略奪するより「だらだら不倫」を選んだ40代独女【#婚外恋愛4】

どれだけバッシングされても、決してこの世から消え去らない不倫。

お互い籍を入れないままの恋愛。パートナーが複数存在する恋愛。

恋愛相談家・ひろたかおりが従来の「婚姻」の外にある恋愛と、その心理を傾聴する。

「略奪愛」は面倒くさい

 

 

— D子(36歳)との待ち合わせは、決まって夜、仕事が終わってから食事を一緒にするのが習慣だった。

コールセンターで主任を任されているD子は独身のひとり暮らし、実家は県外にあって親の面倒をみる必要もなく、ここで気楽な生活を続けている。

「それでね、彼が週末うちでホラー映画観たいって言うんだけど、オススメある?」

3杯目になるビールのせいで、D子の頬は紅潮していた。平日の夜に居酒屋で飲む人は少なく、「レストランよりゆっくりできるから」といつも同じ店を指定されていた。

「映画もいいけど、彼氏さんは週末に家を空けて大丈夫なの?」

それを尋ねると、D子はちらりとテーブルのお皿に目をやり、焼鳥の串を取り上げると

「いつも通り『県外に出張』って彼女さんには言うらしいよ」

とケラケラと笑って肉を頬張った。

「いつまで続くんだか」

串を戻し、今度はジョッキを手にしてD子が続ける。

「ずるいよねぇ、結婚する彼女がいるのに私とも付き合いたいなんてね」

勢い良くビールを飲むD子の、細く白い喉を見つめながら、

「ねぇ、こっちと付き合えばいいのにとは思わないの?」

と訊くと、D子は唇についた泡を指で拭って

「略奪愛なんて、面倒くさいだけよ」

とまた笑った。

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事