「20代の頃よりモテてる」40代女性は雑魚を捨ててる?共通点3つ

「モテ」という言葉には、どこかフワフワしたイメージもつきまといますが、恋活や婚活をしている40代女性であれば、やっぱり「モテる」に越したことはないと考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、年齢を重ねるほどに本気で欲しくなるのは、「雑魚モテ」と言われることもあるミーハー的なモテよりも、“好きな人に好かれる”という類のモテ。

年齢とともに「若い子に負けてる気がする」「実際、モテなくなった」と、ため息をつく女性も増える一方、若い頃より魅力が増して「むしろ、20代の自分と比べて、40代になってからのほうがモテるようになった」と口にする女性もいます。

今回は、そんな「40代になってからのほうが、モテてきた!」と口にしている女性たちの出会いの場での共通点に迫ります。

 

1:自ら「年齢」の話を出すなんて野暮なことはしない

 

40歳の節目を迎えると「あぁ、いよいよ私も40の大台に乗ってしまった」と、誰彼構わずにボヤいている女性もいますが、私の周りにいる“40代になってからモテている女性”を見ていると、出会いの場で自ら年齢の話題を出すなんて言動は、皆無に等しい傾向に。

女子会で「最近は、やっぱり体力が落ちてきたわぁ~」なんて冗談ぽく話すことはあっても、出会いのシーンでは、若い頃と同じように天真爛漫に明るい性格で通している女性が多いのです。「もう40過ぎてるし」や「私はもういい歳だから」などのネガティブな自嘲は一切ナシ。

男性はやはり、明るい雰囲気をまとっている女性に惹かれる傾向もあるので、“年齢”を感じさせにくい言動を徹底したほうが、確実に“モテ”を得られています。

しかもこのような女性たちって、年齢による“貫禄”とその天真爛漫な様子がいい意味で融合していて、言ってみれば楽しいときには大口を開けて笑うような無邪気な振る舞いが得意だから、同性から見ても「かわいい」と思えるタイプが多く嫌味になっていません。

 

2:どこかに「女性らしさ」が強めなファッションが得意

「40代モテ」を確実にしている女性たちには、“自分に似合うもの”を熟知している傾向が強めですが、それに加えて、男性から見てちゃんと「女性らしい」と感じられるファッションを取り入れている女性も多めです。

どちらかと言えば、トレンド要素をふんだんに取り入れたファッションよりも「甘いかしら?」と倦厭しそうなディティールが入っているワンピースを自分らしく上品に着こなしたり、「狙いすぎだと思われたくない」で選びがちなパンツスタイルでもエレガントな仕上げにこだわっていたりと、どこかに“わかりやすい女性らしさ”が見え隠れしていて、やっぱりファッションによる“モテ”は確実にあると実感します。

このあたりは、むしろ20代が着るといやらしくなるテイストの服を、経験値と雰囲気からさらりと着こなしているというイメージで、ヘアやメイクもトータルで甘すぎずぶりっ子でもない“女性らしさ”のさじ加減が、とにかく「お見事」のひと言。

人の見た目が第一印象を大きく左右するのは言うまでもないので、モテる女性ほど“似合うもの×女性らしい”のミックススタイルがお得意というわけです。

 

3:知性や経験を生かした会話が「必要に応じて」できる

40代の強みと言えば、知性と経験はその代表格。しかしこれらの強みは、嫌味でなく使えてこそのモテ要素だったりもするので、40代でモテてる女性たちは、それらを表に出すタイミングが絶妙です。

言ってみれば“空気を読む力”に長けていて、男性たちが繰り出す会話のテンションを見極め、知性や経験が求められている場ではそれなりの発言をするものの、彼らが望んでいる様子がなければ、ひたすらライトな対応に終始するなどの“さじ加減”がとにかく上手なのです。

この“求められたら応じてくれる”の姿勢って、男性が意外と重視するポイントでもあるから、知性や経験値があってしかるべき40代だからこそ、20代の頃よりも“空気を読んで応じる力”がモテに直結しているのかも。

 

こうして私のまわりにいる“出会いの場で確実にモテている女性たち”の顕著な傾向を並べてみると、40代でモテを極めている女性の振る舞いは「モテの要素と言われる“基本”に忠実」と「だけど、やり過ぎない」でもありました。

出会いの場で確実にモテを積み重ねていきたい方は、よろしければ参考にしてみてください。

 

【もっと知りたい!】

40代の恋愛

婚活

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

信じた僕がバカでした…!? 男が「騙された」と感じた40代独女の発言3パターン

40代が新しい恋愛をはじめるにあたっては、若いころのように“勢い”だけでなく、相手の恋愛へのスタンスや理想をさりげなく確認したうえで親密な関係へと発展するパターンも珍しくありません。「もう失敗したくない」…

保湿だけじゃ足りません…! 肌悩みが多い40代女性ほど「使っていないスキンケアコスメ」3選

「このところ、年齢よりも老けて見られることが増えた気がする」「40代になってから、どうもお肌の調子が慢性的に良くないかも」そんなお心当たりがあるならば、デイリーに使っているスキンケアコスメの見直しを図る…

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、決して手を抜くわけにはいかないパーツでも…

アンバランス…!? 同性は気にならずとも男は気にする「ダメメイク」の特徴3例

メイクの仕上げは、その日によって、多少の変化がつきもの。気温や体調だけでなく、メイクをしているときのテンションによっても、ちょっとした濃淡や質感などが微妙に異なることもあります。ところで、同性目線だと…

この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だから…

ねえ、それ自慢?オトコがドン引きする40代女性のキャリア話3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

新作プチプラ髪コスメ人気3「白髪」「うねり」プロの対策は

この春も、各メーカーから続々と春の新作コスメが展開中。気分が高揚しがちな春には、これまでとは違う“新しい自分”を目指して、コスメを新調する女性も少なくありません。「私もいろいろ物色中だけど、せっかく買う…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事