薄メイク派は注意!40代が「汚いオバサン」に見える3大カサカサ部位

ナチュラルメイクを心がけすぎて、カバーすべき箇所がカバーできていないとなれば残念なお話です。

今の時期に特に私たち40代女性の頭を悩ませがちなもののひとつが、お肌の乾燥。メイクをしているせいで、余計にカサカサが目立ってしまうパターンもあるだけに、気を抜けません。

「もしかして、ナチュラルメイクだからこそ目立つ乾燥パーツって、あるかしら?」と感じた40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、ナチュラルメイクだからこそ「汚いオバサン」に見えやすい3大乾燥パーツのお話です。

 

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

NG1:汚いスッピン感が出やすい「小鼻のまわり」

小鼻のまわりは、外気が乾燥しているとカサつきが目立ちやすいパーツのひとつ。今の時期は、風邪をひいて鼻をかむこともあるので、余計にカサカサしやすい傾向もあります。

ナチュラルな仕上げを心がけ全体的にファンデーションを薄めに塗っていたとしても、小鼻まわりにカサカサした皮がめくれていると、他人から見てかなり目立ちます。そして、鼻まわりが整っていないと、全体的に肌が汚らしい印象を与えやすいのも確か。

メイクを仕上げた直後には美しく整っていても、時間の経過とともに目立ちやすい部分でもあるので、ここのせいで“汚らしいスッピン感”が出てしまっていたら残念です。

ところで、ギクッとした人も大丈夫!最後にケア方法をご紹介します!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事