葉をよく耳にします。現在局地的に流行していることは報道の通り。平成19・20年に10~20代を中心に流行しましたが、同様に今回のように海外から持ち込まれて感染する…

「パラパラチャーハンの作り方」論争に新たな刺客!濃く溶いたスープで驚きの結果

何気なく「一人暮らしをはじめた方へ 新生活応援トピック集」という資料をめくっていたときのこと。新入学・入社の人たち向けの資料です。「なるほど、いまどきの一人暮らしは収納と一緒に防災まで考えるのか…」な…

ハーゲンダッツ茶房「これ食べといたほうが」ランキング

1年中もれなくどの季節も楽しんでいるハーゲンダッツ。新フレーバーが出るたびコンビニやスーパーの店頭へ探しに行く20年選手も多いのではないでしょうか!さて、そんなハーゲンダッツが、5/6までの期間限定カフェ『…

みんな、出張のときの「きちんと服」どうしてる?スマホより軽いジャケ&ワンピ登場

夜ちょっとした会食がある、よいお店の予約を入れてみた。そんな旅行や出張のとき、みなさん「夜用のもう1枚」をどうしていますか? シワにならないように持っていくのがめんどくさい、バッグに入れるとぐちゃぐち…

更年期世代の肌たるみは「骨が減る」せい?閉経前後の注意事項【医師に聞く】

閉経前後に急激に女性ホルモン分泌が減る、という話は近年よく知られるようになりました。食事や運動である程度対策したほうが良いことや、いわゆる更年期症状がつらい場合は婦人科に頼って治療したほうが良いという…

【専門店が教える】大人気!バターコーヒーの作り方と「最強」な飲み方

昨年の6月、東京・JR代々木駅前に突如として「バターコーヒー」のお店がオープンしました。代々木在住の私は嬉々として初日に立ち寄り、飲んだ感想を元に自己流のレシピ記事を書きました。そして、冬の間にたるんだ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事