『バイプレイヤーズ 』を見ながら不思議な気持ちで涙ぐんでいる、私も

2018年2月21日『バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』(以下、略)に出演していた大杉漣さんが急逝されました。ここから『バイプレーヤーズ』について記事を進めるわけですが、この記事内容は大杉さんが亡くなる以前から決まっていたものです。大杉さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

トップ画像/「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」公式サイトより引用 http://www.tv-tokyo.co.jp/byplayers/

 

知らなかった、おじさんがこんなに可愛いなんて

テレビ東京がいよいよ朝ドラ制作に乗り出す____。記念すべき作品の出演者に選ばれたのは遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研の5人。ところがロケ地を間違えて移動したため、撮影に間に合わなくなってしまう。その後、無人島に漂流してしまった5人は朝ドラ制作班に見つけてもらえるのだが、すでに代役は決定。それでも5人は無人島の空き家で共同生活を送りながら、セリフがほぼないエキストラのような『島おじさん』として出演を申し出る。

このドラマの見どころを語れ、と言われたらもう

 

「おじさんが可愛い」

 

の一言に尽きてしまうと思う。実はこの記事を書いている私は大の年下好きだ。

中学生の頃に小学生のランドセル姿を見てドキドキしていたほどの筋金入りで、年上になんてまったく興味がない。女性の多くが感じていると思うけど、おじさんと言えば「臭い、汚い、キモい」と重たすぎる3Kを背負わされている生き物だ(もちろん、おばさんと言われる人種も何か言われていのだろうけどここではザッパリと割愛)。

いろいろ見解はあると思うけれど、どうしても威厳、風格、悪く言えば偉そうなイメージだけはぬぐえない。だって年上なんだもの。

そのイメージを壊してくれたのがこの作品だ。昨年は5人に寺島進も加わった6人で共同生活を送るという設定で放送され、話題を呼んだ。ここ最近のテレ東深夜ドラマ企画のポテンシャルは異常に高い。私も初回放送を

 

「よくぞこれだけスケジュールの合わなそうな演者を揃えたな……」

 

と視聴。このADの仕事がもし来たら全力で断ると思う。

 

ドラマは当たり前だけど面白い。どこまでが脚本の世界なのか境界線がわからなくなるアドリブだらけの演出。家事がまったくできないおじさんたちの自宅・定点観測映像。ずっと笑って見ていられる、それが『バイプレーヤーズ』なのだ。

 

子ども同士が集まって、大人にはわからない自分たちの言葉で会話をしてわちゃわちゃと遊んでいる様子に出くわすと、ずっと眺めていたくなることはないだろうか。

 

例えば必死になってピースの足りないブロックを積み上げて何かを作ろうとしている様子。あれは何もできない、知らない者同士がなんとか成功に向かって奮闘している様子がツボなのだと思う。高みの見物状態で見ている大人は「ああ、あれピースが足りないんだよね」とその回答を知っていますからね。

 

そのツボが『バイプレーヤーズ』にもある。脇役とはいえ各々に人気、実力は半端ない。身の回りのことは家族やマネジャー陣がなんとかしてくれる環境に慣れていると思う。そのおじさんたちが野放しされたことによって、何もできず右往左往する。外見に子どものような無垢さこそないけれど……可愛いのだ。

 

最年長ゆえ、どうしても朝早く起きてしまう大杉漣

 

グループの最年少だからと家事を任されてしまい、しかもメンバーの相手を代わる代わるさせられて寝られない松重豊

 

「田口トモロウ、いいトゥモロー!!!」と自分に大声で気合をいれる田口トモロウ。

 

35テイクもホームビデオを回して『ウチくる!?』に備える光石研。

 

「ハム恵」と命名、拾ってきたハムスターを愛でるエンケン。彼は一人だけなぜか女装をして島おじさんに出演しているのも笑う。

 

これは中年男子の胸キュンドラマだ。

 

きっと最終回まで笑いは止まらない

ちょうど2月は2週間近く地方取材をしていて帰宅後、一気に見た『バイプレーヤーズ』。昨年の放送から大好きで、今回の放送もすごく楽しみにしていた。まさか放送中にメンバーの訃報が訪れるとは思いもよらなかった。

 

第3話の放送、大杉漣さんが登場すると不思議な気持ちに包まれた。ほんの少し前まで元気で演技をしていた人がもうこの世にいないという感覚が今ひとつ掴めない。大杉さんとは仕事でご一緒したことがあるわけではないけれど、ドラマオタクにしてみれば見慣れた存在だったわけで……。なんだか泣きそうになってしまった。

 

それでもドラマを見進めていくうちに笑いがこみ上げてくる。ああ、そうか。この作品は面白かったんだと思い出す。各所で大杉さんがとても楽しい人だったと称しているように、彼の最後の作品もすごく楽しいはず。最終回まであと2回の放送を心待ちにしようと思う。

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

阿川佐和子、結婚でテレビ出まくる姿に学ぶ「幸せ披露」で敵を作らないお作法

社会人になったら、「ヒトの幸せは面白くない」と教えるべきではないでしょうか。なんとひねくれている発言かと眉をひそめる読者の方もいらっしゃるでしょうし、ひねくれて…

宮沢りえ、再婚報道で思い出される「人生を変えた運命のフタリ」

“考える婚活””オトコの行動を読む婚活”を提唱している私ですが、婚活の最終的な決め手は縁だと思っています。本人同士がいくら頑張っても、縁がなければダメなのです。縁イ…

はあちゅう、AV男優との事実婚がトクしかしないと思うワケ

ブロガーで作家のはあちゅうセンセイが、AV男優のしみけん氏と結婚を発表しました。意外な気がしたのは、私だけではないはず。はあちゅうセンセイと言えば、「女子は美容…

『義母と娘のブルース』の綾瀬はるかに見た、バツイチ子持ち男性との可能性

仕事、結婚出産。私たちはこの3語にどれだけ振り回されきたか。実際、そのひとりではあるのですがすべて夏のせいにして避けているスナイパー小林です。その結婚の形にバツイチ男性との再婚があります。もしかしたら…

『健康で文化的な最低限度の生活』この現実に吉岡里穂はどう立ち向かうのか

2018年夏ドラマ一挙開幕。テレビヲタとしては花火大会よりも心でいろいろ打ち上がるほど盛り上がっています。平成最後の夏ですもの、ドラマティックにぶちまかしたい。さて今回は『健康で文化的な最低限度の生活』(…

2018年夏の深夜ドラマは女の欲望とダメ男が渦巻く?独女にオススメ4作品!

2018夏ドラマが開幕。ゴールデンタイムの見どころは先週まとめましたが、今週は深夜ドラマをクローズアップ。深夜ドラマの帝王といえば私の中でテレビ東京さんが帝王に君臨中です。今クールは吉沢亮さん主演『GIVER …

2018年夏ドラマの見どころを先取りまとめ!この夏は女優陣がアツいかも

夏ドラマがそろそろ始まる……ということで、ゴールデンタイムに放送するドラマを総ざらい。ライターのスナイパー小林がドラマヲタの愛を持って期待度を★3段階で評価していきます。ざっとタイトルをチェックすると”女…

スナイパー小林が選ぶ、2018年春ドラマベスト3!第一位は果たして…?

2018年も半分が過ぎました。ああ寒い、花粉症? あら、五月病??なんてうっかりしていたらすでに春ドラマも終了へ。今クール、ネットでよく話題になったドラマといえば『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)は外せま…

36歳になった安達祐実が、昔よりもダントツ可愛くてビビる

ここ数年で「可愛いなあ」と気になる女性のひとりに安達祐実さんがいます。彼女の存在が言わずもがな、ですが子役時代から大活躍。カレーのCM「具が大きい!」に始まり「同情するなら金をくれ!」など数々の名言を世…

春ドラマ「あないえ」「花晴れ」「朝ドラ」から見る3人のヤバイ女

最近、ぼんやり考えていることがあります。結局のところ、一般的に女性から嫌われるような女性こそが幸せを掴むのではないかと。好きな男性を落とすためならなりふり構わず、猪突猛進。端から見ているとみっともない…

金22「あなたには帰る家がある」が不倫・離婚・ダメ人間だらけすぎて見どころ満載!

青春胸キュンもの、復讐劇、おっさんの恋愛となかなか楽しい春ドラマも終盤へ。中でも『OTONA SALONE』編集長がお気に入りということで今回書くのは『あなたには帰る家がある』(TBS系・毎週金曜22時放送)について…

ジャニーズの新王子たち、King&Princeが私たちをシンデレラにしてくれる

「♪キミはシンデレラガール my precious one」ここ最近、テレビやラジオからよく流れてくる『King&Prince』のデビュー曲『シンデレラガール』。ジャニーズの新生6人グループで、都内中にもアドトラックが疾走中、…

40代独女が鬼モテする地方一人飲みの法則まとめ【保存版】

たまたま取材で長期間を地方で過ごすことになった私。東京で過ごす普段通りに一人で飲みに出かけたら、アラフォーらしからぬとんでもないモテ方をして天国を見た……というお話。ここまで第一回、第二回、第三回、第四…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事