逆転の「現金で家を買う」発想・40代独女ならできる一括購入への道

おひとりさまでも、そうでなくても、女性の住まいに関する心配は少なくありません。特に「老後破産」「下流老人」などというセンセーショナルな言葉には、老後の経済的不安があおられっぱなしです。

そこで今回は、退職後にも安心して暮らすために、40代女性が考えておきたい住宅購入についてお伝えします。

 

住宅購入or賃貸、どちらにもメリット・デメリットがある

住宅は、購入か賃貸か悩ましい問題。なぜなら、どちらにもメリットとデメリットがあるからです。

■住宅を購入する

メリット:ずっと家賃を払い続けなくてよい、資産になる

デメリット:住み替えがしにくい、大きな借金になる

■賃貸を続ける

メリット:住み替えやすい、借金を抱えなくてよい

デメリット:家賃を払い続けなくてはならない、資産にならない

つまり「賃貸を続けること」のメリット・デメリットは、住宅購入の裏返しです。

 

メリット・デメリットの重要度は状況による

これらの特徴は、比べてみると年齢や就業形態などによって重要度が変わってくることに気付くでしょう。

年齢が若ければ、状況の変化によって住み替えがしやすい賃貸のメリットは重要です。また、仕事をしていれば家賃を支払い続けることも可能ですが、長期間のローンには不安もあります。

高齢になると、収入が減ることによって家賃の負担は重くなります。しかもいつまで払わなくてはならないのか、見通しが立たないことも不安材料。そもそも賃貸住宅への入居を断られるケースもあります。高齢になると住み替えの可能性は低くなるため、賃貸のメリットはあまり重要ではなくなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

MONEYに関する最新記事