コレだけでパンが3倍美味になる?激レアなアイデア

スポンサーリンク

フォアグラ、はちみつ、ルービックキューブ。この3つの共通点って何だと思いますか?

即答できた人はクイズ番組マニアかな? 答えは「ハンガリー」です!

オーストリアの右、ルーマニアの左、首都はブタペスト。このあたりです。

 

ドナウ川の肥沃な土地と、高緯度ながら穏やかな大陸性気候に恵まれ、食べ物がおいしいことでも知られます。ワインの王とも言われるトカイワインなどは知る人ぞ知るワインですが、

昨今では「食べる国宝」

念のため、模型です。

「マンガリッツァ豚」

が急激に知名度を上げています。

ぱっと見で羊かな?と思ったら豚なので油断も隙もありません。

世界で唯一、フカフカした毛で覆われたこの豚は、脂肪率が最も高い豚。絶滅寸前に追い込まれ、1991年には世界に198頭しか存在しませんでしたが、スペインとハンガリーの協力体制のもと7500頭近くまで回復。2004年にはハンガリー国会で国宝と認定されたのだそうです。

激レアなハンガリー料理

ちなみに、これだけ何でも食べられる東京ですが、ハンガリー料理店は4つしかないそうです。そもそも東欧は日本からのリーチが激弱ですが、実はだいたいどこもおいしいものだらけ。日本で言うと福島や岩手あたりが似た感じで、おいしいものがたくさんあるのに自己主張をしたがらない気風なので周囲に気づかれにくい。

そんなハンガリーの「おいしいもの」を教えてもらいに行ったところ……!

ご覧ください、こちらが国宝の豚です。この見事な脂!

マンガリッツアのバラ肉 アップル・バルサミコソースがけ

グルメ番組みたいなご紹介以外にできることがない、見事なマンガリッツァ豚の三枚肉。バルサミコソースがまた絶妙です!

フォアグラのテリーヌとマカダミアナッツのウォルド―フサラダ

そしてフォアグラ。ガチョウのレバーを言うのだと思っていましたが(フォアグラ・ド・オア)、アヒル・鴨からもとれるのですね(フォアグラ・ド・カナール)。生産量も消費量もフランスが最大ですが、ハンガリー、ブルガリアや中国なども近年生産を伸ばしています。このハンガリーのものは冷凍ではなく冷蔵。ご覧ください、このツヤッツヤ具合!

 

しかし、こうした「明らかに美味なもの」とはまた別に、会場で感動する私(たち)の心を捉えたのは意外に素朴なコレでした。

 

「かくれグルメ」は日常に潜んでいた!!

蜂蜜とアルガンオイルの自家製パン(撮影・枝川和佳子さん トップ画像とも)

「蜂蜜とアルガンオイルの自家製パン」に添えられていた、「はちみつとアーモンドのペースト」! 検索すると「アムルー」というもののようです。このお料理の主役はパンの側なのですが、でもこのペーストが本当に、「エッ」と声が出たくらいに意外なおいしさ!

さっそくシェフにレシピを聞いたところ…

ハンガリー大使館 シェフ Gergo Raczさん

 

アーモンドとはちみつの「アムルー」

【材料】

アーモンド(無塩)……適量

ハンガリー産アカシアはちみつ……ローストアーモンドと同量

ポドル アルガンオイル……はちみつと同量

【作り方】

1・アーモンドはオーブンやフライパンで軽くローストしておく。

2・フードプロセッサーでアーモンドを粗めに砕く。ない場合はすりこぎを使うか、包丁で刻む。

3・同量のはちみつを混ぜる。

4・仕上げにアルガンオイルを大さじ1ずつ加えて混ぜる。パンに添えて食べる。

「とっても簡単ですよ。ローストしたアーモンドをフードプロセッサーでクラッシュして、はちみつとアルガンオイルをまぜるだけ。あっ、あと、たっぷりの愛も加えてくださいね(笑)。ポイントは、アーモンドをつぶしすぎないこと。粘土状になってしまわないよう、粗めにクラッシュしてください。今回、私はポドル社のアルガンオイルを生かすために添えましたが、これはアルガンオイルの産地であるモロッコの食べ方です。パンは私たちが生まれながらに毎日食べるハンガリーの家庭の味。シンプルな、小麦粉とイースト、塩とオイルの私のレシピです」

アーモンドの風味にアルガンオイルのちょっとリッチな香り、そしてはちみつのとろける甘さ。作り立てほどおいしいはずです。もっちりどっしりとしたパンを食べるときにどうぞ。

 

ハンガリー男性は甘いもの好き……?

ハンガリー大使館 特命全権大使 パラノビチ・ノルバートさん

「そうですね、ハンガリー人ははちみつが大好き、アカシアのはちみつをパンにたっぷりつけて食べます。朝と夜はパンとサラミなど軽めな食事をとり、昼はたっぷり温かいものを食べます。ハンガリーの食事はおいしいですよ!」

グヤーシュスープ

「ぜひ、ハンガリーを代表するスープ、グヤーシュもどうぞ。よく炒めた玉ねぎにハンガリー特産のパプリカ、にんじんなどの野菜、豚や牛などの肉を加えて煮込んだスープ。ハンガリーならではの、日本で言えば味噌汁のような日常の存在です」。

はちみつの生産は全ヨーロッパ全体では減少傾向にありますが、ハンガリーは大丈夫なのだそう。お話しをしてくださったのは男性ばかりでしたが、みなさん本当においしそうに、うれしそうにはちみつの話を(半ばうっとりと)するのがとっても印象的でした。甘いもの好きなんですね!

高品質なコスメオイルも

この日はハンガリーのPODOR(ポドル)が販売するオイルのプロモーションでした。すべての料理にいずれかのオイルが使われています。アルガンオイルのほか、セサミ、パンプキンシード、パイン、ウォールナッツ……実に16種類も。こんなにあるの?と驚きます!

PODOR(ポドル)アルガンオイル 91g 3,240円(税込)

 

美容フードが揃うECサイト「食べマート」はこちら

ポドル公式オンライン通販サイト「味とサイエンス」はこちら

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

めんつゆにモッツァレラを漬けると驚きの味に!

「モッツアレラチーズをめんつゆに漬けると美味しいらしいよ」と聞きました。何それおいしそう! とりあえず漬けてみたところ、1・モッツァレラを買ってくる 2・めんつ…

「カステラフレンチトースト」が今すぐ作れてカリじゅわでおいしいという話

シンプルなのに、きちんと作るととっても時間がかかるフレンチトースト。有名なホテルオークラのレシピでは、なんと24時間もパンを卵液にひたします。ところが、カステラで…

どんなパンも「蒸し」で3割増しで美味しくなる!決定的コツは

あらゆるパンが素晴らしく美味しく焼きあがる、と買った人が全員絶賛するトースター「バルミューダ」をご存知ですよね。いわゆるスチームオーブントースターは、先に庫内を…

笠原将弘さんの「あぶり親子丼」が簡単&絶品! プロのコツ満載レシピ 

あまり家で作る機会もない親子丼。でも、一度このレシピを知ってしまったら、週5回でも親子丼を食べたくて震える騒ぎに! 主婦の友社のベストセラーどんぶり本、『笠原将…

豆乳グルトのおいしい食べ方レシピ、おすすめベスト3を広報に聞きました!

牛乳ではなく、豆乳を、植物性の乳酸菌で発酵させた豆乳ヨーグルト。ここしばらくで代表製品の「豆乳グルト」の流通範囲が広がり、各段に買いやすくなりました。でも、ネッ…

美しく歩くには6つのコツがあった。そもそもみんな歩き方が間違っている

こんにちは、特に運動もしないのに3年前に突然立てないレベルの膝痛に見舞われたOTONA SALONE編集部井一です。腰痛歴20年、5年前には見事な椎間板ヘルニアと診断されましたが、その後ヘルニア部分が自然消失しました…

恐怖!40代の顔がどんどん「くすんでいく」5大リスクとは

たまたまスマホで3年前の写真を見たら、今の自分の顔色よりはるかにトーンが明るくて驚いた。ふと鏡を見たら自分の顔が力なくどんよりしていて驚いた。40代ならあるあるではと思います。疲れて力のない顔の原因は、3…

自律神経を整える「4つの習慣」医師の実践テクとは

肌の基礎力である「肌感度」。年齢とともに肌がスキンケアに反応しにくくなるのは肌感度の低下状態と考えられますが、自律神経を整えれば向上するのだそう。『40代、肌の基礎力はまだアップできる。自律神経を整える…

コレだけでパンが3倍美味になる?激レアなアイデア

フォアグラ、はちみつ、ルービックキューブ。この3つの共通点って何だと思いますか?即答できた人はクイズ番組マニアかな? 答えは「ハンガリー」です!オーストリアの右、ルーマニアの左、首都はブタペスト。この…

いろんな意味でウワサの「めひかり塩チョコ」食べてみた

噂にだけ聞いたことのある「めひかり塩チョコ」。偶然店頭で発見、つい買ってしまいました! これがまた驚愕の作だったのでついご紹介してしまいます。ちなみに、見つけたのは新宿駅の南口から徒歩5分ほど、カタロ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FOODに関する最新記事