みんなと同じじゃない。「いまの自分」に合ったホンモノのスキンケア、見つけませんか?

40代になった途端、シミやシワ、たるみなど、肌の衰えを一気に感じるようになった……。そんな女性、多いのではないでしょうか? この年齢になると、これまで行ってきたスキンケアがまったく合わなくなることもあるものです。「いまの自分」に合ったスキンケアを見つけたい、そんな女性にお伝えしたいことがあります。

 

肌は一人ひとり違うものだから

肌の悩みは一人ひとり違うもの。だから、みんなが使っているとか、売れ行き第1位とかでスキンケアを選ぶのは、ちょっと違うと思いませんか?

欲しいのは、みんなと同じではなく自分らしいスキンケア。忙しいからこそシンプルケアでありながら、高品質のスキンケア。OTONA SALONE世代の私たちが求めているのは、「自分らしさ」と「ホンモノ」だと思います。

 

日本発。「繭」からつくられたコスメ

まさにその「自分らしさ」と「ホンモノ」を追求して、ていねいに作られたスキンケアが日本発のブランド「dear mayuko」です。その名前にもあるように「繭」から抽出された保湿成分でつくられたコスメブランド。

今回は、製品開発に携わったDear Mayuko株式会社・マーケティング・プレス部の柳瀬真紀子さんにお聞きしました。

 

■柳瀬真紀子さん
Dear Mayuko 株式会社 マーケティング・プレス部
大学卒業後、化粧品メーカー、広告代理店勤務を経て、念願の総合美容メーカー広報として十数年勤務。これまでの経験を生かし、「dear mayuko」ブランドの立ち上げに関わり、マーケティング・プレスを担当。本当に良いものやワクワクすることを通じて、自分らしい生き方や暮らし方、そして五感を満たす日常を創出するライフスタイル提案型ブランドとして「dear mayuko」を発信していきたいと考える。

 

 

繭から抽出した成分を配合した高保湿スキンケア

 

dear mayukoのスキンケア。ローションやミルクなどベーシックケアのほか、シートマスクなどのスペシャルケアも。

—dear mayukoのスキンケアシリーズが保湿に適している大きな要因とは、ズバリどのような点ですか?

柳瀬さん「dear mayukoのスキンケアには、全てピュアセリシンが配合されています。セリシンとは、繭から抽出される保湿成分。もともと絹糸を扱う職人が、長時間冷水に手をさらしながらも、白くてなめらかな肌をしていたことから研究が始まり、発見されたマルチ美容成分です。そして当社のスキンケアには、通常のセリシンより高純度で抽出・精製されたピュアセリシン™を使用しています。これは繭1個からわずか10%しか抽出できない、とても貴重な成分です」

 

ー天然保湿成分は数多く存在する中、ピュアセリシン™を採用したのはなぜでしょうか?

柳瀬さん「ピュアセリシン™は皮膚の天然保湿因子と類似しているため、肌へのなじみがとても良いのが大きな特徴です。また、スキンケアだけでなく、医療分野や繊維・食品分野まで、幅広い展開が期待されていることも大きな要因です。近年では、多くの女性が天然成分を採用したスキンケアに着目しています。より安全に長く使い続けることを考え、信頼度の高い天然成分を採用するに至りました」

 

世界中の人に愛される、日本発のブランドをイメージ

フェイスウォッシュシリーズ。クレンジングやソープなど洗顔アイテムにもピュアセリシン™を配合

—dear mayukoとは、繭から抽出されたピュアセリシン™の意味を込めてつけられた名前だったのですね。

柳瀬さん「それもありますが、日本発のブランドをイメージしやすくするため、かつては女性名の代表格だった「子」をつけて「mayuko」としました。さらに世界中の人に愛される、魅力的なブランドに成長することを願い「dear」をつけています」

 

—ピュアセリシン™をたっぷり含んだスキンケアシリーズですが、製品開発ではどのような点に力を注ぎましたか?

柳瀬さん「全ての製品の特性を生かしつつ、ピュアセリシン™を配合させること。さらには、肌が必要とする栄養をいかに素早く届けるか。この2点に着目し、何度も試験を繰り返しました。スキンケアは継続することで肌の改善を促しますが、あまりにも遅いアプローチでは消費者は効果なしと感じてしまいますので」

 

—シンプルで愛らしいパッケージも好印象ですよね。思わず手に取りたくなってしまいます。

柳瀬さん「セリシンをはぐくむ繭玉の形である“まる”をモチーフにし、幸せをまるくつつむことをイメージしました。「まるくつつむ」は、日本の良きものを「和する」の精神にも通じるので、さりげなく日本らしさを感じさせているのもポイントですね」

 

心身ともに幸せを感じられる、至福の時間を提供

お風呂上がりの素肌を、しっとりとなめらかな肌に導く、dear mayukoのバスミルク。

—dear mayukoはスキンケアだけでなく、他にもたくさんのシリーズがあります。この季節オススメしたい製品があればお教えください。

柳瀬さん「顔だけでなく、体の乾燥も気になる今の季節には、バスミルクがオススメです。ホワイトシルクのお湯でしっとりとしたもちもち肌を実現させます。香りはなりたい気持ちを表現した、オリジナリティあふれるネーミング。ゆったり気分を存分に味わえますよ」

 

—最後に、これらの製品をどのような方に使用してもらいたいですか?

柳瀬さん「当社では、モノで溢れる時代の中で、流行に左右されず、自然体で暮らしている人たちが本当に欲しいと思う製品を開発しています。肌質や年齢を問わず、自信を持って向き合える肌へと導きますので、日常生活の中で、心身ともに幸せを感じたいと願う、すべての女性に使っていただけたら嬉しいですね」

 

dear mayukoシリーズ

繭玉と和のテイストからインスパイアされたdear mayukoのパッケージ。インテリアの邪魔をしないシンプルなデザインが印象的です。キュートな見た目だけでなく、使用感、そして効果もバツグン。エイジングケアに悩んでいる女性をサポートします。

 

Sponsored by Dear Mayuko株式会社

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ストレスの肌荒れに悩む人へ! あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

ほうれい線はその起点「小鼻の横にある溝」からケアして!シワ対策は【Katsuyoの顔筋ケア#3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

ズボラ向け!どうしても髪がパサつく人の「絶対できる」オバ髪脱出ケア3選

これからの季節。髪の悩みで一番に挙げられるのが「髪の乾燥」。若々しい髪に欠かせないツヤを失ってしまっては、オバ髪まっしぐら!油分多めの太髪・剛毛な私でも、40歳を過ぎたら髪の乾燥に悩まされることに。すぐ…

パーマをかけずにふんわり髪に見せるヘアデザインスタイル7選

40歳を過ぎると、髪のコシが突然なくなって、ペチャンコヘアに悩まされていませんか?46年間剛毛・太毛・そして硬い毛の私でも、最近では髪の分け目がかなりはっきりしてきました。なので、本来ならパーマをかけてふ…

脱出!「さえない前髪」。40代が若見えするセルフカット3つの法則とは?

下ろし前髪、流し前髪、かきあげ、シースルー、オールバック、センターパート、etc……。前髪のデザインは数あるけれど、40代女性は「下ろし前髪」が最も多いのだそう。その理由は、手入れが楽なのはもちろん、額のシ…

【結べないボブ】も「ちょいアレンジ」で5歳若見え!4つの正解

寝ぐせがつきにくく、手入れが簡単な肩上カットのボブスタイル。でも、オバさんボブなんて陰口叩かれてるかも……?その原因は、ズバリ手抜きスタイリング。「ボブは寝ぐせがついてなければ整ってる」なんて思ってたら…

定番ボブ、1つ結びでもこんなにエレガント!5分以内のヘアアレンジ3選

アラフォー世代で最も多いと言われているのが、結べる長さのボブスタイル。手入れがしやすく、髪のパサつきも抑えられてツヤ髪がキープできる、大人にうってつけのヘアスタイルですよね。でも、ボブって意外と服装が…

オバ髪はスタイリングで回避できる! 2つの「若見え仕上げ」で美人髪に

40歳を過ぎると、突如訪れる髪の老化現象。パサつき髪やうねりを防ぐために入念なヘアケアを行ったり、マメに美容室に通ってメンテナンスをする。それでも、どういうわけかババ臭い髪型。そんな人は、いま一度スタイ…

100均ヘアゴムでもイタくない! プチプラアクセで簡単なオトナのヘアアレンジ

シンプルなアレンジのとき、たまにはヘアアクセを使って変化をつけたくなること、ありません? とはいえ、高価なヘアアクセは出番があまりないから、購入するのはちょっと気が引けちゃいますよね。となると、やっぱ…

そのアメピンが「オバ髪」の原因!? ピン少なめでできるオバ髪脱却アレンジ

髪の長さが中途半端だったり、レイヤーが多く入ってると、まとめた髪から予想外の後れ毛が。そんなとき、ついついアメピンに頼ってしまいますよね。でも、このアメピン。使い方次第ではオバ髪になってしまってること…

浴衣美人の秘訣はまとめ髪にアリ! 大人のセルフ浴衣アレンジ

最近では若い子の間では浴衣を着る文化が浸透しつつありますが、大人はまだまだ消極的。確かに着付けは面倒ですし、動きにくい。そもそも浴衣なんて持ってないって人もいるでしょう。でも皆さん。大人の女性ならでは…

猛暑こそハーフアップ! 大人のハーフアレンジ10選

今年の夏は災害レベルの暑さ! ジャマな髪はフルアップで襟足スッキリヘアにしがちですが、強い日差しでフルアップは危険がいっぱい!というのも、首後ろは日焼け止めをつけにくく、さらに日差しを浴びやすい場所。…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事