モテる40代女は「同僚男性の異動」を聞いたら反射でこんなことをしている

3月は人事異動の発表があり、オフィスも慌ただしくなる時期ですね。仲間との別れは名残惜しいけど、新しい環境に向けて心の準備を整えるのが男性。”新天地”への期待と不安でいっぱいです。

そんなとき、女性からの気遣いがあると大きな癒やしになります。アラフォー女性から贈られて嬉しいのは、「自分だけ」と実感できるあたたかい時間や言葉。

実際にどんなことが心に残ったのか、男性の声を集めてみました。

 

「これからも応援しているよ」のプレゼント

 

・「出勤最後の日に、同僚のアラフォー女性から『これからの活躍を祈ってます』とメッセージカードの付いた万年筆をプレゼントされてすごく嬉しかった。もちろん今も使っています」(43歳/人事)

・「仕事の後でジムに通うことを知っている同僚が、俺が好きなブランドのスポーツタオルを贈ってくれた。趣味を覚えていてもらったことも嬉しかったし、わざわざ用意してくれたことは今も感謝しています」(37歳/教員)

 

★ 後に残るプレゼントは、男性にとって忘れられない品に。ビジネスマンなら、文房具など仕事で役に立つものも喜ばれますが、個人的な趣味に関するものも歓迎されます。

嬉しいポイントは「自分のために用意してくれた」こと。わざわざ選んでくれた、という事実が心をあたためます。

ハンカチなどの小物も、ありきたりに感じるかもしれませんが男性には喜ばれるプレゼントです。逆に、バッグや財布などは親密度が高くないと使うのをためらうものなので、贈るときは相手との距離感を見極めて。

ふたりにとって良い思い出となるようなプレゼントで、男性を気持ちよく送り出したいですね。

 

「次はごちそうしてね!」の食事の誘い

 

・「アラフォーで仲の良かった同僚から『最後にご飯行こうよ!』と誘ってもらった。ランチだったけど、これまでの仕事のことなんかいろいろと話せて楽しかったな。もっとこんな時間が欲しかったと思った」(35歳/配送)

・「同じプロジェクトでずっと仕事をしてきた女性から食事に誘われたとき、初めてプライベートな話ができて嬉しかった。最後に『次はごちそうしてね!』と笑顔で食事代を出してくれたのが忘れられません」(40歳/営業)

 

★ 食事は、ふたりの距離が近づく特別な時間です。普段はなかなか誘えない間柄でも、異動となれば話は別。「女性から誘ってもらえた」ことが男性にとって嬉しいポイントになります。

美味しいものを食べながらおしゃべりするひとときが楽しければ楽しいほど、男性の中にも名残惜しさや寂しさが残るもの。そんなときに「次はごちそうしてね!」とまた会えることをさり気なく提案してもらえると、嬉しくなりますよね。

女性に会計を任せることを嫌がる男性もいますが、あえて自分が払うという姿勢を見せると特別感が伝わります。食事だから男に払わせて当然、ではなく「こんな日くらい払わせて」と笑顔で言える女性でありたいですね。

 

「今までありがとう」の言葉

 

・「上司だった40代の人から『ここでがんばってくれたこと、忘れないよ』と笑顔で言われたとき、これまでの苦労が報われた気がしてジーンとなりました。次の部署でも力を尽くそうと思えましたね」(37歳/公務員)

・「いつもは軽口ばかり叩く間柄のアラフォーの同僚から『今まで本当にありがとう!』と最後の日に言われた。涙を浮かべた笑顔から名残惜しいって伝わってきて、こっちも泣きそうになった。良い思い出です」(38歳/サービス)

 

★ 「ありがとう」の言葉ほど、心をあたためてくれるものはありません。

一緒に努力してきた仲間や上司など、改めて口にされると照れくさい反面、「やる気が出た」という男性の声は多く聞かれました。

普段は涙なんか見せない女性から、寂しさのにじむ笑顔で言われると余計に印象に残りますよね。

ですが、「わざとらしい言い方」「作り笑顔や愛想笑い」は男性に見抜かれます。「社交辞令ならわざわざ言わないで欲しい」と思っている男性もいるので、伝えるときは心からの気持ちを込めたいですね。

 

 

 

慣れた職場を去るのは、誰にとっても寂しさが残るものです。ですが、そんな顔ばかり見せていられないのがサラリーマン。気合を入れているところにアラフォー女性からの気遣いがあると、嬉しくなるし心がリラックスできる瞬間でもあります。

「自分だけ」という実感は、男性の自信につながります。次の環境でもがんばろうと思えるのは、あたたかく送り出してもらえるから。

男性にとって忘れられない女性として、良い記憶になる時間を持ちたいですね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

この秋試したい!カラカラに乾いたアラフォー肌を救う”乳液先行”スキンケア

秋の気配も深まり、もう少しであのカラカラな空気に苦しむ冬がやってきます。季節の変わり目は肌の調子が不安定になりやすいもの。普段は混合肌の筆者ですが、早くも乾燥が気になり始めました。仕事に家庭に、何かと…

[PR]

これが彼女ならマジで勘弁!レストランで見た「絶対に一緒にいたくない」40代独女って?

男性にとって、彼女ができれば過ごしたいのが、カフェやレストランで美味しいものを楽しむ時間。でも、マナー違反や悪目立ちするような振る舞いが平気でできてしまう40代独女なら・・・!?「こんな女性とは一緒に行…

両思いと思い込んで…40代独女がやらかした「イタい恋愛アプローチ」3つ

好きな男性がいると、自分の存在をアピールしたくなる40代独女も多いでしょう。もちろん片思いを進めるためにはアプローチが大切ですが、それも程度が肝心。やりすぎたり方向を間違えたりすると、うまくいっていると…

「好き」ってなに?40代独女が陥る「恋愛感情がわからない」悩み

いつだって、恋愛は「簡単」だと思っていた。今ひとりなのは、いい人と巡りあえていないだけ。そう思っていたのに、いざ気になる人ができるとなかなか積極的になれない。……あれ? 「好き」ってこんな気持ちだったっ…

え、これもNGマナー!?40代独女が引かれた「秋デートの失敗」

秋の気配が進む10月。暑さはすっかり収まり、外でのデートが楽しくなる季節ですね。好きな男性とお出かけするのはいいけど、やはり気をつけたいのは人前でのマナー。秋は、紅葉を楽しむドライブデートに美味しいもの…

あ、これ面倒くさいやつ。男性がドン引きした40代独女の「オフィスでの無茶な駆け引き」

男性にとって、仕事は自分の関心を大きく占める大切なもの。当然、ミスはしたくないし良い結果を出したいと日々頑張っています。そんな中で、堂々と恋愛をオフィスに持ち込んで振り回してくるような40代独女は、何よ…

あ、これは信用できないサイン。「浮気しそうな40代独女」と年下男子が思う特徴3つ

恋に年齢は関係ない。でも、浮気する危険のある人を恋人にはしたくないですよね。年下男子が話す「この人、浮気しそう」と思う40代独女には、「信じるのが不安」になる一面があります。恋は信頼関係が築けないと続き…

年下男子は見た!ドン引き不可避な40代独女の「二度と一緒に飲みたくない振る舞い」3つ

仕事の打ち上げであったり、友人たちとのパーティであったり。人が集まる場では年代に関係ない交流が楽しいですよね。が、気をつけたいのはお酒が入るとき。飲みすぎて思わぬ失態をさらしてしまうと、周りにいる人た…

お目当ては私じゃなくて友人だった…?40代独女が抱える「恋のトラウマ」3つ

アラフォーでも、周りには素敵な恋愛を楽しんでいる人がいっぱい。私も誰かを好きになりたい。でも、昔のトラウマが忘れられずに恋をするのが怖い……。恋愛から離れて何年も過ごしていると、改めて男性と向き合うこと…

え、ちょっと待って、そのLINEもダメ?…40代独女が「年下男子からフラれた理由」3つ

好きになったのは年下の男性、という40代独女も多いかと思います。偉ぶらず、男を立てながら一生懸命恋心を伝えてきたのに、なぜかフラれてしまった……なんて悲しいですが、いったい何がいけなかったの!?実際に年下…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事