「無駄遣いをしてないのに貯金できない」人のザル財布とは

私のところには、「特に無駄遣いをしているわけではないのに、お金が貯まらない…」という40代高収入シングル女性からの相談が少なくありません。高収入なのに「貯まらない」のはなぜなのか。40代高年収女性の消費行動を見ていると、「貯まらない理由」が浮かび上がってきました。それは一体何なのでしょうか?

40代は︎バブル期の消費スタイルが抜けない人が多い

現在の20代、30代のお金の使い方を見ていると、無駄遣いはせず、消費に対しても消極的な傾向があります。というのも、現在の若い世代は、日本の景気の良い時を知らないので、堅実に暮らす思考が身についているからです。

一方、40代は、バブル期そのものを経験していたり、バブル期の名残を経験していたりと、日本の景気の良い時を知っている世代です。ですから、経済状況が変化してもバブル期の消費スタイルが抜けない人も少なくないようです。

自分へのご褒美にとブランド物のバッグや靴、時計を買い、食事は銀座の高級レストラン、女子会はラグジュアリーホテル、など高級系が大好き!若い世代に比べて消費や生活を楽しむことに意欲的な傾向にあります。

彼女たちにとっては、高級ブランドも高級レストランもラグジュアリーホテルもどれも無駄遣いではないのです。

とはいえ、いくら高収入といえども、お給料が右肩で上がらない時代、バブル時代と同じ消費行動を続けていては、お金が貯まるわけはありませんね。

日常の買い物全般が高級志向

現在の日本のサラリーマンの平均年収が400万円の今の時代、年収600万円、700万円あれば、十分に高収入。まして、年収1000万円と聞けば、セレブな響きがありますね。貯蓄もたくさんあるイメージがありますが、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」によると、年収1000万円の家庭でも約1割が「貯蓄ゼロ」とのこと。

高収入で貯められないという人は、意外に多いようです。

これは40代高収入女性に限らず、一般的に高収入の人は、「高給取り」という意識が反映している支出が多い傾向にあるということ。

例えば、日常の買い物は成城石井や紀ノ國屋、洋服、バッグ、靴は基本的にデパートで購入、電化製品にもこだわったり、飲料水用にウォーターサーバーを設置したりするなど。平均年収の人たちの家計に比べると、全体的にワンランク上の買い物をする傾向にあります。

この普段の買い物すべてにおいて単価が高いので、結果的に金額が嵩んでしまうというワケです。年収が高い割に貯蓄がないという人の多くはここに原因があるケースが少なくありません。

見栄で買い物をしてしまう傾向も

また、「人よりも良い物を持ちたい」「ブランド品を身に付けたい」という見栄っ張りの傾向がある人もお金が貯まらない傾向にあります。

高年収だと高価なものでも買えてしまうので、見栄の消費も可能にしてしまうのですが、一度見栄を張ってしまうと、常に最新の流行を追ったり、ブランド品を身に付けたりしなくてはならなくなるので、家計の支出は拡大するばかり。

40代女性ともなれば、ひとつやふたつこだわりがあるのは当然ですが、もし、見栄で買い物をしているのであれば、不要な見栄は捨てましょう。

お金を貯めるというと、「収入が多ければ貯められるのに」と、つい収入に目が行きがちですが、高収入でも貯められない人もいれば、収入が低くても貯められる人もいます。その違いは結局、メリハリのついた支出になっているかどうかです。

貯められないという人は、一度自分が「何に」「どれくらい使っているのか」「見える化」してみましょう。現状がわかれば、何にお金を使うことが有効か、削減項目はどこにするかが見えくるでしょう。その結果、自ずと、貯められるようになりますよ。

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

ファイナンシャルプランナーになって11年、今まで多くの女性のお金の相談にのってきましたが、お金が貯まる人と貯まらない人には共通項があることに気がつきました!「無駄…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

消費税増税前に家を買うべき?2019年家の買い時を考える時のポイントは

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。今年の10月に消費税が10%になることが決まり、増税前に家を買うべきか迷っている人も多いのではないでしょうか。とはいえ、1年後に東京オリンピ…

読むだけでトクする「お金のトレンド」大予測!2019年はどうなる?

みなさん、明けましておめでとうございます!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。昨年の年末は、米国の利上げや米中貿易摩擦劇化の懸念などの影響で米国株式のみならず、日本の株式も大暴落。加えて英国のEU…

40代共働き家庭の家計に潜む落とし穴って?

みなさん、こんにちは! ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。最近は、社会で活躍する女性も増え、晩婚化が進んでいます。私のところにいらっしゃるお客様の中にも、40代以上で結婚したという方は少なくあり…

会社が倒産してお給料が未払いでもあきらめないで!知っておきたい「未払い賃金立替制度」

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。さて、現在、企業の約70%が起業して3年以内に倒産するといわれており、勤務先の倒産は、他人事ではないかもしれません。勤務先が倒産した場合、…

40代女性の貯蓄事情!1年間で100万円の貯蓄って少ないの?

みなさん、こんにちは!ファイナンシャル・プランナーの高山一惠です。私のところには、多くの40代女性がマネー相談にやってきますが、みなさん必ずといって良いほど質問するのが「私の貯蓄額って平均と比較してどう…

もらってないなら損するお金。知っておきたい「実はもらえる」3つの給付

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。毎年少しずつ社会保険料はアップし、来年の10月から消費税は10%になることが決定…と、収入が伸びない割に出費ばかりが増える印象で暗い気持ちに…

実は損している?銀行でよく見かける「お得っぽい」セットの真偽

みなさん、こんにちは!ファイナンシャル・プランナーの高山一惠です。銀行の預金にお金を預けていても全く増えないし、かといっていきなり投資はハードルが高いという人は多いと思いますが、そんな人にとって魅力的…

iDeCoを利用して、実質利回り20%で「定期預金」する方法!

40代になると、そろそろ老後が気になるお年頃。老後に向けてお金を増やさなくてはと思いつつも、投資は元本割れのリスクもあるしイマイチ気乗りしない…という人も少なくないことでしょう。そんなあなたにオススメな…

ボーナスどこに預けるのがベスト?「安全で賢い貯め方」3つの知識

夏のボーナスが支給されるシーズンとなりましたね。ボーナスがでたら、あれもこれも買おう!と、ボーナスを待ちに待っている人も少なくないことでしょう。自分へのご褒美も良いけれど、将来に向けてお金を貯めたり、…

40代シングル女性が「買ってはいけない」マンションとは

40代になり一生独身かも…と思うと、「家でも買っておこう」とばかりに、マンション購入を考える人も少なくないと思いますが、マンションを購入する時に資産価値や生活の利便性などをきちんと考えて買わないと、家が…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事