低気圧で頭痛がツラい各位。「魔法の耳せん」でラクになるよ!

こんにちは! 生ける体調不良ことOTONA SALONE編集部井一です。物理精神全方位にまんべんなく悪いです。オンタイムでは乳腺が経過観察中、血糖値がおかしく、いまは貧血も治療中です。あと不眠と腰痛、膝痛。なお、週末から5日ほどひどい風邪をひいています。

よいニュースもあります。ちょっと前にウォーキングを教わったら画期的に膝が楽になりました。正座からすっと立てるレベルです。人間、何歳になってもカイゼンはあるもので、あきらめてはなりません。

 

低気圧=不調が認知されると暮らしやすくなる

さて、今から10年くらい前、きっとみなさんは日記系SNSサイトをよく使っていたと思います。そう、アレです。私もかなりアクティブに利用していました。よく読み書きしたコミュニティの一つが「お天気由来の不調報告コミュ」。「気象病」「お天気病」と呼ばれる分野です。

最近はネットでも「気圧が急に下がってるから頭が痛い」など「天候と不調の関連」がよく言及されるようになりましたが、これら「気象病」はたった10年前にはほぼ知られざる世界でした。

2007年ごろ私が雑誌『主婦の友』のコラム用に簡単な取材をした際には、関節痛などの痛みは機序の説明がつくので医学的にも「ある」とされるものの、「頭痛」「喘息」「気分の落ち込み」などの不調はなぜ起きるのかの説明が難しく、相関ありとの断定ができない、という状態でした。現在では「気圧の低下」が起因と仮定され、以下のような「天気病の外来」が複数設置されています。が、まだまだ解明中の分野と言えましょう。

愛知医科大学病院 痛みセンター内 (名古屋) 天気痛外来

栄KENハートクリニック(名古屋) 天気頭痛・お天気病み・自律神経外来

せたがや内科・神経内科クリニック(東京) 気象病・天気病外来

こうした医療の問題は別として、私たち気象病の人たちは「天気のせいで具合が悪いと言うと『仮病』と思われるから言いにくい」状態に置かれてきました。ここにきて「そういうこともあるようだ」と世間に急激に認識され始めたことで、「頭痛い!たぶん気圧下がってるせい!(だから今日は残業しないで帰ります)」とスムーズに言いやすくなりました。暮らしやすい世の中になったものです、ありがたいことです。

では、どうしてこういうことが起きてくれたのか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LIFEに関する最新記事